フランスワインのちょっとニッチで深い。。【ジュラ・サヴォワ講座】講師:柳忠之 世界完全オンライン・全国どこからでも参加可能!6月17日開催決定!…

掲載日: 2022年05月18日 /提供:ワインエナジー

ワインエナジー株式会社が運営するヴィノテラスが、【ジュラ・サヴォワ講座】を開催。日本ソムリエ協会「教本」フランス・パート執筆担当の講師が、フランスワインの奥深い世界をじっくり解説いたします!

2022年6月17日(金)19時から、オンライン会議システムZoom上にて開催。 完全オンラインのワインスクール ヴィノテラスが、【ジュラ・サヴォワ講座】を開講致します。 試飲ワインは事前に小瓶でご自宅にお届けするので、スクールまで通う必要もございません。 参加費:各講座7,700円(税込) ※小瓶6本セット付き


ヴィノテラス ワインスクール(本社:東京都千代田区、代表取締役:市原 岳洋)が、オンラインで、
「ジュラ・サヴォワ講座」を開講いたします。

なぜか一括りにされてしまうジュラ&サヴォワ。
歴史的にも、地勢やワインのスタイルにも共通項は皆無に等しく、
個別に語るには印象の薄い、フランス東部に位置するふたつの小さな産地を、便宜的にひとつのセットに収めただけのような気がする2産地、、
とはいえ、ジュラもサヴォワも独特のテロワールと固有のブドウ品種から個性豊かなワインを生み出す産地です。
香りを嗅ぎ、ひと口含んだだけで、その産地を思い描くことのできるワインばかり。

今回の講座では、日本のワインジャーナリズムを牽引するワイン・ジャーナリスト 柳 忠之氏を講師にお迎えし、
フランスのワイン産地の中でもとりわけ小さく、そして奥深い2つの産地「ジュラ・サヴォワ」の魅力に迫ってまいります!

●講師:柳 忠之
1965年横浜市出身。
ワイン専門誌「ヴィノテーク」記者を経て、1997年に独立。以後はフリーのワインジャーナリストとして「Winart」や「WANDS」などの専門誌に執筆するほか、「東京カレンダー」「GOETHE」「Esquire BBB」など一般誌にもワイン関連の記事を寄稿する。
近くは山梨・勝沼から遠くは南米チリ・アルゼンチン、南アフリカまでワイン産地を東奔西走。
1000円未満のデイリーワインからウン百万円のお宝ワインまでレパートリーは幅広い。
ソムリエ資格はおろかエキスパートすら未取得ながら、日本ソムリエ協会「教本」のフランス・パートを担当している。

●セミナー実施概要
講座名:「ジュラ・サヴォワ講座:講師 柳忠之」
主催:ヴィノテラス ワインスクール
開催時:2022年6月17日(金) 19:00開始 120分
参加費:7,700円(税込)

●会社概要
会社名:ワインエナジー株式会社
所在地:東京都千代田区平河町一丁目1番8号
代表者:市原 岳洋
設立:2016年10月27日設立 (アズマ株式会社による100%出資)
URL:https://school.vnts.jp/
事業内容:
1.ワインスクール事業
2.酒類輸入業
3.酒類販売業
4.上記各号に付帯する一切の業務

●お客様からのお問い合わせ先
ヴィノテラス ワインスクール
MAIL:info@vnts.shop

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース



メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら