連日行列の新店舗「ヒレとカレー 京都かつだ」6月3日 京都:四条烏丸にオープン[第1号店]

掲載日: 2022年06月13日 /提供:Glidge

「賞味期限60秒のヒレカツ」と「26時間かけたオリジナル欧風カレー」揚げたての最も美味しい瞬間のヒレカツをカウンターで調理し、無料で揚げたてをおかわりできる新スタイルのカツカレー専門店

京都で飲食店を展開する株式会社Glidge(本社:京都市 代表:谷村昌樹)は、新業態「ヒレとカレー 京都 かつだ」を 四条烏丸でオープン。6月1日~2日プレオープンを経て、3日グランドオープン。連日50名を超える行列に加え、SNSも計3000フォロワーを超えた。国内外FC展開も進める。



賞味期限60秒:ヒレカツの一番美味しい黄金時間(ゴールデンタイム)で無料おかわり可能

「京都かつだ」のメニューは「ヒレとカレー(カツカレー)」のみ提供する。



<商品へのこだわり>
【ヒレ:一番美味しい黄金時間】
スプーンで切れるふわふわ食感、肉の旨さ(肉汁)溢れるカツに仕上げる為、ヒレ肉に独自の熟成をかける。大きな銅鍋フライヤーで、徹底した温度管理のもと衣の仕上がりと食べごたえを追求したブレンド油で調理。ふわふわ食感&肉の旨さ(肉汁)溢れるヒレカツの最も美味しい瞬間『ヒレカツのゴールデンタイム』を楽しんでいただく為、カウンターでの調理にこだわります。

【カレー:手間暇かけた外食ならではのカレー】
かつだオリジナルカレーは、いくつもの工程を経て野菜の旨味、肉の旨味を26時間かけ引き出す欧風カレー。メインのヒレカツを美味しく楽しむカレーでありながら、野菜/果物の甘さ、クセになるスパイス感がご飯をすすめると好評。カレーは3種類展開、「かつだオリジナル(欧風)」に加え、和出汁をベースにしたマイルドな「和カレー」とバターチキンや辛口キーマなど「月替わりの限定」を揃える。米は京都産コシヒカリを使用する。

【ヒレカツの無料おかわり】
ヒレカツの美味しい瞬間を楽しんでもらいたい。そんな思いで、通常120g程度ヒレカツに加え、無料で60g程度のヒレカツをおかわりできます。1360円(税込1500円)でカレーとヒレカツお腹いっぱい楽しんでもらえる一食を提供します。



メニューについて:外食だからできる一番美味しい時間を届ける

<店内メニューについて>

ヒレとカレー 1360円

ヒレとカレー 税込1500円
 1.3種のカレーから1つ選択
 2.ご飯量を選択(大盛無料
 *ヒレカツは2切分おかわり無料
 *チーズやたまご、野菜のトッピング可能
 *自家製福神漬け・紫キャベツ甘酢は卓上セット

ドリンク
生ビール 税込430円
ハイボール 税込390円


コロナ禍で外食・中食・内食、食を取り巻く環境は大きく変化しました。私たちは改めて「外食の価値」を届けたいと思い「ヒレとカレー」が生まれました。店舗で食べることで「美味しさ」「楽しさ」がある食事。
「京都かつだ」では、カウンター席しかありません。目の前で揚がるカツ、湯気上がるカレー、香り、ヒレカツの最も美味しい瞬間『ヒレカツのゴールデンタイム』を楽しむことは外食でしかできない体験、楽しみです。
飲食店だからこそ楽しんでもらえる最も美味しい瞬間・体験にこだわって「ヒレとカレー」を提供します。

<テイクアウトメニューについて>

カツサンド 720円

ヒレカツサンド 税込780円
数量限定販売のカツサンド
・カツサンド(自家製胡麻ソース
・たまごサンド(和風白味噌仕立て
・カレーカツサンド(カレーキャベツ
時間が経っても柔らかいヒレだからこそできるサンドイッチ

カツカレー 税込1100円
店内の「ヒレとカレー」とは異なりますが、テイクアウト用ヒレカツカレーを準備(ご飯大盛無料


テイクアウトメニューはヒレカツサンドとカレー。ランチ時間帯でも手軽に買える商品を準備しています。


「ヒレとカレー 京都かつだ」にこめた思い

カツカレーは日本を代表する食文化。発祥は諸説ありますが【必勝祈願の縁起飯】
私たちは美味しい「ヒレとカレー」をお届けするだけでなく、カツカレーを食べて「日常に活力!」「己に勝つ!」そんなパワースポットとなる飲食店を目指します。
「カレーにはカツだ!」
日本を代表する「カレー文化」と「とんかつ文化」の融合。毎日でも食べたくなるカレー。海外観光客にも楽しんでもらえる食文化を京都から発信します。


店舗情報



[店舗名]
京都 かつだ 四条烏丸店
[住所]
〒600-8413
京都市下京区大政所町673-1 峯ビル1F
[電話番号]
075-371-5855
[営業時間]
11:30-14:30/17:00-21:00


「京都かつだ」ではフランチャイズ展開に向け、仕入れ業者様、パートナー企業様を募集しています。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら