ダイナテック、宿泊予約システム「Direct In S4」において日帰りプラン設定を標準機能でリリース

掲載日: 2022年01月27日 /提供:ダイナテック

ダイナテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀内芳洋)は、2022年1月25日(火)に、宿泊予約システム「Direct In S4(ダイレクトインエスフォー)」において、標準機能として日帰りプラン設定をリリースいたしました。



近年要望の高まる日帰り温泉・お食事や日帰りワーケーションの利用促進に
 今回標準機能として追加された日帰りプラン設定は、宿泊を伴わない日帰りプラン(デイユースプラン)を作成する機能となります。
 設定方法は簡単で、ホテル管理システムで日帰りプランの利用を設定すると、予約画面の検索条件に日帰りプラン用のタブが表示されます。日帰りプランとして作成されたプランは、ゲスト側の予約画面内には泊数の選択が表示されず、日帰りとして扱われます。
 日帰りプラン設定は施設様側からのご要望も多くいただいていた機能で、限られた時間でのリフレッシュにぴったりな日帰り温泉・お食事、またコロナ禍で需要の増している日帰りワーケーションやリモートワーク向けプラン等の設定が可能となり、宿泊のない時間帯のお部屋を最大限に活用することができます。

Direct In S4について
 ダイナテック株式会社が開発した、業界No.1の導入施設数の自社予約システム「Direct In」の最新モデルです。(初期費用0円/月額7500円~)
 自社予約システムとしての必要十分な基本機能に加え、「ソーシャルログイン」や「自動翻訳付き多言語機能」にてさらなる機能強化を実施しています。加えて、最短3ステップで予約が完了する動線設計でのUIデザイン一新や、表示速度の抜本的な改善による機会損失の防止などで、施設の売上に大きく貢献します。
 また、業界で唯一公式サイトプランをYahoo!トラベルにもメタサーチ連携できる「D-RISE」も標準機能として提供しています。(別途手数料)
https://www.dyn.co.jp/product/directin/

ダイナテック株式会社について
 オープンプラットフォームなホテルシステム「Dynalution(R)」、自社予約システム「Direct In(R)」の2つのシステムを柱に、創業以来30年以上日本中の宿泊施設様にトータルソリューションを提供。『LINK Smile』をミッションに掲げ、今後も安心してお使いいただくためのシステム増強およびセキュリティ強化にも積極的な投資を行い、分かりやすく、使いやすいシステムの提供で省力化と業務効率化をご提案いたします。

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら