【古民家・蔵造りの建物を活用した分散型ホテル】三浦半島の旅宿「三崎宿」誕生!

掲載日: 2022年04月04日 /提供:ミウラトラスト

神奈川県三浦市三崎エリアに残る、港町ならではの古民家をリノベーションした宿泊施設です。

ミウラトラスト株式会社は【三浦半島の旅宿 三崎宿】として、古民家を利活用した宿泊施設を、2022年4月下旬にオープンします。



かつて、江戸の時代から漁業で栄えた街。海で囲まれた三浦半島が故に船の交通が主流、よって宿場としての発展がなかった商家の街。しかしながら近年、食を求める観光地として自然、必然的に、生まれ変わろうとしています。私たちは、江戸時代から続く古民家、古商家を三浦半島の旅宿「三崎宿」として新たに再生し、非日常な「宿泊」と「食」の体験を提供します。

三浦半島の旅宿「三崎宿」が誕生いたします。

【当時の趣や風情を残した三つの客室棟】
三崎下町の港町ならではの風情ある古民家で過ごす、非日常の空間をお楽しみ下さい。
●江戸の蔵宿(一棟貸し)



三崎で一番古いと噂の建物。かつて、魚商として繁栄したこの商家は元々、江戸時代から続いた蔵造りのもの。
ツインベッドルーム3室で最大8名様まで、ご利用頂けます。

●古民家の旅宿(一棟貸し)

古くから金物屋を営んでいたこの建物。
元々の店舗部分は「リビングルーム」母屋部分を「ベッドルーム」として、最大6名様までご利用頂けます。
(今後リニューアル予定)

●酒宿山田屋(2階のフロア貸し)

三崎港玄関口に佇む、老舗の酒屋「山田酒店」
母屋の二階を改装し「酒宿山田屋」として、最大4名様までご利用頂けます。

【フロント・コンシェルジュ棟のご案内】
●山田酒店


酒宿山田屋の一階。酒屋にてチェックインをお願いします。
・宵のお酒を吟味するもよし
・町の案内所として利用するもよし
旅の楽しみをサポートさせて頂きます。

<施設概要>
神奈川県三浦市三崎4-8-10
046-881-3341
客室 全3棟(本年夏季に旅館棟(別棟全5室)開業予定)
宿泊定員 全室合計 18名
IN 15:00 - OUT 11:00

<アクセス>
【三崎口駅より】  車:約10分 
三崎港バス停下車 バス:約15分
【三崎港バス停より】徒歩:約1分

<宿泊予約方法>
三浦半島の旅宿「三崎宿」の専用予約サイトにて予約申込を受付ます。
ホームページ:http://misakijyuku.jp/

【本取組みについて】
本取組みは、三浦市の地域資源を活かした観光コンテンツの開発と運営する仕組みの構築を支援することを目的に、三浦市、株式会社横浜銀行、京浜急行電鉄株式会社、株式会社地域経済活性化支援機構 (REVIC)、ミウラトラスト株式会社の5者にて2021年3月に締結された「三浦市における地域資源を活用した観光活性化に関する連携協定」の一環として行われるものです。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら