沖縄・桜坂でブルワリーを設立し、カンナビノイド配合クラフトビール「CBNビール」を製造・お届けするクラファンを実施!

掲載日: 2022年08月06日 /提供:LD&K

沖縄県那覇市桜坂でゲストハウス「Chanpuru」やカフェ「KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND」を運営する原口武将が、桜坂でブルワリーの設立、そして今話題のカンナビノイド「CBN」入りのビールを製造・販売するため、クラウドファンディングを実施する。



「Chanpuru」や「KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND」は、沖縄県那覇市でも有数の歓楽街である桜坂地区にある、(株)LD&Kが運営するゲストハウスとカフェ。どちらも他の飲食店や宿泊施設の例に漏れずコロナ禍で大きな打撃を負ったが、2店の店長でもある原口は、それに立ち向かうべくクラウドファンディングを実施することを決意。その目的は、クラフトビールの醸造所「桜坂ブルワリー」を設立すること。桜坂で皆に愛されるビールを作ることで、沖縄を再び活気づけようとしている。





今回、桜坂ブルワリーで製造するのは、希少なカンナビノイドである「CBN」を配合した「CBNビール」。現在CBNを配合したビールを製造できるのは桜坂ブルワリーだけであり、今回のクラウドファンディングでは、このCBNビールをリターン品としたコースも用意している。
他にも、CBNビールとビアタンブラーのセットのコースや、(株)LD&Kが製造する「シブヤビール」との飲み比べセットのコース、「KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND」の食事券がついたコースや、「桜坂ブルワリー」で1日飲み放題ができるコース、さらにそこに「Chanpuru」で宿泊券も付いたコースなども用意。リラックスタイムにぴったりのビールを飲んで自宅で沖縄気分を味わうもよし、実際に沖縄に足を運んで宿泊や飲食を楽しむもよしのクラウドファンディングになっている。


●クラウドファンディングの目的、支援金の使い道は?
目的:沖縄クラフトビールを製造する「桜坂ブルワリー」の設立
支援金の用途:工事費用

●桜坂とは?
沖縄県那覇市牧志にある歓楽街。第二次世界大戦後の米国統治時代には数百件のバー、スナック、キャバレー、映画館などがあったが、1970年以降に衰退。
近年再び賑わいを取り戻していたものの、2020年以降新型コロナウイルスの影響でまた人通りが減少傾向に。

ゲストハウス「Chanpuru」、カフェ「KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND」も桜坂にあり、この桜坂を元気にするために「桜坂ブルワリー」の設立を目指している。


●CBNビールとは?
CBNとは、THC(テトラヒドロカンナビノール)から抽出されるカンナビノイドの一種で、国の審査基準をクリアしているので安心・安全。

CBNは、CBD(カンナビジオール)やTHC(テトラヒドロカンナビノール)と比べ、ヘンプからとれる割合が非常に少なく、全体の1%未満。そのため、希少性のある「レアカンナビノイド」として知られている。

今回「桜坂ブルワリー」で製造するCBNビールには、アメリカのラボにて分析通過し高品質に徹底したCBNパウダーと、沖縄の希少なミカン「カーブチー」を配合。カーブチーにはリモネンなど多くのテルペン(植物の精油に含まれる成分)が含まれており、豊潤で香り高く、とても飲みやすいビールに仕上がっている。


●クラウドファンディング各コースの概要

・1,000 円コース(税込)…お礼のメッセージ
・3,000 円コース(税込)…「KARIYUSHI COFFEE AND BEER STAND」お食事券+お礼のメッセージ
・3,000 円コース(税込)…CBNビール3本セット
・6,000 円コース(税込)…CBNビール6本セット
・6,000 円コース(税込)…CBNビール3本+オリジナルビアタンセット
・7,000 円コース(税込)…CBDビール3本+シブヤビール3本飲み比べセット
・13,000 円コース(税込)…「桜坂ブルワリー」1日飲み放題チケット
・18,000 円コース(税込)…「桜坂ブルワリー」1日飲み放題+「Chanpuru」宿泊券
※いずれのコースも9月上旬の発送を予定

●クラウドファンディングURL
https://wefan.jp/crowdfunding/projects/sakurazakabrewery
(実施期間:2022年8月5日~9月4日)



提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら