栄養価の高いマイクログリーンをアイスで食べる。罪悪感のないアイスクリーム「OTM ICECREAM」が、2022年3月1日(火)にNEW OPEN!

掲載日: 2022年03月02日 /提供:SU-BEE

「アイスクリームを背徳菓子から道徳的口福に」

石川県を拠点に、飲食店の企画・運営を手掛けている株式会社SU-BEE(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:田端 弘一)は、昨年10月より期間限定ポップアップショップとして展開し、SNS等でも話題となったOTM ICECREAM(オーティーエム・アイスクリーム)を、2022年3月1日(火)に常設店舗として再オープンいたしました。





背景と展望

当社は2021年に認定農業者を取得し、金沢市内にオーティエム・カルチベージョンラボラトリーを開業しました。試行錯誤を繰り返しながら自社栽培にて、常時20種類のマイクログリーンを育てています。オーティエム・カルチベージョンラボラトリーは、気候変動や労働力不足といった、さまざまな課題が山積する21世紀の農業に進化を起こし、世界の飢餓と肥満を終わらせることをビジョンとしています。世界人口の約10分の1の約8億人が飢えで苦しみ、その一方で20億人近くが肥満など食に起因する生活習慣病をかかえています。私たちはこの問題を「食べ物はあるけど栄養が不足している」と捉え、食べ物に栄養と楽しさを提供することをミッションとしています。今後は農業法人設立を視野に入れ、自社の店舗だけでなく、飲食店への卸売や家庭への販売も拡大したいと考えています。




OTM ICECREAM(オーティーエム アイスクリーム)

「アイスクリームを背徳菓子から道徳的口福に」をコンセプトに、自社栽培された栄養価の高いフレッシュなマイクログリーンが常時20種類、3種のオリジナルアイス、4種類のこだわりのトッピングを、それぞれ好みの組み合わせで楽しむ、風味豊かな"ギルトフリーアイスクリーム"。組み合わせの総数は13,680通り。その日の気分に合わせて自分好みのアイスクリームをお楽しみください。





■オススメの組み合わせ
1.Sakura

足羽山の桜をイメージし、バニラアイスのベースがほんのりピンクになるように、アマランサス、アカシソ、レッドキャベツをブレンド。ピンクペッパーチョコをトッピングしました。

2.Shine Skin
春の乾燥肌が気になる方に、皮膚の再生を助ける等の効果があるビタミンCを豊富に含むターサイ・ルッコラ、デトックス効果のあるチコリーをブレンド。マスカルポーネアイスをベースに、有機オリーブ&ブラックペッパーをトッピングしました。


3.Resistant Body
「食べる風邪薬」とも呼ばれ免疫力を高めてくれるサラダシュンギク、生活習慣病予防に役立つと言われるβカロテンを豊富に含むレッドオークとグリーンマスタードをブレンド。ソイミルクをベースにオロロソソースをトッピングしました。


■マイクログリーン(20種類)
お好きなものを3つお選び頂きます。
<期間限定>
超希少種 加賀の伝統野菜カラシナ
<クセが少なく食べやすい>
レッドロメイン、レッドアマランサス、ロロロッサ、ターサイ、レッドキャベツ、レッドオーク、チコリー
<香り豊か>
アオシソ、ルッコラ、アカシソ、サラダシュンギク、マイクロバジル、ヤングリーフディル、マリーゴールド
<個性溢れる風味>
ガーデンクレス、レッドカラシミズナ、グリーンマスタード、ミニセルリー、イタリアンパセリ

■オリジナルアイス(3種類)
ベースとなるアイスクリームを1つお選び下さい。
・バニラ
・ソイミルク
・マスカルポーネ

■トッピング(4種類)
最後にトッピングを1つお選び下さい。
・オロロソソース
・薪炊き有機メープルシロップ
・有機オリーブ&ブラックペッパー
・ピンクペッパーチョコ(期間限定)




■空間のこだわり
「OTM ICECREAM」は真っ白な空間に直線が映えるラボをイメージしたような内装。エントランス部分のグリーンのガラス戸がプロダクトのマイクログリーンとリンクするPOPな一面もありつつ、提供方法に独特なオートマチックさを出すことで、入口から商品を手にするまで、まるでアトラクションを楽しむようなワクワク感を体験することができます。




店舗情報

店舗名: OTM ICECREAM (オーティーエム アイスクリーム)
所在地: 福井県福井市足羽上町111 ASUWAYAMADECK内
電話番号: 0776-36-3733
URL:https://otmicecream.jp/
営業時間:10:00~17:00 (16:30L.O.) ※花見期間の4/1~4/10は21:00(20:30L.O.)まで






OTMとは

オーティーエム[OTM]とは、Organic Trade Markの略語で、先端的な栽培技術と技法により、様々な野菜を栽培・生産する自社ファームブランドです。近年、消費者への食への安心・安全志向の高まりから、有機農業や”スーパーフード”と呼ばれる必須栄養素を多く含む野菜などが浸透してきました。我々は、日本では従来市場になかったカテゴリーである、マイクログリーンなどの食材を、閉鎖型栽培施設にて、農薬を使用せずに生産し、メニュー開発まで行っております。

オーティエム・カルチベージョンラボラトリー



商品はこちら
https://www.tabechoku.com/producers/21225


マイクログリーンとは

マイクログリーンとは、発芽して1~3 週間くらいの若芽野菜を指します。5cmにも満たない小ぶりの野菜で、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンE、ルテイン、カロテノイドなどの栄養素が、成熟野菜の5倍あると言われています。また、カルシウムや亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも?常に豊富で、美容やダイエット効果も期待されています。通常の野菜と比べても緑の?味が?常に濃く、見た目も鮮やかなため、高級レストランでも使用されています。我々は、屋内の農場で空調管理まで行っているので、気候の影響を全く受けず、水耕栽培で農薬を使わずに丁寧に作った清潔な野菜を、安定供給しています。







会社概要

会社名: 株式会社サビー(SU-BEE.CO., LTD.)
所在地: 石川県金沢市玉川町9-15
代表者: 代表取締役社長 田端 弘一
設立 : 平成27年11月
URL : http://su-bee.jp/
事業内容: 飲食店の経営及び運営、飲食店の企画及び経営、運営に関するコンサルタント、
      コントラクト事業、グリーン事業、農業


提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら