心落ち着く「濃茶水ようかん」「抹茶水ようかん」「抹茶わらび餅」「べじ抹茶ぷりん」 OMGT BEYOND MATCHAで作った「王道京のれん」新発売

掲載日: 2022年05月18日 /提供:合同会社OMGT

~京都市のふるさと納税返礼品にも採用~

 合同会社OMGT(2020年創業、京都府、代表社員:大塩まゆみ)は、粉しかなかった抹茶の常識を変え、有機宇治抹茶をペースト化したBEYOND MATCHA(宇治抹茶ペースト)を開発しました。このビヨンド抹茶を使った4種類の京生和菓子、抹茶水ようかん・濃茶水ようかん・抹茶わらび餅・べじ抹茶ぷりんを「王道京のれん」として、自社サイトhttps://ujimatchapaste.jp/shopとアマゾンhttps://www.amazon.co.jp/dp/B09TJFJFGH?ref=myi_title_dpで販売開始しました。 特許技術を応用して無添加・無着色で加工し、加熱しても抹茶色のままで、常温保存が可能です。 京都市のふるさと納税の返礼品にも採用されています。 https://www.furusato-tax.jp/product/detail/26100/5243333 https://www.furusato-tax.jp/product/detail/26100/5243349 抹茶には、心を落ち着かせる作用があるので、超高齢社会の不安を和らげてくれることが期待されます。


報道関係各位
                                           2022年5月14日
                                           合同会社OMGT


【王道京のれんの特徴】
1.有機認証付き宇治抹茶使用

王道京のれん箱入り
抹茶は、茶葉を丸ごと粉砕して食べるので、農薬や化学肥料、添加物・着色料のないものが安全です。 OMGTの「王道京のれん」の原材料の抹茶は、日本緑茶発祥の地である京都府宇治田原の有機栽培歴の長い老舗宇治茶園の有機認証付きの抹茶です。
2.無添加・無着色
材料の茶葉生産から加工製造に至るまで、化学薬品や人工甘味料・人工着色料、添加物などは使っていないので、安心してお召し上がりいただけます。
3.白砂糖不使用
「王道京のれん」は、動物性の骨炭で精白した白砂糖は使わず、おなかにやさしいオリゴ糖を含む甜菜糖を使っています。
4.常温で長期保存可能
真空でレトルト(加熱加圧)殺菌をしているので、製造日より1年常温で保存できます(未開封)。運搬時に保冷剤を入れたり、冷蔵庫で保管しなくてもよく、進物用にも重宝します。


ビヨンド抹茶で作りました





【各商品の特徴】
A.「濃茶水ようかん」

1.心落ち着く抹茶成分がたっぷり
抹茶にはカテキン、カフェイン、ビタミンA・C・E・B、葉酸など健康に良い栄養成分が含まれています。特に、抹茶・緑茶に含まれるテアニンや葉酸には抗うつ効果があるといわれており*¹)、心をリラックスさせ、落ち着かせる効果も期待できます。また、うつ病を患っている人は、葉酸値が低く、緑茶(抹茶も緑茶のうち)を飲む頻度も少ないという研究結果があります*²)。濃茶水ようかんには、そのテアニンや葉酸を含む抹茶がたっぷり入っています。
濃茶水ようかん
濃茶水ようかん
抹茶には不安を軽減する効果があるという研究もあります。ドーパミン、セロトニンという脳内物質を活性化し気持ちを安定させる作用や抗うつ効果もあるといわれています*³)。
*1)国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第3部長 功刀浩「うつ病に緑茶は貢献」『茶の健康効果20選』日本茶業体制強化推進協議会、2020年。
http://www.nihon-ha.or.jp/pdf/health_benefits20.pdf
-----------------------------
*2)功刀浩、古賀賀恵、小川眞太郎「うつ病患者における栄養学的異常」『Japanese Journal of Biological Psychiatry』 Vol.26,No.1,2015.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbpjjpp/26/1/26_54/_pdf.
-----------------------------
*3)熊本大学大学院生命科学研究部薬物活性学分野
https://www.kumamoto.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2019-file/release190607.pdf
-----------------------------


2.抹茶の味が濃い
原材料は、白インゲン豆で作った白餡とOMGTビヨンド抹茶、甜菜糖、澱粉加工品です。姉妹製品の抹茶水ようかんよりもさらにビヨンド抹茶を多く入れた濃い抹茶の水ようかんです。
3.栄養価が高く、カロリーが低い
白インゲン豆を練って作った白餡は、食物繊維が多く、小豆よりも糖質やカロリーが低いという特徴があります。抹茶は、栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、テアニンを含み、カロリーが低くヘルシーです。


B.「抹茶水ようかん」
1.餡がたっぷり入っている

抹茶水ようかん

原材料は、白インゲン豆で作った白餡とOMGTビヨンド抹茶、甜菜糖、澱粉加工品です。
添加物不使用でカフェインが微量ですので、お子様にもご高齢の方にも安心してお召し上がりいただけます。餡と抹茶味が絶妙なハーモニーをかもしだしています。

2.京都の地下水を使い京菓子老舗が製造
「王道京のれん」すべてが水質検査済みの京都の地下水を使って製造していますので、味がまろやかです。京銘菓を100年以上作ってきた老舗京菓子製菓工場に製造委託をしているので、匠の技が生かされています。

抹茶水ようかん
3.格調高い本物の抹茶味
白砂糖は使わず甜菜糖を使っており、控えめな甘さで後味が甘ったるくなく、格調高い抹茶を引き立てています。通常、抹茶の粉を入れて和菓子を作ると黒ずむので、それを隠すために色素・着色料などを添加するのですが、本製品は、無添加・無着色・無香料です。


C. 「KYOTO 抹茶わらび餅」
1.整腸作用があるわらび粉  

抹茶わらび餅
 材料は、抹茶とわらび粉と甜菜糖です。わらび粉は、不溶性食物繊維や難消化性澱粉が多く、お通じをよくする整腸効果があります。朝のすっきりをサポートします。
2.低カロリー
「kyoto抹茶わらび餅」のカロリーは、1個(77g)あたり、78.
5kcal.で、コーラコップ1杯のカロリー90kcal.よりも低いです。
3.海外にも輸出可能

抹茶わらび餅
 現在の日本では、添加物・着色料を使わない抹茶製品は、ほとんどありません。そのために、食品の安全基準が日本より厳しい海外への輸出ができない抹茶菓子が多いのですが、OMGTの製品は、有機宇治抹茶を原料とした練り状の抹茶、 “BEYOND MATCHA” (宇治抹茶ペースト)を使い無添加・無着色で作っており、レトルト殺菌をしており常温で保管・輸送できるので、添加物規制の厳しい海外にも輸出できます。


D. 「KYOTO べじ抹茶ぷりん」
1.動物性脂肪不使用   

べじ抹茶ぷりん
OMGTの「べじ抹茶ぷりん」には、コレステロールや中性脂肪を増やすといわれているバターや生クリーム等の動物性脂肪は入っていません。主材料は、遺伝子組み換えでない大豆です。
2.卵不使用
 通常のプリンは、卵が主役ですが、OMGTの「べじ抹茶ぷりん」は、卵を使わずにプリンプリンした感触を表現しました。
3.試作・試食の末の労作

べじ抹茶ぷりん
ベジタリアンの人も食べられる抹茶スイーツがあれば、食物アレルギーに悩む人たちも抹茶を楽しめるのではないか、という専属茶師の思いから、「べじ抹茶ぷりん」の着想が生まれました。けれども、それを実現するのは至難の技でした。OMGT代表自身、何度も試作品を作ってレシピを改良しました。同時に、加工を依頼した老舗京菓子製菓工場主も、匠の技で材料を入れ替え、調合を変えていくつもの試作品を作ってくださいましたが、なかなか満足できる作品に仕上がりませんでした。プリンのつるっとした感触や弾力性をいかに出すかが課題でした。しびれが切れるほど辛抱した結果、幾多の苦心の末に出来上がったのが本製品です。


【OMGT BEYOND MATCHAのお召し上がり方


そのまま蓋を開けて、または、お皿に移してお召し上がりください。甘さ控えめに調合しておりますので、糖質の過剰摂取にならず、ヘルシーです。

抹茶水ようかん



【創業の経緯】
 合同会社OMGTの専属茶師である京都宇治茶師・第12代喜多重左衛門は、京都の老舗茶商でしたが、脳内出血で倒れました。3か月間意識不明が続き、その間2回心肺停止しましたが、3か月後に左半身マヒが残ったものの奇跡的に生還しました。彼は、長年患っていた難病の原発性アルドステロン症でカリウム欠乏の病気で倒れたのですが、偶然に茶商の生活習慣で毎日飲んでいた抹茶にカリウムが含まれおり、それが命を救ったと、意識回復後に医師に言われました。抹茶の威力を再認識した彼は、その後の人生を抹茶の普及に専心することを決意しました。栄養価の高い抹茶を手軽に飲食できるようにして世界中の人々の健康に役立ちたいと不自由な体で奮闘し、無添加・無着色で抹茶の緑色を変えずにペースト化できないかと模索しました。その結果、ある特許技術を利用して、ビヨンド抹茶を開発することが可能になりました。
播磨園製茶茶畑

合同会社OMGTの代表、大塩まゆみは抹茶愛好家で、以前から毎日、抹茶ラテを作って飲んでいましたが、茶筅は長く使うと汚れが落ちにくくなり、折れたりするので、不衛生さ・不便さを感じていました。ある時、4日程の海外出張期間に、それまで毎日飲んでいた抹茶を飲めず、帰国後に抹茶渇望感を感じました。それで、たった4日程で“抹茶欠乏症”のような状態になるのは、なぜなのかと感じ、調べたところ、抹茶には心を落ち着ける効果や整腸作用等があることがわかりました。それだけでなく、野菜に劣らぬ栄養が含まれることや脂肪吸収抑制効果等があり、とても健康に良いという研究結果を知りました。また、抹茶は茶葉をそのまま粉にして食べるので、農薬がかかっていない有機栽培の茶葉が良いので、有機抹茶を探し始めた時に、有機宇治抹茶をペースト化開発しようとしていた宇治茶師第12代喜多重左衛門と遭遇しました。さらに、農薬散布で体を痛め、有機栽培に切り替えた宇治田原の有機栽培茶園主と巡り合いました。
覆いをかぶせた新茶

このような奇遇から、この有機宇治抹茶ペーストをもっと多くの人々に飲んでほしいと願い、OMGTを創業しBEYOND MATCHAを製品化しました。


【OMGT「王道京のれん」はなぜできたのか】
 OMGTは、BEYOND MATCHA開発後に、老舗京菓子製菓工場主にそのサンプルとOMGT代表が作った抹茶水ようかんのレシピを渡して試作していただきました。そうしたところ、加熱しても光に充てても抹茶の色が変わらないし、粉をふるう手間も省けて作業効率が良いと、絶賛されました。そして、この宇治抹茶ペーストを使って、わらび餅やべじ抹茶プリンを作っていただいたところ、やはり抹茶色が変わらいないので、濃茶水ようかんを加えて4点セットの京和菓子を京都ふるさと納税の返礼品として応募してはどうか、という話に発展しました。さっそく京都市のふるさと納税返礼品に応募したところ、すぐに審査に通り、注文が入ったものの、「べじ抹茶ぷりん」だけが、まだ満足できるような仕上がりにならず、製品ができていません。そのため商品の裏ラベルに材料を書くこともできず、印刷ができません。ヤキモキしながら年末年始の休暇も返上して悪戦苦闘し、ようやく出来上がったのが、今の製品です。


【これからの活動】さらなる努力をして、海外からの渡航者であるベジタリアンや完全VEGANの人たちにも京都王道の抹茶菓子を提供できるように、努力を積み重ねたいと意気込んでいます。さらに、海外にも販路を広げるべく現在、アメリカの企業と商談中です。
 
フルーティなドライみかん入りビヨンド抹茶ドリンク

【会社概要】
・会社名:合同会社OMGT
(商標登録OMGT)                           
・所在地:〒606-8127 
 京都市左京区一乗寺西浦畑町8番地2
・代表者:大塩まゆみ                       
・email:OMGT.m.o@gmail.com
・電話:075-712-1412
・設立:2020年5月28日
・URL:https://ujimatchapaste.jp/
・インスタ:
https://www.instagram.com/omgt.2021/
・フェイスブック:
https://www.facebook.com/kitajuzaemon
https://www.facebook.com/omgt.kyoto


【事業内容】                                                     
・BEYOND MATCHAの通販
・BEYOND MATCHAを使ったその他の商品の通販: 京都抹茶餡(クリーミィな抹茶のあん)  
 抹茶水ようかん、濃茶水ようかん、抹茶わらびもち、ベジ抹茶プリン、4点セット「王道京のれん」
 トッピング用ステンレス製振出缶付き有機宇治抹茶(20g)
京都抹茶あん
・抹茶の効能についての普及                                  
・原料の有機宇治抹茶は、宇治田原の  播磨園製茶製―日本の有機JAS認証・米国有機認証、
COR(カナダ)認証、EU有機認証取得              
・販売方法:通販
・販売店:東京・代官山メグダイにて試飲販売     


【お客様からのお問い合わせ先】            

ビヨンド抹茶
  
代表社員 大塩まゆみ
TEL: (午前10時~午後6時まで)
email:OMGT.m.o@gmail.com
tel.090-5653-9319
【URL】https://ujimatchapaste.jp/


【お問い合わせ先】
合同会社OMGT
代表社員
大塩まゆみ
電話:090-5653‐9319
Eメール:mayu30040@nifty.com

        

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら