京都・清水寺門前、わらび餅が評判のセルフカフェが2022年5月24日にリニューアル。もちもち食感と食べ応えのある大きさが特徴の「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」が看板メニュー。…

掲載日: 2022年05月24日 /提供:大阪浜美屋ホールディングス

~清水寺から徒歩2分。清水寺参拝の後に立ち寄りたいモダンスタイルの門前茶屋~

株式会社普門庵(本社:京都市 代表取締役 山本晋也)は、清水寺門前でわらび餅が評判のセルフカフェ「普門茶屋」を2022年5月24日にリニューアルオープンします。もちもち食感と食べ応えのある大きさが特徴の「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」が看板メニュー。深く焙煎した京きなこ&黒蜜、特別な宇治抹茶を使った抹茶きなこ&抹茶蜜、の2種類をご用意しています。






■看板メニュー「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」
 「大わらび餅 清水-KIYOMIZU-」は、清水寺の名前の由来となった“音羽の瀧の清らかな水”に見立てたわらび餅です。稀少な本わらび粉と蓮粉等を独自配合でブレンドし、コシが強くもちもちとした食感を実現しました。また、食感を存分に味わっていただくために、わらび餅の大きさは通常サイズの3倍(当社比)でカットしています。
 お味は2種類。「京きなこ&黒蜜」は、深く焙煎した香ばしい京きなこと、沖縄県産黒糖を使用したコクのある黒蜜をつけてお召し上がりいただきます。食前に、北海道産小豆のあんことバニラアイスクリームを最中に挟んで食べる「わらび餅最中」をお楽しみいただくサービスもあります。
 「抹茶きなこ&抹茶蜜」は、特別な抹茶で仕立てた抹茶きなこと抹茶蜜をつけてお召し上がりいただきます。茶鑑定士の日本最高位の茶師十段「酢田恭行」氏が選定した抹茶を使用しており、土づくりからこだわり、一番摘み茶葉を厳選し、低温熟成と石臼挽きにより調和のとれた深みのある味わいが特長です。こちらも食前に、あんこと抹茶アイスクリームを挟んで食べる「わらび餅最中」をご用意しています。


■茶師十段の特選抹茶アイスパフェ「五重 -GOJU-」
 茶師十段「酢田恭行」氏が選定した抹茶を贅沢に使用した抹茶アイスが主役のパフェも新登場。抹茶アイスは抹茶の旨味、苦み、色味を引き出すために、通常の2倍量(当社比)をブレンドしています。抹茶が濃すぎると思う方でも、バニラアイスと一緒に食べ進めればあっさりとお召し上がりいただけます。フレッシュないちごや、看板メニューのわらび餅を食べやすい大きさにカットして添えています。





■ドリンクメニュー
 抹茶のドリンクメニューも、茶師十段「酢田恭行」氏が選定した抹茶を使用。抹茶本来の味わいをそのままお楽しみいただく特選抹茶は、清水焼の抹茶碗でお楽しみいただきます。抹茶ラテ、ほうじ茶ラテなどの定番メニューに加え、柚子とレモンをブレンドした自家製の京レモネード等も取り揃えています。


■店内装飾のコンセプトは、「モダンスタイルの門前茶屋」
 古くから参拝客をもてなしてきた茶屋文化に着想を得て、野点(屋外で楽しむお茶会)をイメージした空間を店内装飾に取り入れています。真っ赤な野点傘を使うのが一般的なイメージですが、普門茶屋では独自のデザインで表現しています。清水寺参拝で疲れた身体を休めて、ゆっくりとおくつろぎください。

■メニュー情報
「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」 京きなこ&黒蜜 880円(税込)
「大わらび餅 清水 -KIYOMIZU-」 抹茶きなこ&抹茶蜜 990円(税込)
「茶師十段の特選抹茶アイスパフェ 五重 -GOJU-」 1100円(税込)
「茶師十段の特選抹茶 慶福 -KEIFUKU-」 550円(税込)
「茶師十段の特選抹茶ラテ 普福 -FUFUKU-」 550円(税込)

■店舗情報
普門茶屋
〒605-0862
京都市東山区清水2丁目246番地
TEL:075-533-8282
12:00~17:30[LO17:00]
https://fumon-an.co.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら