【川西市】川西特産早生桃「日川白鳳」の即売会開催

掲載日: 2022年06月22日 /提供:川西市

約600人が列を作り、1時間20分で売り切れる

6月22日、アステ川西ぴぃぷぅ広場(栄町25-1)で川西市特産「桃の即売会」が開かれた(主催:市農業振興研究会)。



即売会は、市特産の桃を多くの人に味わってもらおうと、毎年この時期に実施しているもので、開始前から約400人が長蛇の列を作っていた。用意された桃は「日川白鳳(ひかわはくほう)」で、「大」6個入り(1,200円)と「中」6個入り(1,000円)の計約900箱。午前10時から始まった即売は、1時間20分で完売。計約600人が会場を訪れた。

即売会は新型コロナウイルス感染症の影響で2年連続して中止となっていた。今年は3年ぶりに開催する。

今年の収穫時期は例年より少し早く、雨が少なかったので少し小ぶりだが、昼夜の気温差の影響で糖度の高い桃が収穫できているという。

売り子として、川西観光プリンセスの眞野 梨穂奈さん(まの りほな)、福場 莉帆さん(ふくば りほ)も駆け付け、桃の販売に汗を流していた。

長蛇の列の先頭に並んでいた原田 本子さん(はらだ もとこ)は「毎年、川西の桃の即売会が楽しみで買いに来ていました。今年は久しぶりの開催でとても嬉しいです。家族で食べるのがとても楽しみです。」と話していた。

<川西特産の桃>
市内加茂地区などでは約40戸の農家が約4ヘクタールの畑で早生品種の「日川白鳳(ひかわはくほう)」などを栽培。京阪神地域を中心に年間約60トンを出荷している。JA兵庫六甲の農産物直売所「四季の郷」(同市多田桜木2-11-21)や「川西南部直売所」(同市久代1-644)のほか、スマイル阪神、市内・近隣のスーパーなどの店頭にも並ぶ。

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら