金属/機械等製造・卸売業界のM&Aニーズ増加:関連譲渡案件数が前年同月比2.7倍(法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」)

掲載日: 2022年06月23日 /提供:Visional

Visionalグループの株式会社M&Aサクシード(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:金 蓮実)が運営する法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」(https://ma-succeed.jp/)は、2022年5月時点で「M&Aサクシード」上に掲載されている金属/機械等製造・卸売業界関連の譲渡案件数が前年同月比2.7倍、前々年同月比5.3倍であったことをお知らせします。また、2022年5月時点で「M&Aサクシード」に登録している累計譲り受け企業8,000社超のうち、金属/機械等製造・卸売業界関連の企業も604社(前年同月比1.3倍、前々年同月比1.7倍)と増加しています。





注)毎年5月時点の数字

金属/機械等の製造・卸売業界でM&Aを行う目的としては主に二つが挙げられます。一つ目は、後継者不在の企業が、従業員や取引先、顧客を守り、事業継続を目的として、第三者承継を行う場合です。株式会社帝国データバンクが公表している「全国企業『後継者不在率』動向調査(2021年)」によると、製造業における後継者不在率は53.7%でした。もう一つは、安定的な経営の実現や成長の加速、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進などを目的として大手企業の傘下に入り、第三者承継を行う場合です。

【譲渡企業の動向】
経営者の高齢化に伴い、事業継続に限界を感じ、後継者探しのために第三者承継を検討する企業が増えています。また、昨今の円安が輸出の追い風である一方、材料仕入れ値が高騰する傾向にあります。さらに、エネルギー価格の上昇など環境要因の変化が大きい現在、大手の傘下に入ることで安定した経営環境を求める動きも見受けられます。

【譲り受け企業の動向】
以下のメリットを享受するために、金属/機械等製造・卸売業界の企業・事業を譲り受けたい企業が増加しています。
1. 事業の立ち上げ・成長にかかる時間の短縮
顧客リストや許認可等、ゼロからの事業立ち上げのパワーやコストを削減できます。

2. 優れた技術や人材、最新設備の継承
製造業は細分化されており、M&Aにより、特化された技術や設備、それらを扱う人材を受け入れることで、設備投資や人材育成のコストが削減できます。

3. 効率的な事業の内製化
これまで外注していた分野のM&Aの場合、内製化につながり、プライシングなどの点で競争力を上げられます。

【2021年に「M&Aサクシード」で成約した譲渡案件の一部】
・レアメタルを用いた精密加工部品製造業
- 地域:埼玉県
- 譲渡理由:事業成長のため
- 詳細 https://ma-succeed.jp/content/agreement/post-9210

・鋼製の建築用建具等の製造業
- 地域:広島県
- 譲渡理由:後継者不在
- 詳細 https://ma-succeed.jp/content/agreement/post-8316

・低温調理器の製造販売事業など
- 地域:静岡県
- 譲渡理由:後継者不在
- 詳細 https://ma-succeed.jp/content/agreement/post-7541

・自動車部品加工会社
- 地域:愛知県
- 譲渡理由:後継者不在
- 詳細 https://ma-succeed.jp/content/agreement/post-3326

・自動車LED製品 開発・販売
- 地域:南関東
- 譲渡理由:後継者不在
-  売上高:2億5,000万円~5億円

■法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」について


「M&Aサクシード」は、譲渡企業と譲り受け企業をオンライン上でつなぐ法人・審査制M&Aマッチングサイトです。譲渡企業は「M&Aサクシード」に会社や事業の概要を匿名で登録でき、譲り受け企業はその情報を検索して閲覧できます。譲り受け企業は興味を持った譲渡企業へ直接アプローチできるため、譲渡企業にとっては、潜在的な資本提携先の存在や、自社の市場価値を把握するきっかけになります。これにより、譲渡企業は経営の選択肢の一つとしてM&Aを早期から検討でき、経営者の選択肢が広がります。2017年11月にサービスを開始し、全国の譲渡案件が累計12,200件以上(掲載中4,600件以上)登録され、利用中の譲り受け企業は8,000社以上です(2022年5月時点)。2022年6月、「ビズリーチ・サクシード」から「M&Aサクシード」にサービス名を変更しました。URL:https://ma-succeed.jp/

■株式会社M&Aサクシードについて


「人生を託せる、出会いのために。」をミッションとし、法人・審査制M&Aマッチングサイト「M&Aサクシード」を運営。同サービスは、2017年11月に株式会社ビズリーチの新規事業としてサービスを開始。2020年2月、グループ経営体制移行にともない新設したビジョナル・インキュベーション株式会社が2021年10月まで運営。組織再編にともない、2021年11月より、株式会社M&Aサクシードとして、ミッションの実現を目指す。URL:https://www.visional.inc/ja/ma-succeed.html

■Visionalについて
「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。URL:https://visional.inc

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら