【バレンタイン限定コラボ】食べられるお茶「咲茶」×国内トップパティシェ林 巨樹がコラボ。バレンタインに贈りたいフルーツたっぷりな「咲茶チョコレート」が100枚限定生産で誕生。…

掲載日: 2022年01月31日 /提供:僕と私と

花贈りブランド「HANARIDA(ハナリダ)」の運営やZ世代向けの企画を行う僕と私と株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:今瀧 健登、以下、僕と私と)は、国内トップパティシェ・林 巨樹とコラボレーションし、「HANARIDA」の人気のフルーツティー「咲茶(さくちゃ)」を使用した「咲茶チョコレート」を100枚限定で販売いたします。








咲茶チョコレートとは


「咲茶(さくちゃ)」は、香りで、飲んで、最後は食べて、3段階で楽しめるフルーツティー。2021年のバレンタインには、Twitter上では若者層を中心に大きな話題を呼び、発売から5日間で1ヶ月先の予約分まですべて完売。「食べられるお茶」としてZ世代の男女ともに人気の高い商品です。

そんな食べられるお茶「咲茶」をたっぷりと使用して作られたのが「咲茶チョコレート」。国内トップパティシェ・林 巨樹さんのオリジナルレシピのもと、フランスのチョコレートブランド「KAOKA」のオーガニック栽培カカオを使用し、自然本来の味わいが楽しめるタブレットチョコレートです。


フレーバーは「咲茶ストロベリーフレーバー×ホワイトチョコレート×ピスタチオ」と「咲茶カシスフレーバー×カカオ70%のビターチョコレート×カカオニブ」の2種類。また、パッケージデザインを手掛けたのは、Manhattan Portage ART AWARD'21でグランプリを受賞したアーティスト・YUIHALF(ゆいはん)さん。シンプルながらも洗練されたデザインは、友人や大切な人へのギフトにもぴったりです。

■咲茶ストロベリーフレーバー × ホワイトチョコレート × ピスタチオ
咲茶のなかでも人気の高いストロベリーフレーバーの酸味ある爽やかな味と、口の中でとろけるホワイトチョコレートのクリーミーな甘さが特徴。ホール状のオーガニックピスタチオのゴロゴロとした食感が楽しい1枚です。ピンク×ホワイト×グリーンのキュートでポップなカラーリングは、友人や女性へのプレゼントにもオススメ。

■咲茶カシスフレーバー × カカオ70%のビターチョコレート × カカオニブ
咲茶の甘酸っぱいカシスフレーバーに、カカオ70%のほろ苦いビターチョコレートの香りが広がる大人ビターな味わい。「カカオニブ」と呼ばれるカカオの実を砕いたものを混ぜ込み、ゴリゴリとした食感とともに、カシスやチョコレートのほのかな甘みを感じられる1枚。甘いものが苦手な方にも美味しく食べていただけます。

■商品概要
商品名:咲茶チョコレート
販売価格:1,980円(税込)
生産数:100枚限定
レシピ監修:林 巨樹
イラストデザイン:YUIHALF
販売ページ:https://hanarida-official.com/products/sakucha-chocolate


咲茶チョコレートに込めた想い



今回、チョコレートを開発するにあたり、カカオ70%のチョコレートを使用したのには、理由があります。「咲茶」は原材料のほとんどがオーガニックのもの。以前から、Z世代に届ける食のプロダクトとして、当たり前のようにオーガニックの製品に触れてもらいたいという気持ちがありました。

チョコレートは、砂糖の割合が多ければ多いほど甘いだけの「お砂糖の甘さばかりに騙されてしまう」チョコレートになってしまう。そこで、カカオ本来の味を楽しんでいただくために、咲茶に合わせて、オーガニックかつ甘すぎないチョコレートを目指して、材料にこだわりました。

「咲茶をスイーツとして楽しむなら」という新たなゴールを目指して「コクや」「食感」などをプラスして生まれた「咲茶チョコレート」。「自然本来のものを味わう」という体験を、ぜひチョコレートを通じて楽しんでいただけたら嬉しいです。


YUIHALFさん プロフィール

ひとふでがきのイラストやユニセックスなデザインが特徴。[身につけているだけでちょっと気分の上がる1日になるようなものを]をコンセプトに、日々の何気ない生活で感じているメッセージを込めて制作。Manhattan Portage主催のART AWARD 2021にてグランプリを受賞。同年、UNKNOWN ASIA 2021にてスポンサー賞を含む3つの賞を受賞。


林 巨樹さん プロフィール



株式会社Bross代表。飲食業界のイノベーションを目指し、新たな働き方の提案・改善に取り組む若手実業家。2015年に「エコール 辻 東京」卒業後は同校勤務を経て渡仏、パティシエとして修業。帰国後は「クラブハリエ」に入社し、都内のフランス菓子専門店に勤務。
2018年にはパティシエのコンクールで国内3位の実績を残す。クラブハリエ退社後は食に関するフリーランスとして活動。2020年10月には株式会社Brossを設立し、食のプロの新たな働き方を提案、改善するリアルプラットフォーム作りを行っている。
また、BASEFOODの商品開発など食の分野で新たな取り組みを行うプロジェクトに多数参画中。その他にも飴細工を使いSugar Artistとしてもパフォーマンスを行っており、SNS上では「飴細工王子」とも呼ばれている。


大切な人に花を贈るきっかけ作りをするブランド「HANARIDA」



一日で1ヶ月先まで売り切れた食べられるお茶「咲茶」や、本物のお花が入った指輪「HANARING」などを販売している花のD2Cブランド。
公式HP :https://hanarida-official.com/
原宿で運営するカフェは「デジタルデトックス」がテーマ。スマホを手放し、お花や木々に囲まれて癒しのひとときを。ドライフルーツ入りの咲茶や、お花と茶葉で作られたドライフルーツシーシャなどとともに、都会の喧騒から離れた?日常を体験できる。


株式会社Bross



<企業理念>
食事をする人はもちろん、生産する人、提供する人など全ての人が『おいしい』と思える環境づくりを目指し現代にあった食文化を築いていきます。

<事業内容>
■シェアキッチン、カフェ事業
kashinoki coffeeではカフェの他に菓子製造許可の取れた特殊なキッチンで製造から販売までのシステム提供、ユーザーの商品開発からプロデュースまでをサービスとして会員様に提供しています。

■コミュニティ事業
オンラインツールを使ったWEB講習。パティシエのみならず、お菓子作りを上達したい方向けの「オンラインサロン」として全国のユーザーに有益な情報を配信します。

■Bto B事業
クライアントの意向に合わせた商品を考案します。プロダクト開発の時点から寄り添い、ペルソナとニーズを考えた上で安全に消費者が食べることができる商品作りを行います。


僕と私と株式会社



僕と私と株式会社は、Z世代を代表する企画会社です。若者向けの企画・設計やSNSマーケティングを得意とし、社員全員フルリモート・フルフレックスという新しい働き方を実施しながら、"サウナ採用"や"ウェイウェイらんど!"など、Z世代ならではの多くの企画や働き方を咲かせています。
代表:今瀧 健登

所在地:東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3階
事業内容:Z世代に関する企画・コンサルティング事業、ブランド運営
HP:https://boku-to-watashi-and.com

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら