テレビやSNSで話題の岩下の新生姜!6種類の料理に合う日本酒やレシピ動画を公開

掲載日: 2022年01月27日 /提供:ウェブクリード

岩下の新生姜を使った料理と日本酒のペアリング会を実施

株式会社ウェブクリード(本社:東京都杉並区、代表取締役:石原 雅大)は、岩下の新生姜の使った料理と合う「日本酒ペアリング会」を開催しました。





岩下の新生姜を使った料理と合う「日本酒ペアリング会」を開催しました。ペアリング会で使用した6種類のレシピと料理に合う12種類の日本酒をご紹介します。

ククコレのサイト内で、こちらで紹介しているレシピを含めたこれまでのペアリング会で使用したレシピ動画を多数掲載しています。

本プレスリリースでは、ペアリング会で使用した6種類のレシピから「イカと岩下の新生姜の酒粕炒め」のレシピ動画をご覧いただけます。その他のレシピ動画にご興味がありましたら、ぜひククコレのサイトにてご覧ください。

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/


イカと岩下の新生姜の酒粕炒め





◆おすすめの日本酒
・一ノ蔵 無鑑査 本醸造 【宮城県】すっきり辛口タイプ
穏やかな香りと爽快ですっきりとした飲み口。全体的に主張しない酒質はどんな料理にも合わせやすい万能タイプ。

・賀茂鶴 超特撰特等酒 特別本醸造 【広島県】味わい辛口タイプ
穏やかな香りはふくよかに、芳醇な旨みとの相性も良い。柔らかく優しい飲み口はどの料理にも、温度帯にも適応する万能タイプ。

<概要>
酒粕とイカの風味に岩下の新生姜のアクセントが素晴らしいこの料理にはすっきりとした料理の邪魔をしない日本酒と合わせます。酒粕の風味がこのペアリングの日本酒の効果を高め、主張しない酒質もバランスよくマッチします。

温度帯:15°C前後から45°C前後
グラス:真っすぐなガラス製のお猪口、もしくは陶器のお猪口

◆レシピを公開
寒くなるこれからの季節にぴったり!冷えを改善する食材、酒粕を使った「イカと岩下の新生姜の酒粕炒め」のレシピです。2.の工程でイカの表面に切り込みを入れること味がより馴染みやすくなります。

<材料>
イカ:1杯
岩下の新生姜:3本
酒粕、醤油、料理酒、サラダ油:各大さじ1
塩胡椒:少々
万能ねぎ:1本

<作り方>
1.イカは下処理をし、胴の真ん中に包丁を入れて観音開きにします。
2.イカの表面に斜めに切り込みを入れ、ひと口大に切ります。
3.エンペラも2と同様に切り、ゲソは食べやすい長さに切ります。
4.岩下の新生姜は斜め薄切りに、万能ねぎは小口切りにします。
5.酒粕・醤油・料理酒は混ぜ合わせておきます。
6.フライパンにサラダ油を熱し、イカを炒めていきます。
7.イカの色が変わり始めたら4の岩下の新生姜を加えます。
8.全体に油が馴染んだら5を加え、塩胡椒で味を整えます。
9.8を器に盛り付け、4の万能ねぎをトッピングして完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):20.8g F(脂質):7.0g C(炭水化物):3.6g
カロリー:178kcal
塩分量:3.3g
調理時間:20分

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/stir-fried-squid-and-iwashita-new-ginger-lees/


スモークサーモンと岩下の新生姜のピンチョス




◆おすすめの日本酒
・出羽桜 出羽燦々誕生記念酒 純米吟醸 【山形県】フルーティーなタイプ
フルーティーな香りは豊かに広がり、この酒の米の旨みとのバランスが良い。全体的にふくよかな酒質も、キレイな甘さの余韻が心地よく続く。

・高清水 磨き 35 純米大吟醸 【秋田県】爽やかなフルーティ―タイプ
爽やかな果実香が程よく広がり、繊細な味わいはすっきりとした清涼感を演出する。上品な酸味は最後のキレの余韻につながる。

<概要>
クリームチーズの酸味は、この日本酒の優しい旨みや甘味さと非常に良く合います。岩下の新生姜のアクセントで爽やかなこの料理にこの日本酒を合わせると、日本酒の米由来の甘さが引き立つようなペアリングを楽しめます。

温度帯:10°C前後
グラス:ワイングラス

◆レシピを公開
食べた瞬間、口の中に幸せが広がる一品?そのまま巻くだけでもおしゃれですが、見た目に華やかさを更にプラスしたい場合は100円均一等で販売されている飾り串を活用すると良いでしょう。

<材料>
スモークサーモン:6枚
岩下の新生姜:3本
クリームチーズ:2個(1個18g)
レモン汁、オリーブオイル:各小さじ1
黒胡椒:少々

<作り方>
1.岩下の新生姜は斜め薄切りに、クリームチーズは3等分にします。
2.スモークサーモンを広げ、1を手前に乗せて巻きます。
3.2を器に盛り付け、レモン汁とオリーブオイルを混ぜ合わせたものを上からかけます。
4.仕上げに黒胡椒をトッピングして完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):13.4g F(脂質):10.5g C(炭水化物):1.3g
カロリー:159kcal
塩分量:3.0g

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/smoked-salmon-and-iwashita-new-ginger-pinchos/


たたききゅうりと岩下の新生姜の豆板?和え




◆おすすめの日本酒
・水芭蕉 辛口スパークリング 純米吟醸 【群馬県】爽やかなフルーティ―タイプ
うす濁りの質感は日本酒ならでは。辛口のスパークリングワインのようにキリッとキレる。広がる香りはまさに吟醸香そのもの。

・八海山 発泡にごり酒 【新潟県】爽やかなフルーティ―タイプ
爽やかに広がる酸を帯びた果実香。にごりの特徴でもある、ややクリーミーな味わいと発泡のキレ味のバランスが良い。

<概要>
ピリ辛の豆板醤と岩下の新生姜の酸味に、発泡性のある日本酒と合わせます。米由来のクリーミーなにごりのタイプは、まるで生マッコリと合わせた様なペアリングを楽しめます。

温度帯: 10°C以下
グラス:ワイングラス、もしくはフルートグラス

◆レシピを公開
お酒がついつい進む!ピリッと美味しいたたききゅうりと岩下の新生姜の豆板醤和えの作り方をご紹介致します。きゅうりは低カロリーで脂肪を分解する「ホスホリパーゼ」という成分が含まれているため、ダイエット中だけど晩酌を楽しみたいという方にもおすすめの食材です。

<材料>
きゅうり:1本半
岩下の新生姜:2本
醤油:小さじ1
豆板醤:小さじ1/2
ごま油:大さじ1
塩胡椒:少々
炒りごま:小さじ1/2

<作り方>
1.きゅうりはめん棒で食べやすい大きさに割り、岩下の新生姜は千切りにします。
2.1をボウルに移し、醤油・豆板醤・ごま油・塩胡椒・炒りごまを和えます。
3.3を器に盛り付けて完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):1.4g F(脂質):6.6g C(炭水化物):3.0g
カロリー:77kcal
塩分量:1.7g
調理時間:10分

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/tataki-cucumber-and-new-ginger-doubanjiang/


岩下の新生姜入りやみつきピーマン




◆おすすめの日本酒
・大七 純米生もと 【福島県】味わい濃淳タイプ
クリーミーともいえる厚みのある香りと、
円みを帯びて広がる旨みは、まさにアミノ酸の宝庫。

・黒牛 純米 【和歌山県】米の質感を感じるタイプ
味わい豊かに穏やかな上質な造りを思わせる香りは上品に。
引き立つ米の旨みは濃淳な酒を演出し程よく広がる。

この料理のごま油の風味と岩下の新生姜の酸味に、米の旨みが際立つこの日本酒と合わせ
ます。日本酒の持つ米由来の甘さが引き立ち、まるで炊き立てのご飯と合わせている様な効
果を得られます。ピーマンの食感に、日本酒の温度帯は常温までが良いでしょう。

温度帯:20°C前後まで(冷やして常温まで)
グラス:真っすぐなガラス製のお猪口、もしくは陶器のお猪口

◆レシピを公開
こちらの岩下の新生姜入りやみつきピーマンは火を使わず、電子レンジだけで簡単に作れるのであともう一品欲しい時にも最適。お酒にはもちろん、白ご飯とも相性抜群です!

<材料>
ピーマン:5個
岩下の新生姜:2本
ごま油:大さじ1
醤油:小さじ1
砂糖:小さじ1/2
炒りごま:小さじ1/3
塩:少々

<作り方>
1.ピーマンはヘタと種を取り除き、千切りにします。
2.1を耐熱容器に移し、千切りの岩下の新生姜・ごま油・砂糖・醤油・塩を和えてふんわりとラップをかけます。
3.2を電子レンジで約2分半加熱し、お皿に移して炒りごまを散らしたら完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):1.3g F(脂質):6.6g C(炭水化物):5.9g
カロリー:87kcal
塩分量:1.4g
調理時間;15分

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/addictive-peppers-with-iwashita-new-ginger/


岩下の新生姜入り海老カツ




◆おすすめの日本酒
・寫楽 純米 【福島県】爽やかなフルーティ―タイプ
マスカットやリンゴの爽やかな果実の様な香りは派手すぎず、かつ芳醇に広がる。
清涼感のある飲み口と最後の締めくくりは上品な酸味のキレ味で。

・高清水 磨き 35 純米大吟醸 【秋田県】爽やかなフルーティ―タイプ
爽やかな果実香が程よく広がり、繊細な味わいはすっきりとした清涼感を演出する。
上品な酸味は最後のキレの余韻につながる。

<概要>
エビの風味と岩下の新生姜のアクセントが極立つこの料理に爽やかな酸と香りの日本酒と合わせます。日本酒の穏やかな酸味でこの料理の余分な油を洗い流すようなペアリングを楽しむことができます。

温度帯: 10°C前後
グラス: ワイングラス

◆レシピを公開
ぷりぷり触感がたまらない、岩下の新生姜入り海老カツのレシピです。お好みでウスターソースやオーロラソースをかけてお召し上がり下さい。

<材料>
むき海老:150g
岩下の新生姜:3本
はんぺん:1枚
マヨネーズ:大さじ1
塩胡椒:少々
卵:1枚
片栗粉、料理酒:各大さじ1
小麦粉:大さじ2
パン粉:50g
揚げ油:適量

<作り方>
1.むき海老、はんぺん、マヨネーズ、片栗粉、料理酒、塩胡椒をフードプロセッサーに加え、滑らかになるまで攪拌させます。
2.1をボウルに移し、粗みじん切りの岩下の新生姜を混ぜ合わせます。
3.2を4等分にし、手に軽く水をつけながら成形したら小麦粉をまぶします。
4.3を溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶします。
5.4を170度の油でこんがりと焼き色がつくまで揚げたら完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):26.8g F(脂質):26.3g C(炭水化物):33.6g
カロリー:489kcal
塩分量:2.9g

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/iwashita-new-ginger-shrimp-cutlet/


和風スタッフドエッグ




◆おすすめの日本酒
・田酒 特別純米 【青森県】 味わい辛口タイプ
雑味の無いすっきりとした飲み口から米の旨みが豊かに広がる味わい。清涼感と米の甘味とのバランスが素晴らしい。

・高清水 純米 【秋田県】味わい辛口タイプ
すっきりとした飲み口と穏やかな香り。膨らむ米の旨みは優しく広がり、味わい豊かなお酒を演出する。

<概要>
豊かな米の旨みは玉子の風味との相性が良く、この料理の岩下の新生姜のアクセントがすっきりとした繊細な飲み口の日本酒と非常に良く合います。

温度帯: 10°C前後
グラス: 真っすぐなガラス製のお猪口

◆レシピを公開
岩下の新生姜の甘酸っぱさと青のりの香ばしい香りがアクセント!
見た目も可愛らしく、片手でパパっと食べられるのでパーティーメニューの一品としてもおすすめです♪

【和風スタッフドエッグの作り方】
<材料>
卵:2個
岩下の新生姜:2本
マヨネーズ:大さじ1
塩胡椒、青のり:各少々

<作り方>
1.岩下の新生姜は細かいみじん切りにし、ボウルに入れてマヨネーズを和えておきます。
2.卵は室温に戻し、水から約10分程度茹でたら冷水に取ります。表面が冷めたら殻を剥いていきましょう。
3.2のゆで卵を縦半分に切り、黄身の部分を1にほぐしながら混ぜたら塩胡椒で味を整えます。
4.3を白身に戻し、青のりをトッピングして完成です。

【PFCの含有量】
P(たんぱく質):6.6g F(脂質):10.1g C(炭水化物):0.8g
カロリー:125kcal
塩分量:1.2g
調理時間:20分

<レシピ動画はこちら>
https://cookcolle.webclead.com/recipe/japanese-style-stuffed-egg/


岩下の新生姜



「岩下の新生姜」は、やさしい辛味、爽やかな香り、シャキシャキッとした歯ぎれの良さが特長のさっぱりとした味わいの生姜の酢漬け。岩下食品のオリジナルで、1987年発売のロングセラー商品です。



-ククコレ- Cooking Collection (https://cookcolle.webclead.com/



全レシピを管理栄養士が監修し、日本酒を利き酒師が監修し、その料理にマッチする日本酒をプロである利き酒師が選んでご提供するサイトです。
今までとは違う新しい出会いと発見の1つになるように、家飲み・宅飲みなどをする際にペアリングを楽しんでみませんか。旨い日本酒と美味しい料理を愉しんでください。


株式会社ウェブクリード (https://www.webclead.com/



弊社はククコレの企画・運営・構築をWEB事業部にて行っております。
社名のウェブクリードは、「web」 +「create=創造する」 +「lead=先頭を行く」を組み合わせた造語であり、新しい企画を生み出し、お客様をサポートしていく会社という想いで付けました。

【会社概要】
会社名:株式会社ウェブクリード
代表者:代表取締役 石原 雅大
事業内容:ククコレの企画・運営・構築
URL:https://www.webclead.com/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら