新豆情報「ゴルダ」

掲載日: 2022年08月08日 /提供:サザコーヒー

エルサルバドル ロスピリネオス農園のコーヒー「ゴルダ」が新豆になりました。

ロスピリネオス農園のおいしさを最初に発見したのはサザコーヒー鈴木太郎だった?!


テカパ・チナメカ山脈に位置するロスピリネオス農園

お米に「新米」があるようにコーヒーにも「新豆」(ニュークロップ)があります。
コーヒーのおいしさは鮮度以外にも、焙煎や保管方法、粉にした時の粒度、お湯の温度など複合的な要素が絡み合って生まれます。また農作物ですので、同じ場所で採れたコーヒーでも気候状況などによっても変わってくるので、鮮度イコール全ておいしいという訳ではありませんが、鮮度以外同じ条件であれば「新豆」の方が断然おいしくフレッシュでクリーンです。
さて新豆「ゴルダ」のお味はいかがでしょうか。


エルサルバドル ロスピリネオス農園とは



エルサルバドル ウスルタン県にあるロスピリネオス農園は、130年以上の歴史ある農園で、農園主ディエゴ バラオーナ氏により運営されています。その前の農園主ヒルベルト バラオーナ氏はコーヒー農園の運営以外でも、食に関する事業の創業者の一人としてもエルサルバドルに貢献した人物です。
理想的な環境と絶え間ない研究心と情熱でクオリティーの高いコーヒーを提供し続けてきました。それは現農園主のディエゴ バラオーナ氏にも受け継がれていくでしょう。

「ゴルダ」はエルサルバドル ロスピリネオス農園のコーヒーですが、「ゴルダ」という意味はスペイン語圏では恋人に対して親しみを込めて使用したりするそうです。また「太い」という意味もあるそうです。使い方が難しいそうでね。
味はブルボン種特有の甘みのあるチョコレートフレーバーを感じます。
ロスピリネオス農園はサザコーヒー社長 鈴木太郎がおいしい農園を探し足で見つけた農園です。
その時のあまりのおいしさにお付き合いが始まり、今でもそれは続いています。
エルサルバドルのカップオブエクセレンス(コーヒー品評会)のホームページには「この農園(ロスピリネオス農園)のスペシャルティコーヒーの可能性を最初に発見したのは、日本のサザコーヒーのオーナーである鈴木太郎です。」と書かれています。今でこそサザコーヒー以外のコーヒー専門店で目にすることもあるロスピリネオス農園ですが、サザコーヒーは古くからお付き合いを始め、信頼関係を築いてきた農園です。

Los Pirineos has been several times CoE winner, and also the coffees from the farm has been used several times by worldwide baristas, for national and world competitions. Currently world coffee baristas champions, Tim Wendelboe, and Sasa Sestic, are buyers of coffee from the farm. The specialty coffee potential from this farm was first discover by Taroh Suzuki, owner of Saza Coffee in Japan.
https://cupofexcellence.org/farm-directory/87-13-8/


コーヒーチェリーを天日乾燥している様子



ロスピリネオス農園とカップオブエクセレンス(Cup of Excellence)


ロスピリネオス農園は100年以上の歴史ある農園で、クオリティーの高さには定評があり、過去に何度も品評会(カップオブエクセレンス)に入賞しています。

2008年 第8位(88.45点)
2010年 第7位(88.84点)
2011年 第17位(87.36点)
2012年 第5位(88.79点)
2017年 第11位(88.00点)
2018年 第22位(87.13点)
2019年 第2位(90.37点)

ロスピリネオス農園ではパカマラやブルボンなど20種類以上のコーヒーが育てられている
完熟したコーヒーチェリーだけを収穫している



ゴルダの味の特徴

カカオやビタースイートチョコやレーズンのような甘さと濃厚な余韻が続きます。
香り ■■■■■■6
甘さ ■■■■■■■7
コク ■■■■■■■7
酸味 ■■■■■■■7
焙煎度合:フルシティロースト
精製方法:ウォッシュド
品種:ブルボン

「ゴルダ」1,200円
【サザコーヒー オンラインショップ】
https://saza.coffee/shopdetail/000000000121/ct5/page1/recommend/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら