ホテルインディゴ軽井沢で究極のリトリート 宿泊プラン「初夏の軽井沢でマインドフルネス」をグローバルウェルネスデイの6/11(土)より販売開始…

掲載日: 2022年06月10日 /提供:TC ホテルズ&リゾーツ軽井沢

デジタルデトックスで脳も心も体もリセット ー24時間ステイ、代官山 蔦屋書店のコンシェルジュによる厳選書籍、ホテル厳選ミュージックなどでゆったり過ごす特別プランー

心に灯るゆらめく炎と別荘時間が象徴的なライフスタイル・ブティックホテル、ホテルインディゴ軽井沢(所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39、総支配人:原めぐみ)は、ホテル滞在を通してウェルネスやセルフケアの大切さを実感していただくため、「健康的な生活」への意識を高めるグローバルウェルネスデイ(※1)に合わせて、宿泊プラン「初夏の軽井沢でマインドフルネス」を2022年6月11日(土)より予約開始いたします。



情報過多の時代における私たちが1日に接する情報量は膨大であり、脳は常に溢れる情報から必要な情報を選択しています。生活者の1日当たりのメディア接触時間に関する調査(※2)では、2022年のメディア総接触時間は1日当たり445.5分(週平均)であり、デジタル(「携帯電話/スマートフォン」「タブレット端末」「パソコン」)に着目すると、2022年は254.7分と調査が始まった2006年の67.6分と比較して、約3.77倍に増えました。首位に立った「携帯電話・スマートフォン」は週平均で146.9分と2006年の11分に比べて、約13.35倍と大幅に増えました。さらに、急速に進んだリモートワークでは、チャットツールの活用が当たり前になり、絶え間ない通知やメッセージへの即座な返信が求められるなど、以前にも増して忙しない環境に身を置いています。仕事でもプライベートでも多くの情報と通知に追われ、心身のみならず脳も休まることがなく、疲弊している人が多い傾向にあります。

このような社会的背景を受け、ホテルインディゴ軽井沢は世界各地で心身の健康について意識が高まるグローバルウェルネスデイをきっかけに、デジタルデトックスをしながらマインドフルネスを体感していただく新たな宿泊プラン「初夏の軽井沢でマインドフルネス」をご提供いたします。

(※1)「1日を変えれば、これからの人生も変わる」をスローガンとして、毎年6月の第2土曜日を人が「健康的な生活」を改めて見つめなおすきっかけづくりを提供する1日と定め、2012年にトルコで誕生したソーシャル・イベント。一般社団法人国際ウェルネス推進協会 https://www.kokusaiwellness.jp/gwd
(※2) 博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査」調査期間:2022年1月20日~2月4日
https://mekanken.com/mediasurveys

■デジタルデトックスで脳も心も体もリラックスー「初夏の軽井沢でマインドフルネス」宿泊プラン
本プランは24時間ステイとなっており、通常より早めの13時チェックイン、翌日は遅めの13時チェックアウトとすることで、ゆったりホテルでの滞在や軽井沢の自然を楽しんでいただけるようにしております。

チェックイン時には、スマートフォン、PCなどお持ちの全てのデジタル機器をお預かりし、日常のデジタル環境から離れていただくことで、デジタルデトックスをしながら軽井沢ならではの自然溢れる体験を楽しんでいただくとともに、雑念をそぎ落とし目の前のことに集中するマインドフルネスを体感いただきます。

客室には、代官山 蔦屋書店のコンシェルジュが本プランのために特別にセレクトした書籍を取り揃えています。日常生活において、自分では手に取ることがないような本を読んで無心になり、新たなインプットや刺激を得る豊かな時間をお過ごしください。さらには、音を通じてマインドフルネスを体感いただくため、室内ではホテルインディゴ軽井沢が本プラン用に特別にセレクトした音楽プレイリストを楽しんでいただけます。静寂な環境で心地よく流れる音楽をBGMに、読書に耽ったり、バルコニーで木々や空を眺めながらゆったりとした時を過ごすことをお勧めします。

また、ホテル近辺で手軽に軽井沢の豊かな自然を楽しんでいただくアクティビティとして、浅間山を眺めながらの散策や、双眼鏡を片手に森林浴をしながらバードウォッチング・リスウォッチングなどもお楽しみいただけます。インターネット検索をするスマートフォンが手元にない状態でも、軽井沢地域に精通しているホテルのネイバーフッドホストが軽井沢地域ならではの推奨スポットやエリアを地図にてご案内いたします。

館内には、自律神経を整えるのに適している炭酸泉大浴場やサウナ、フィットネスセンターを完備しており、宿泊者は自由にご利用いただけます。タイ発祥の名門スパ「ザ・スパ by HARNN」では、オリジナルアロマを用いた東洋医学と伝統的な自然療法のトリートメントにて、日頃のデジタル環境で蓄積された体のこわばりをほぐし、至福のリラクゼーションをご堪能いただけます(スパ利用は別途料金)。


チェックアウトの際に、お預かりしていたデジタル機器をお戻しいたします。24時間のデジタルデトックスを達成した方には、ご自宅でもリラックス気分に浸れるスペシャルなギフトをお渡しいたします。

ホテルインディゴ軽井沢総支配人 原めぐみ コメント:
「日本屈指の避暑地であり、自然豊かで爽やかな空気を感じられる軽井沢は、青々とした緑が眩い新緑の季節に入りました。これから夏本番を迎えるにあたり、涼やかな気候のこの地で、日々の暮らしを常に共にするデジタル機器から離れ、絶え間ない通知と情報の波から脳も心も体も解放し、自分自身の健康と向き合って、癒しの時間を過ごしていただきたいと思います。今後も、ゲストにとってまるで自分の別荘に戻ってきたかのように心休め、充足感を得ていただく機会を創出していきます。」

<概要>
宿泊プラン:「初夏の軽井沢でマインドフルネス」


早めのチェックイン13時、遅めのチェックアウト13時で充実の24時間滞在
デジタル機器から離れて過ごすデジタルデトックス(受付にてデジタル機器をお預かりします)
代官山 蔦屋書店のコンシェルジュが厳選した多彩なジャンルの書籍を用意
ホテルインディゴ軽井沢がセレクトした、マインドフルネスに最適な音楽プレイリストの提供
バスルームにHARNNのバスソルトとゆらぎLEDキャンドルを完備
滞在中デジタルデトックスに成功した方には、チェックアウト時にスペシャルなギフトを贈呈

【ホテルインディゴ軽井沢推奨のマインドフルネスコンテンツ】
ネイバーフッド(地域周辺)


双眼鏡(貸出)を手に森林浴をしながら、鳥やリスなど森の動物ウォッチング
雄大な浅間山の麓の自然散策

館内


朝6:00~夜23:00まで利用可能な、露天風呂付き炭酸水大浴場やサウナのご利用
24時間利用可能なフィットネスセンターでのエクササイズ
館内の至る箇所に飾られている、国内外アーティストが手掛けた軽井沢にちなんだアート作品の鑑賞
タイ発祥の名門スパ「ザ・スパ by HARNN」における、オリジナルアロマを用いた東洋医学と伝統的メソッドが詰まったトリートメントでリラクゼーション(別途料金)

予約受付期間:2022年6月11日(土)~ 2022年7月30日(土)
宿泊期間:2022年6月24日(金)~ 2022年7月31日(日)
料金:1泊朝食付き 45,000円~(2名1室利用時、1室料金)
※KAGARIBI朝食ブッフェ 6:30~10:30
予約方法:宿泊プランの詳細やご予約は下記よりご確認ください。6月11日(土)9時予約開始
URL: https://reservation.anaihghotels.co.jp/booking/stay_pc/rsv/detail_plan_calendar.aspx?hi_id=51&lang=ja-JP&smp_id=210
TEL: 0267-42-1100
Email: reservations.hotelindigokaruizawa@ihg.com 

■ホテル概要
・名称 : ホテルインディゴ軽井沢
 Website : https://karuizawa.hotelindigo.com/
 Facebook : https://www.facebook.com/HotelIndigoKaruizawa/
 Instagram : https://www.instagram.com/hotelindigokaruizawa/
 Twitter : https://twitter.com/HotelIndigoKrzw
・総支配人 : 原めぐみ
・開業日 : 2022年2月17日(木)
・所在地 : 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39
・電話番号 : 0267-42-1100
・アクセス :(電車・バス)JR北陸新幹線・しなの鉄道「軽井沢駅」より2.6km、所要時間車で約5分
軽井沢町内循環バス 東・南廻り線にて「軽井沢駅」より「南軽井沢交差点」下車後、徒歩約5分
(車) 上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」より南軽井沢方面へ9.5km、約17分
※冬季の軽井沢エリアの道路は、冬用タイヤ、チェーン規制が出る場合があります。
・客室数: 全155室(スタンダードルーム147室、スイートルーム 8室)
・レストラン&バー: オールデイダイニング「KAGARIBI」102席(内テラス16席)
・プライベートダイニング( KAGARIBI 2F): 120平米
・大浴場: 内風呂、炭酸泉露天風呂、サウナ
・スパ : ザ・スパ by HARNN
・ご 予 約:TEL: 0120-056-658(IHG・ANA・ホテルズ予約センター)
・E-mail: reservations.hotelindigokaruizawa@ihg.com

ホテルインディゴ(R)について:
世界中どこにあっても、その街の個性と地元の魅力を映し出すライフスタイル・ブティックホテル、それがホテルインディゴです。ローカルカルチャーやコミュニティ、フードカルチャー、土地に根付くデザイン、隠れたトレンドなどからインスピレーションを受け創り出されたクリエイティブで温かい空間は、訪れるゲストの好奇心をくすぐります。ホテルインディゴは、刺激的なストーリーで溢れるネイバーフッドへの扉を開き、その世界と繋がっていきます。詳細は、ブランド公式サイトwww.hotelindigo.com その他SNSサイトwww.facebook.com/Hotel.Indigo, www.twitter.com/hotelindigo, www.instagram.com/hotelindigo をご覧ください。

IHGホテルズ&リゾーツ / IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて:
IHG ホテルズ& リゾーツ [LON:IHG, NYSE:IHG (ADRs)]は、True Hospitality for Goodを提供するグローバルホスピタリティーカンパニーです。

下記の17ホテルブランドを展開し、世界100ヶ国以上に6,000以上のホテルを有し、約1,800軒のホテルが開発中となっています。また、IHGワンリワーズは、世界最大級のロイヤリティプログラムで、様々な特典をお楽しみいただいています。

ラグジュアリー&ライフスタイル: シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ, リージェント ホテルズ&リゾーツ, インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ, ヴィニェット コレクション, キンプトン ホテルズ&レストランツ, ホテルインディゴ
プレミアム: HUALUXE ホテルズ&リゾーツ, クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ, EVEN ホテルズ, vocoホテルズ
エッセンシャルズ: ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ, ホリデイ・イン エクスプレス, avid ホテルズ
スイーツ: Atwell スイーツ, ステイブリッジ スイーツ, ホリデイ・イン クラブバケーションズ, キャンドルウッド スイーツ

InterContinental Hotels Group PLCは、グループの持株会社で、英国に設立、英国およびウェールズで登録されています。世界中のIHGのホテルとコーポレートオフィスには、約325,000人の従業員がおり、日々世界中のお客様をお迎えしています。

日本国内では、2006年12月に、IHGとANAの業務提携によるジョイントベンチャー会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立。2022年3月現在、6ブランド(インターコンチネンタル、キンプトン、ANAクラウンプラザ、ホリデイ・イン及びホリデイ・インリゾート、ホリデイ・インエクスプレス、ホテルインディゴ)、44ホテル、約10,000室超を展開しています。

今後もインターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート、リージェント京都の開業を予定しており、日本においてもIHGホテルズ&リゾーツは拡大をし続け、更なる旅の選択肢を皆様にお届けしてまいります。

IHGグローバルサイト: https://www.ihg.com/hotels/jp/ja/reservation
IHGワンリワーズサイト:https://www.ihg.com/onerewards/content/jp/ja/home
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: https://www.anaihghotels.co.jp/
IHGニュースルームサイト: https://www.ihgplc.com/en/news-and-media

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



ダスキンのHACCP対応アプリ(無料・効率化・かんたん)
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら