【関西初上陸!】数々のバリスタを輩出し、シングルオリジンコーヒーを牽引し続ける鈴木清和による「GLITCH COFFEE(グリッチコーヒー)」6月10日(金)大阪・中之島にグランドオープン!…

掲載日: 2022年05月19日 /提供:GLITCH

産地個性の素晴らしさを引き出すライトローストの最高峰のスペシャルティコーヒーをいよいよ関西でお楽しみいただけます

東京・神保町でスペシャルティコーヒーショップ「GLITCH COFFEE(グリッチコーヒー)」を運営する株式会社GLITCH(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木清和)は、待望の3店舗目となる「GLITCH COFFEE OSAKA」を2022年6月10日(金) 8:00、大阪・中之島のフェスティバルタワー・ウエスト1Fにグランドオープンいたします。






GLITCH COFFEEコンセプト



“To serve a cup for your valuable time.”
限りある時間の為の価値のある一杯を提供する

GLITCH COFFEEは2015年に日本の喫茶店文化が息づく街、東京・神保町に開業。シングルオリジンにこだわりを持ち、産地個性の素晴らしさを引き出すため、ライトローストのトップオブトップのスペシャルティコーヒーを提供してまいりました。「各農園の絶え間ぬ努力や情熱を届けるきっかけに」という思いで一杯一杯を丁寧に表現。2020年には名古屋・名駅へ2号店を出店。そしてこの度2022年6月に、歴史深い大阪・中之島へ3号店を出店いたします。東京、名古屋、大阪と、日本の3大都市出店が目標であったオーナーバリスタ鈴木清和の集大成の店となります。GLITCH COFFEE の変わらぬコンセプトを軸に、世界基準で認められたトップクラスのシングルオリジンコーヒーの味わいを大阪からもお届けいたします。

ホームページ:https://glitchcoffee.com/
Instagram:https://www.instagram.com/glitch_coffee/
Facebook:https://www.facebook.com/glitchcoffee/




日本から世界にコーヒーカルチャーを発信する



「日本から世界にコーヒーカルチャーを発信する」という信念を持つGLITCH COFFEE。イタリアやオーストラリアなど自国のコーヒー文化を確立してきた海外と比べ、日本のコーヒー文化を誇れる日本人はいるのだろうか?と疑問を感じた鈴木は、「日本の喫茶店文化を誇れるものに」とハンドドリップという日本特有の文化を世界に発信したいと考えました。日本に生まれ、日本でコーヒーを淹れる意味を考え抜いた結果のビジョンでした。GLITCHCOFFEEでは、コーヒー好きな海外客をもターゲットにし、一部の店舗ロゴに家紋モチーフを採用。また、1号店である東京店のカウンターの壁には玉石を敷き詰めるなど、日本らしさを随所に表現しています。また、メニューはこだわりが詰まった、まさに“マニアック”なラインアップ。シングルオリジンの浅煎りのみの取り扱いで、「ブレンド」は取り扱わないスタイルです。これには生産者への尊敬・感謝の気持ちと、コーヒーへの飽くなき探求心が込められています。「産地の味わいを体験してもらいたいので、ブレンドも深煎りもありません。」これがGLITCH COFFEEなのです。


GLITCH COFFEE OSAKA グランドメニュー



【ドリンクメニュー】
・ドリップ700円~2,500円(常時15種類ご用意)
・アイスドリップ700円~2,500円(常時15種類ご用意)
・カフェラテ600円~
・アイスラテ600円~
★シングルオリジン飲み比べ1,100円~(15種類より2種をお選びいただけます)
【豆】
・自家焙煎コーヒー豆100g1,800円~
常時約30種類ご用意
【オリジナルグッズ】
・オリジナルキャニスター1,800円
・オリジナルタンブラー4,800円
※価格は全て税込表記です

GLITCH COFFEE OSAKA概要

・正式店名:GLITCH COFFEE OSAKA
・店名カナ:グリッチコーヒーオオサカ
・所在地:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F
・電話番号:06-4256-3066(※5月23日(月)より開通)
・営業時間:08:00~19:00
・定休日:不定休(施設休館日に準ずる)
・坪数/平米数:9.8坪/ 32.39平米
・客席数:カウンター5席(施設共有部座席あり)
・オープン日:2022年6月10日(金) ※プレオープン:6月2日(木)~9日(木)11:00~17:00

GLITCH COFFEE 店舗情報



■GLITCH COFFEE JINBOCHO
所在地:東京都千代田区神田錦町3-16 香村ビル1F
電話番号:03-5244-5458
営業時間:(平日)8:00-19:00 / (土日祝)9:00-19:00
席数:15席


■GLITCH COFFEE NAGOYA
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅2-42-2 ナインアワーズ名古屋駅1F
電話番号:052-526-1665
営業時間:(平日)8:00-19:00 / (土日祝)9:00-19:00
席数:30席

GLITCH COFFEEオーナーバリスタ鈴木清和(Kiyokazu Suzuki) プロフィール



1977年9月24日栃木県生まれ
株式会社GLITCH 代表兼バリスタ
エアロプレス日本チャンピオン(JAC2014)
米国スペシャルティコーヒー協会(SCAA)Qグレーダー

上海国際ホテル用品博覧会(ホテレックス上海2019)にて世界の有名店として表彰
20代で将来の夢に悩む中、スペシャルティコーヒーと出会いコーヒーの世界へと導かれる。2005年、オーストラリア出身の世界バリスタチャンピオン、Paul Bassett(ポール・バセット)氏に師事し、約10年間勤務する。Paul Bassettでは、チーフバリスタ兼ヘッドロースターとして数々のバリスタを輩出し、その多くが都内で活躍していることなどから、日本のスペシャルティコーヒー文化のパイオニア的存在として知られる。数々の国内外のPaul Bassett店舗立ち上げに携わり、経験を積む中、2014年のエアロプレスチャンピオンシップ国内大会で優勝。その後2015年春、満を持して「GLITCH COFFEE」を東京・神保町にオープン。生豆の選定、焙煎、抽出、サービス、知識、全てにおいてトップであり続けることにこだわり、シングルオリジン、ライトローストを追求。ここでしか味わえないフルーティーなコーヒーが多くのコーヒー好きを魅了し、新たなコーヒーテイストを提案し続けている。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら