和歌山の旬の味覚 鱧と鮑を多彩なメニューで食べ比べ

掲載日: 2022年05月20日 /提供:東急リゾーツ&ステイ

夏季限定和会席夕食コース付プラン

ホテルハーヴェスト南紀田辺(和歌山県田辺市、支配人:中野信康)は、地元和歌山県で夏に旬を迎える鱧(はも)と鮑(あわび)を使用した和会席コースが楽しめる宿泊プランを2022年5月20日(金)から販売いたします。


鱧と鮑を様々なメニューで味わえる和食「鱧鮑フェア会席」


和歌山県紀南の夏の特産品「鮑と鱧」を食す和会席コース付プラン

ホテルの位置する和歌山県紀南地区は、鱧の名産地として知られています。鱧は、産卵に向けて栄養を蓄える6月から8月にかけて旬を迎えます。本コースで使用する鮑は、地元和歌山の田辺市や串本町などで水揚げされています。和歌山県の旬の食材を、定番のお造りや鍋、から揚げのサラダ仕立てや塩釜焼など、多彩なメニューで構成した和会席コースです。調理方法によって異なる、さまざまな食感や味わい是非を食べ比べてお楽しみいただけます。
<プラン概要>
期間:6月1日(水)から8月31日(水)
料金:1泊2食付き(夕食/鱧鮑フェア会席 朝食/バイキング)
大人 27,500円~34,500円(消費税込・入湯税別)/洋室(40平方メートル ・2~4名)ご利用の場合
※2名様~承ります。
※お部屋タイプ、人数により料金が変わります。
予約方法:電話/0739-25-6106(ホテルフロント)
ホテル公式サイト/
https://advance.reservation.jp/trs109/stay_pc/rsv/det_plan.aspx?smp_id=230&hi_id=12&lang=ja-JP
※3日前17:00までの要予約
焼き物「鮑塩釜焼」
焜炉(こんろ)「鱧鍋」



ホテルハーヴェスト南紀田辺 <https://www.resorthotels109.com/nankitanabe/>

太平洋が眼下に広がる全室オーシャンビュー。すべての客室はバルコニー付きで、窓を開けると潮風に包まれ、夕暮れ時には感動的な美しい夕陽が望めます。ホテルからは世界遺産の「熊野古道」も近く、歴史を辿り文化を巡る旅も叶います。館内には天然温泉を引いた大浴場をはじめ、屋内外プールやショップを設備。南紀の美しい自然の中で、心に残る体験と愛しい時間をお過ごしください。






【ホテルハーヴェスト南紀田辺 ホテル概要】

所在地:和歌山県田辺市新庄町2901-1
電話番号:0739-25-6106
交通:
[お車の場合]阪和自動車道「南紀田辺I.C.」より約15分、紀勢自動車道「上富田I.C.」より約10分
[電車・バス・飛行機の場合]JR紀勢本線「紀伊田辺駅」よりシャトルバス(要予約)で約15分(毎日定時運行)
羽田空港より約60分、南紀白浜空港よりタクシーで約15分
※横浜・新宿・池袋・大宮からの夜行バス、大阪・難波からの高速バスで「滝内」下車、徒歩約5分
客室 :187室
付帯施設:レストラン、温泉大浴場(温泉露天風呂、サウナ)、屋内温水プール、屋外プール、エステルーム、
フィットネスルーム、テニスコート、パターゴルフ、ラウンジ、ショップなど

ホテルハーヴェスト< https://www.resorthotels109.com/

全国各地に17施設を展開するホテルハーヴェスト。
高原、海、温泉、食、文化と旅の醍醐味を贅沢に味わいながら、ご家族やご友人とくつろぎ、癒され、新たな発見と体験の時間をお楽しみいただけます。

感染予防対策について< https://www.resorthotels109.com/pdf/Tokyu_hotel_corona.pdf >

ホテルハーヴェスト南紀田辺では、お客様に安心してホテルをご利用いただけるよう、衛生管理強化などの感染予防対策をはじめ、さまざまな取り組みを行っております。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら