【フォーシーズンズホテル京都】800年の歴史ある名庭の眺めと楽しむ「バーベキューテラス」が初登場

掲載日: 2022年04月19日 /提供:フォーシーズンズ ジャパンコレクション

新緑を愛でながら、シェフの厳選食材を味わうラグジュアリーなアウトドアダイニングを4/25より開始

フォーシーズンズホテル京都(所在地:京都市東山区妙法院前側町、総支配人:岸 琢也)では、2022年4月25日(月)から6月30日(木)までの間、800年の歴史ある庭園「積翠園」を臨むレストラン「ブラッスリー」の開放的な屋外テラス席にて「バーベキューテラス」を開催いたします。


800年の歴史を誇る名庭「積翠園」をのぞむ、レストラン「ブラッスリー」のテラス席
今年初めての開催となる「バーベーキューテラス」では、レストラン「ブラッスリー」料理長の古賀隆稚が選び抜いた数々の食材を、各テーブルに設置されたスモークレス炭火グリル「ロータスグリル」でご自身で調理してお楽しみいただきます。

バーベキューのセットには、季節の野菜をふんだんに取り入れたガーデンサラダ、食べ応えのある厚みにカットされたジューシーな国産牛、ハーブでマリネした香り高い骨付き仔羊、ハーブとチョリソーの2種のソーセージ、殻付きオマール海老と北海道産のホタテ貝のシーフード2種、焼き野菜、じっくり煮込んだシェフ特製カレーライス、食後には自家製アイスクリームとソルベが含まれます。ホテルならではの選び抜かれた食材を、シェフ古賀特製の「オリジナルBBQソース」と「燻製マスタード&はちみつソース」の2種類のこだわりのソースとともにお召し上がりください。

またドリンクには、爽やかな味わいのスパークリングワイン、5種類のビール、3種類のウイスキーハイボールなど、バーベキューによく合うすっきりとした「泡」メニューを豊富にご用意しております(別途料金)。

ご家族でのお食事やご友人とのパーティーなどの思い出作りにもおすすめの「バーベキューテラス」。平安時代末期に平重盛の別邸「小松殿」の園地として作られたと云われている日本庭園「積翠園」の鮮やかな新緑を眺めながら、ラグジュアリーなアウトドアダイニングをご体験ください。

名庭を眺めつつ楽しむ「バーベキューテラス」
■期 間:2022年4月25日(月)-6月30日(木)
■時 間:17:30-21:00 1日5組様限定
■場 所:フォーシーズンズホテル京都 1階 レストラン「ブラッスリー」屋外テラス
■料 金 :お一人様 15,180円
*料金はサービス料15%、消費税10%を含めた価格です
*天候不良等の理由により、店内でのシーズナルディナーコースに振り替えさせていただく場合がございます。

■セット内容:

ガーデンサラダ オリジナルドレッシング
国産牛ロース
ハーブマリネの骨付き仔羊
ソーセージ2種(ハーブ、チョリソー)
殻付きオマール海老
北海道産のホタテ貝
焼き野菜の盛り合わせ
自家製ソース2種(オリジナルBBQソース、燻製マスタード&はちみつソース)
自家製ビーフカレーライス
自家製アイスクリーム&ソルベの盛り合わせ


シェフ厳選のこだわり食材と当ホテルでしか味わえない景色を存分にお楽しみください (イメージ)
===============================================================
■お問い合わせ・ご予約:レストラン「ブラッスリー」 075-541-8288 (代表)
https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/dining/restaurants/brasserie/
===============================================================

フォーシーズンズホテル京都 「ブラッスリー」料理長 古賀隆稚のご紹介


福岡県生まれ。ミシュラン三つ星の「ジョエルロブション東京」で料理のベースを学んだ後、渡仏。フランス各地、合計6つの星付きレストランで腕を磨き、2016年にはフォーシーズンズホテル ジョルジュサンク パリの「レストラン ル サンク(三つ星)」の副料理長に日本人として初めて就任。フランス料理界の第一人者であるクリスチャン・ル・スケールのもと、メニュー開発責任者を務め、料理通の注目を集める存在に。

次世代の才能を発掘する日本最大級のコンペテション「RED-35」では3度の受賞を果たし、若手料理人の世界一を決める国際コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ」でもフランス国内のファイナリストに選考されるなど、その実力は折り紙付。フレンチの伝統的なテクニックはもちろんのこと、日本人ならではの繊細な美意識と瑞々しい感性で独自の世界を描き出す料理は、世界でも高く評価されている。

料理においては、味、素材の組み合わせ、色彩、これら全ての要素の「バランス」が最も重要と考え、中でも「香り」については並々ならぬこだわりを持つのが特徴。「シェフとは調香師である」というクリスチャン・ル・スケールの教えをもとに、素材からのインスピレーション、そして五感で味わう美味の追究を目指している。
https://press.fourseasons.com/kyoto/hotel-team/ryuji-koga-2.html

レストラン「ブラッスリー」について
2016年10月に開業したフォーシーズンズホテル京都は、平家物語にも記された800年の歴史を受け継ぐ名庭「積翠園」を擁するラグジュアリーホテルです。ホテル1階に位置する「ブラッスリー」は、高さ9メートルの大きな窓からその名庭を見渡し、店内にはスタイリッシュな空間が広がります。庭園を見渡すテラスを備えたその開放的なインテリアデザインは、「Kokai Studios(コカイ・スタジオ)」によって手がけられ、国際的なインテリア専門誌「INTERIOR DESIGN(インテリアデザイン)」におけるベスト・オブ・イヤーアワード、ホテルダイニング部門において2017年のショートリストに選ばれています。

席数122席(うち、屋外テラス席 50席)
営業時間: 朝食 7:00~10:30、ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:30~21:00
*営業時間は予告なく変更する場合がございます。最新情報はホテルまでお問合せください。
https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/dining/restaurants/brasserie






日本庭園「積翠園」について
伝統とモダンが融合するホテル館内からひとたび「積翠園」へと足を踏み出せば、自然との共生によって磨かれてきた日本人の高い美意識が結集された世界が広がります。庭園では、舟遊びをはじめ、花見、月見、雪見のほか、茶会や宴などが行われていたことが伝えられています。

多くの寺社仏閣が立ち並ぶ東山の地は、平安時代に圧倒的な権力を手にし、栄華を極めた平家や安土・桃山時代の豊臣秀吉のゆかりの地として知られています。そのなかで当ホテルの「積翠園」は、平安時代末期の武将・平重盛(1138 ~1179年)の別邸「小松殿」の園地と伝えられており、その理由については、この場所が「平家物語」の記述と合致することや、近年の調査により庭園の意匠に平安末期の特徴が確認されたことなどが挙げられています。

さらに、江戸時代に入るとこの地は元和元年(1615)に隣地にあった妙法院の所有となり、「積翠亭」や「積翠軒」などと呼ばれていたことが尭恕法親王(ぎょうじょほっしんのう)(1640~1695年)の日記から明らかになりました。その後「積翠園」は、江戸時代(元禄期)に改修されたものの、現存する平安時代末期の庭園は数少なく、貴重な文化遺産でもあります。

「積翠園」の詳細はこちらをご覧ください
https://my.ebook5.net/fourseasonshotel_kyoto/Garden_Map/


フォーシーズンズ独自の安全衛生プログラム「リードウィズケア」について
フォーシーズンズホテルでは、お客様と従業員の健康と安全を最優先しており、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の感染拡大防止への取り組みとして、安全衛生プログラム『リード ウィズ ケア(LEAD WITH CARE』を策定しております。フォーシーズンズホテル京都ではお客様にフォーシーズンズ独自の安全衛生プログラム「リードウィズケア」に則り徹底した安全対策を実施しております。

【館内・レストランエリアにおける取組み】

入念な消毒対策の実施
空調システムによる館内の空気と外気の入れ替えの実施
ご要望に応じての消毒液やマスクの支給
テーブル、椅子、メニューなどのご利用前後の消毒の実施
会計時に使用するビルフォルダー、ペンのアルコール消毒の実施


提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら