みちのくコカ・コーラボトリング、秋田県南秋田郡大潟村と「災害時における飲料の確保に関する協定」を締結

掲載日: 2022年08月03日 /提供:みちのくコカ・コーラボトリング

災害時に迅速にコカ・コーラ社製品を調達・配送

このたび、みちのくコカ・コーラボトリング株式会社(本社: 岩手県盛岡市、代表取締役社長: 谷村 広和)は、秋田県南秋田郡大潟村(村長: 高橋 浩人)との間で、「災害時における飲料の確保に関する協定」を締結することとし、8月1日(月)に締結式を開催いたしました。




この協定は、大潟村おける地震、風水害等の災害発生時又は発生のおそれがある場合における飲料供給に関し、必要な事項を定めています。なお、同様の協定締結は当社事業エリア(岩手県・秋田県・青森県)内では87件目、秋田県内では21件目となります。

■ 締結式概要
【日時】 2022年8月1日(月)9:30~
【場所】 大潟村役場 第1会議室
【出席者】<大潟村>村長 高橋 浩人 様、副村長 工藤 敏行 様、総務企画課長 薄井 伯征 様、<当社>執行役員 グループ管理本部 副本部長 阿部 嘉、秋田営業部 チーフマネジャー 佐藤 尊


締結式では、村長 高橋 浩人 様と当社 執行役員 グループ管理本部 副本部長 阿部 嘉との間で協定書を取り交わしました。この協定により災害時等においては、大潟村からの要請に基づき当社が迅速なコカ・コーラ社製品の調達・配送に努めます。また、いつどこで起こるか分からない災害に対し日頃から大潟村と情報交換を行い、互いの連絡先や担当者を把握するなど、一層の連携を図ってまいります。

村長 高橋 浩人 様 コメント
「東日本大震災時、当村がかねてより親交のあった千葉県浦安市に支援を行った際には、飲料水の多くの要望がございました。以来、大規模な災害時において、『人の命を守る飲料水』の重要性を強く認識しております。したがって、このたびのような協定を締結させていただくことは大変心強く、今後も企業と自治体のよりよい関係を目指していきたいと思います。」


当社 執行役員 グループ管理本部 副本部長 阿部 嘉 コメント
「大潟村様と当社は昨年の聖火リレーでの親交もあり、こうして新たに協定締結という形で関係を構築できたことを大変嬉しく思います。村内では歴史的に災害が少なく、地域防災計画も充実しているとお聞きしておりますが、このたびの協定が必要とされないことを願いながらも、万が一の際はぜひご活用いただければ幸いでございます。」



みちのくコカ・コーラボトリングについて


みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、青森県・岩手県・秋田県を事業エリアとしてコカ・コーラ社製品を製造・販売しております。ライフスタイルをより充実させる清涼飲料をお届けするだけでなく、生活に密着したさまざまなビジネスを展開し、地域のみなさまの"前向き"で"ハッピー"なライフスタイルに寄り添う企業を目指しております。コカ・コーラシステムの一員でありながら、北東北を拠点に事業を展開する地元企業としての責任を果たし、前向きな変化と社会的価値を生み出しながら、持続的に地域社会の発展に貢献するための取り組みを行っております。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら