静岡県立農林環境専門職大学が、農業技術学習サービス「AGRIs by JA」を教育機関として初導入

掲載日: 2022年06月30日 /提供:AGRI SMILE

~JA指導員が実演・解説する700本以上の農業動画で実践的な学びを提供し、未来の担い手育成を支援~

農業協同組合(以下、JA)・行政等へ持続可能な農業をつくるDXプラットフォームを提供する株式会社AGRI SMILE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中道 貴也、以下AGRI SMILE)は、2022年7月より静岡県立農林環境専門職大学および同短期大学部(所在地:静岡県磐田市、学長:鈴木 滋彦、以下専門職大学)へ、プロの栽培技術を動画で学べる「AGRIs by JA(読み:アグリス バイ ジェーエー)」の提供を開始します。AGRIs by JAは国内有数の農畜産物取扱高を有する4つのJAとともに運営する営農指導支援サービスであり、教育機関への導入は今回が初めてです。




【サービス導入の背景】
 専門職大学は、高い技術と経営マインドを持った農林業者を養成することを目標に掲げ、基礎的な生産技術に加え、経営知識の習得やICT等の先端技術を取り入れた教育にも力を入れています。農業生産に関する技能・知識の習得は、教員による圃場実習や座学での学習が中心ですが、さらに高度な実践力を育むために、プロの生産者が実践している栽培体系に触れる機会が求められていました。また、学生が自分の興味関心に応じて幅広く自学できる環境の提供を検討していました。

【サービス導入の経緯】
 AGRIs by JAの運営協議会※1にオブザーバーとして参加する静岡県農業協同組合中央会(本所:静岡県静岡市、代表理事会長:青山 吉和、以下静岡中央会)とともに教育現場への貢献を模索する中で、専門職大学へAGRIs by JAを紹介する機会を得ました。
AGRIs by JAでは、同県のとぴあ浜松農業協同組合(本店:静岡県浜松市、代表理事理事長:豊田 勇治)をはじめ複数のJAがコンテンツを提供しており、地域農業の維持・発展に欠かすことのできないJAの営農指導業務の支援ツールとして、昨年10月のサービス提供開始以降、各地のJAにて導入されています。専門職大学においても、現場の生きた情報を動画で分かりやすく学べる点が評価され、2022年7月1日より学生と教職員合わせて200名余りが利用を開始するに至りました。



【サービスの特長と期待される効果】
1.豊富なコンテンツで、現場で実際に行われている作業方法やノウハウを学べる
プロの生産者への指導を担うJAの営農指導員が実演・解説する農業技術動画が700本以上掲載されています。65を超える作物の栽培法だけでなく、農機のメンテナンスやJA主催の講習会など農業を営む上での基礎知識も掲載しており、現場の即戦力となる人材の育成に寄与することが期待されます。AGRIs by JAを利用することで、学生はカリキュラムで扱っていない作物・栽培方法についても自主的に学ぶことができます。

2.1~2分の短い動画に要点がまとめられており、若い世代の学習習慣に適合している
農業技術には言語化しにくい内容が多くありますが、動画であれば短い時間で直感的に伝えることができ、学習効率の向上が見込まれます。また、webサービスを活用した情報収集に慣れている学生たちにとって、スキマ時間に繰り返し視聴できる動画学習ツールは、新しい学びの場となると考えられます。

<サービス詳細ページ>
https://lp.agri-smile.app/



<専門職大学 短期大学部 野菜担当講師 坂口 良介様 >
実習に際して作業内容の予習・復習、本学にない作目について学ぶ場合など、簡単な操作で学生がいつでも繰り返し動画を視聴できることは、高い学習効果を得るものと考えております。まずは、多くの学生の視聴を促し、将来的には独自の動画の掲載も考えていきたいと思います。

<静岡中央会 農政営農部 副部長 宮崎 智宏様>
JA営農指導員の確かな技術力が評価され、教育現場で採用されたことをたいへん嬉しく思います。AGRIs by JAは、農作業の勘所を、短編でわかりやすく伝える出来栄えとなっており、動画作成に参画した4JAのレベルが全国有数であることを物語っています。動画での学習を通じ、農作業の基本や営農指導員の仕事ぶりについての理解が広がり、一人でも多くの学生が、これからの農業分野の担い手として活躍してくれることを期待しています。


今後もAGRIs by JA運営協議会では、同サービスの教育機関への提供を通して、未来の農業の担い手たちの育成に寄与していきます。

株式会社AGRI SMILEについて
AGRI SMILEは、「耕作することが産業であり続ける世界。」というビジョンの実現に向け、ソフトウェアの提供と科学的なフィードバックを組み合わせた農業DXプラットフォームを展開しています。産地事業部では、複数のアプリケーションやデータサイエンス、デジタルマーケティングを組み合わせ、営農指導・集出荷・販売といったJAの営農経済業務を幅広く支援しています。今後も、わが国における農業の持続的な発展と付加価値の創出を目指し、生産現場に対する多角的な支援を続けていきます。

【会社概要】
株式会社 AGRI SMILE
代表者:代表取締役 中道 貴也
事業内容:農業協同組合向けDX事業、生命科学分野を中心とした研究領域向けDX事業
資本金:106,425,000円
設立:2018年8月
所在地:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目28-5 Axel御茶ノ水102
HP:https://agri-smile.com

■reference(※)

とぴあ浜松農業協同組合、晴れの国岡山農業協同組合(本店:岡山県倉敷市、代表理事組合長:石我 均)、越智今治農業協同組合(本店:愛媛県今治市、代表理事理事長:黒川 俊継)、福岡八女農業協同組合(本店:福岡県八女市、代表理事組合長:野中 公彦)とAGRI SMILEで組織し、AGRIs by JAのシステム開発、コンテンツ制作など運営業務を共同で行う。


提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら