やまがたのぬか床、販売開始

掲載日: 2022年05月27日 /提供:(株)やまがたアルカディア編集社

山形県産の米ぬかだけを使い、山形県長井市産の超軟水をセットにした『やまがたぬか床 yamagata nukadoko』発売。

「ぬか床で世界を幸せに」をミッションに、ぬか床の製造と販売を手がけるNUKADOKO LIFEが、山形県産の米ぬかと水をセットにした『やまがたぬか床』を2022年5月1日に発売しました。 使用しているのは、つや姫・雪若丸・はえぬきなど山形を代表するお米から取れた米ぬか。昆布や椎茸の風味が感じられる熟成炒りぬかに、付属している超軟水(硬度20mg/リットル)といわれる山形県長井市の水を入れて混ぜ、野菜を埋めるだけでおいしいぬか漬けができあがる、ぬか床キットです。 NUKADOKO LIFE は、ぬかの価値を再定義し、ぬか床を世界に広めることで、基準や規格によるフードロスと環境や地域格差による貧困問題を解決に導くことを目指しています。ぬか床の売上の一部で田んぼを購入し、白米は食料支援団体にすべて寄付。精米時に取れる米ぬかでぬか床を作り、購入者が多くなるほど食料支援と米ぬかの利用率を上げていく取り組みを続けています。2021年には協力企業と共に1トンの白米と熟成ぬか床100セットを「NPO法人キッズドア」を通じて寄付しています。



地方創生に取り組む、株式会社やまがたアルカディア編集社(山形県長井市中伊佐沢100)が、2020年から運営している「NUKADOKO LIFE(ヌカドコライフ)」。

「ぬか床で世界を幸せに」をミッションに、ぬか床の製造と販売を手がける同社が、
山形県産の米ぬかと水をセットにした『やまがたぬか床』を2022年5月1日に発売しました。





使用しているのは、つや姫・雪若丸・はえぬきなど山形を代表するお米から取れた米ぬか。昆布や椎茸の風味が感じられる熟成炒りぬかに、付属している超軟水(硬度20mg/リットル)といわれる山形県長井市の水を入れて混ぜ、野菜を埋めるだけでおいしいぬか漬けができあがる、ぬか床キットです。





NUKADOKO LIFE は、ぬかの価値を再定義し、ぬか床を世界に広めることで、環境や地域格差による貧困と基準や規格によるフードロスを解決に導くことを目指しています。ぬか床の売上の一部で田んぼを購入し、白米は食料支援団体にすべて寄付。精米時に取れる米ぬかでぬか床を作り、購入者が多くなるほど食料支援と米ぬかの利用率を上げていく取り組みを続けています。2021年には協力企業と共に1トンの白米と熟成ぬか床100セットを「NPO法人キッズドア」を通じて寄付しています。



2021シーズンから「SDGsブース」を設け、SDGsや社会貢献活動を応援しているサッカークラブチーム、モンテディオ山形はこの取り組みに賛同。5月1日に開催された、2022明治安田生命J2リーグ第13節 モンテディオ山形対V・ファーレン長崎戦の物販ブースで『やまがたぬか床』先行発売し、再生紙に彩り豊かな野菜をデザインしたポップなパッケージ、誰でも簡単にぬか漬けに挑戦できる手軽さが注目を集めました。

日本の伝統的な発酵食品であるぬか床の文化を生活に取り入れ、環境にやさしく健康的に暮らすことを提案する『やまがたぬか床』。

現在は、モンテディオ山形の物販ブースのほか、NUKADOKO LIFEの店舗、オンラインでの購入が可能です。

○やまがたぬか床 yamagata nukadoko
名称:煎糠セット
内容:乾燥ぬか床(750g)、水(500ml)、プラスチック容器
価格:3,740円(税込)
公式オンラインショップ:https://nukadokolife.thebase.in/about

○会社概要
社名:株式会社やまがたアルカディア編集社/NUKADOKO LIFE
代表:船山裕紀
本社:〒993-0024 山形県長井市中伊佐沢100
設立:2019年9月
TEL:0238-88-7282
URL:https://yap-yap.jp
主な事業内容:新規企画の創出、リブランドの提案、マーケティング、ぬか床商品の企画開発、関連グッズ販売

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら