【都ホテル 尼崎】コールマンとコラボレーションしたビアガーデンを6月1日(水)オープン

掲載日: 2022年03月28日 /提供:近鉄・都ホテルズ

都ホテル 尼崎(所在地:兵庫県尼崎市昭和通2丁目7番1号)は、2022年6月1日(水)から9月25日(日)までの期間、「ビアガーデン AMA GARDEN」を開催します。


 
会場設営のイメージ写真
 人気のアウトドアブランド「コールマン」とコラボレーションしたビアガーデンをお届けします。


 コールマン製品を使用し、ピクニックをイメージした会場設営、コールマンのキャラクター「ザ・コールマンズ」のフォトスポットなど、アウトドア気分を気軽に満喫いただけます。
 お料理はスペアリブや骨付きソーセージなどのBBQメニューや
人気の牛肉のステーキなど、約30種類が食べ放題、お飲み物は、
アサヒスーパードライ生ビール、ハイボール、サワー、ワイン、カクテル、ノンアルコールドリンクなど約150種類を飲み放題にて
ご用意します。
 そして毎年恒例の人気イベント、広島のビールスタンド重富のマスター重富氏を招いた「ビールスタンド重富 in あまがさき」も開催します。
 また、4月15日(金)からお得な前売チケットを販売します。
屋外のさわやかな風を感じながら、冷たいビールとお料理で楽しい夏のひとときをお過ごしください。


ザ・コールマンズと記念写真



「ビアガーデン AMA GARDEN」 開催概要

【実施期間】 2022年6月1日(水)~9月25日(日) 定休日 月曜日(祝日は営業)6月は月・火曜日
【実施店舗】 ホテル1階ガーデン ビアガーデン AMA GARDEN
【営業時間】 18:00~21:00(ラストオーダー20:30)
【料  金】〈食べ放題&飲み放題〉
       大人5,000円 / 小学生2,800円 / 幼児(3歳以上)1,000円
      ※3歳未満ひざ上無料、座席が必要な場合は有料となります。(大人1名につき1名様です)
      ※一部、別料金の商品があります。
【前売チケット】 料金 大人4,500円
       販売期間 4月15日(金)~6月30日(木)
       販売場所 ホテル1階ブライダルサロン 11:00~19:00
マスター重富 寛氏
【イベント】
ビールスタンド重富inあまがさき
7月28日(木)・8月25日(木)・8月26日(金)

 広島にある、とにかく美味しい生ビールが飲める「ビールスタンド重富」のオーナー重富 寛氏を迎え
 マスターと共に旅するスイングカランのビールサーバーで注がれるアサヒ樽生ビールを楽しめる
 限定イベントです。ビール注ぎの達人の技をぜひこの機会にご賞味ください。

料理イメージ
【メニュー】 牛肉のステーキ、スペアリブ、骨付きソーセージ、サムギョプサル、タンドリーチキン、
       ドライカレー、ローストビーフサンド、チゲスープ、デザートなど約30種
【お飲み物】 アサヒスーパードライ生ビール、サワー、ハイボール、カクテル、ワイン、
       ソフトドリンクなど約150種

【ご予約・お問い合わせ】
       ビアガーデンAMA GARDEN TEL 06-6488-4998


※写真はすべてイメージです。
※表示料金には消費税が含まれています。ビアガーデンではサービス料をいただいておりません。
※食材の入荷状況などにより、メニュー内容を変更する場合があります。
※食材によるアレルギーのあるお客様は予め係にお問い合わせください。
※当ホテルでは従業員のマスク着用、定期的なアルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保など
 新型コロナウイルス感染防止対策を行っています。
※今後、新型コロナウイルス感染拡大による自治体からの要請があった場合、各施設の営業日や営業時間、
 営業体制を変更する場合がございます。詳しくはホームページをご確認ください。

【協賛】アサヒビール株式会社

【都ホテル 尼崎】
公式HP     https://www.miyakohotels.ne.jp/amagasaki/
公式Instagram  https://www.instagram.com/miyakohotelamagasaki/
公式 Facebook https://www.facebook.com/miyakohotel.amagasaki



ご参考

 Coleman 
 コールマンはキャンプ用品全般を扱う総合アウトドア用品メーカーです。1901年に創業者であるW.C.コールマンが米国カンザス州ウィチタにて「機能しなければ支払い不要」を合言葉にランプのレンタル業からスタート。“真夜中の太陽”と賞されたランタンの発明や、厳しい条件の中、短期間でGIポケット・ストーブを開発、大量生産したことで世界に優れた技術と高い生産能力を認められました。
 そして、1960年代後半にはキャンプ用品全般に商品ラインを広げ、総合アウトドアメーカーとしての地位を確立しました。現在では自然に携わる企業として、自然の中で過ごすことの素晴らしさや、人と人とのつながりの大切さを築く場としてキャンプの啓発活動を積極的に行っています。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら