ネスプレッソ初のオーガニックコーヒー、生産地の再生を支援し、復活を遂げた味わい リヴァイヴィング・オリジンズ「カハワ・ヤ・コンゴ」

掲載日: 2022年01月19日 /提供:ネスレネスプレッソ

「オリジナル」2022年2月2日(水)、「ヴァーチュオ」2022年2月9日(水)数量限定発売

カプセルコーヒー、専用コーヒーメーカー、“至福のコーヒー体験”をお楽しみいただくためのトータルサポートを提供することにこだわり続けている「NESPRESSO(ネスプレッソ)」(ネスレネスプレッソ株式会社 本社:東京都品川区、代表取締役社長:ピエール・デュバイル)は、コーヒー生産の危機にさらされている地域の復活を目的としたネスプレッソ独自のプログラム「リヴァイヴィング・オリジンズ」から生まれた、コンゴ産のオーガニックコーヒー豆を使用した、「オリジナル」「ヴァーチュオ」向け数量限定コーヒー「カハワ・ヤ・コンゴ」を2月2日(水)より順次発売します。



ネスプレッソは、コーヒーチェリーの栽培からコーヒーを味わっていただく瞬間まで、専門家が情熱を注いで作り出した至福の一杯を皆様にお届けしています。ネスプレッソは、内戦や経済困窮、自然災害など世界各国で様々な課題を抱える地域のコーヒー産業の再活性化を、ネスプレッソ独自の「リヴァイヴィング・オリジンズ プログラム」を通じて支援し、高品質なコーヒーの栽培と収穫を再開した生産者たちの生活の向上に取り組んでいます。このたび数量限定で発売するのは、ネスプレッソ初のオーガニックコーヒー「カハワ・ヤ・コンゴ」(「オリジナル」「ヴァーチュオ」向け)です。

類まれな味わいと、人々の豊かな生活を取り戻すために
世界でも有数の優れたコーヒーの生産地と称されていたコンゴ民主共和国。1990年代初期、コーヒーはコンゴにとって重要な輸出品でしたが、2000年代初期より、紛争や政治不安の影響を受け、その生産量はおよそ10分の1まで減少しました。東コンゴのキヴ湖畔に沿って続く、雨量の多い火山性土壌の地域は、アラビカ種コーヒーにとって理想的なテロワールですが、長きにわたり放置されていました。
2020年8月、ネスプレッソはコンゴ民主共和国におけるコーヒー産業の再活性化に向けた長期的な取り組みへの着手を発表、コンゴの貴重な味わいのコーヒーを取り戻し、再びコーヒー愛飲家にお届けするべく始動しました。また、南キヴ州で暮らす人々やコーヒー生産者の生活を守るため、ネスプレッソは100万スイスフランを投資し、非営利団体「東コンゴ・イニシアティブ(ECI)」とパートナーシップを組み、約80,000人もの人々への安全な水の供給や健康管理の体制を整えました。

理想的なテロワール、火山性土壌で育まれたオーガニックコーヒー
キヴ湖畔の豊かな火山性土壌は肥沃な大地をもたらします。この火山性土壌を活かしてコーヒーを栽培、オーガニック認証を受けたコーヒーが育まれました。「オリジナル」向け、「ヴァーチュオ」向け、共にトーストした穀物のような香り、ナッツのような香り、マイルドなフルーティーさとなめらかさが特長のコーヒーです。

~数量限定コーヒー 「カハワ・ヤ・コンゴ」 製品概要~
販売チャネル:
全国の直営店舗 ネスプレッソブティック/ネスプレッソミニ/ネスプレッソショップ
フリーダイヤル0120-57-3101
公式ウェブサイトhttps://www.nespresso.com

「オリジナル」向けコーヒー
発売日:2022年2月2日(水)
価格:1本(10カプセル入) 本体価格 1,700円、税込価格 1,836円
おすすめの抽出量:エスプレッソ(約40ml)、ルンゴ(約110ml)
味わいの強さ:7


「ヴァーチュオ」向けコーヒー
発売日:2022年2月9日(水)
価格:1本(10カプセル入) 本体価格 1,900円、税込価格 2,052円
抽出量:マグ(約230ml)
味わいの強さ:6


◆「リヴァイヴィング・オリジンズ プログラム」について◆
2011年に、ネスプレッソと南スーダンのイェイ地区で暮らす生産者との共同作業がスタートしました。内戦を理由に農業を離れたスーダンの生産者たちが終戦を迎えて家に帰ったとき、そこで目にしたのは、見るからに不毛な荒れ果てた大地と不透明な未来だけでした。これを機にネスプレッソは、地域のコーヒー産業の再活性化を支援し、また高品質コーヒーの栽培と収穫を再開した生産者たちの暮らしの向上にも取り組みました。

「リヴァイヴィング・オリジンズ プログラム」は、現地のニーズはもとより、大地と人々に投資したいというネスプレッソの願いからスタートしました。2015年と2016年には、「スルージャ・ティ・サウス・スーダン」の数量限定コーヒーが同国の石油に次ぐ輸出品となり、世界で最も若い国の経済基盤の多様化に貢献しました。続き、コロンビアの旧紛争地域であるカケタ産のコーヒー、大型ハリケーンの被害を受けたプエルトリコなど数か国のコーヒー生産農家と共に生まれたコーヒーを限定発売、2019年より正式に「リヴァイヴィング・オリジンズ プログラム」を始動しました。ネスプレッソは今、こうした地域の大地で自然の命が復活し、人々が希望を取り戻しつつあることを実感しています。

ネスプレッソの願いは、希少なコーヒーを見つけそれを守ること、コーヒー生産における伝統を守ること、ネスプレッソの非常に高い水準を満たす高品質なコーヒーの調達を続けることです。


ネスレネスプレッソ社について https://www.nespresso.com
コーヒーチェリーから至福の一杯まで、情熱を込めて

ネスプレッソは、1986 年に発売を開始して以降、カプセル式コーヒー市場のパイオニアとして、常に革新を起こし、世界中の人々のコーヒーの楽しみ方に変化をもたらしてきました。
味わい豊かなコーヒーは、上質なコーヒー豆からつくられます。ネスプレッソでは、世界中を旅する専門家が、テロワールといわれる標高、気候、土壌の厳しい条件を満たしたごくわずかな生産地を選択して栽培。さらに、コーヒー豆一粒一粒を大切に、ダイヤモンドを扱うように、収穫や精製、選別を行っています。
また、上質なコーヒー豆を安定的に調達し、生産者に対して経済的・環境的・社会的にポジティブな影響を与えることを目的とした独自の「AAA サステイナブル・クオリティ(持続可能品質)™プログラム」からコーヒー豆を入手しているのも特徴です。焙煎やブレンドなどの各工程におけるスイスの専門家たちが作り出したコーヒーは、鮮度を守るアルミニウム製カプセルに包まれ、コーヒースペシャリストの手から、お客様の手に渡ります。使用済みのカプセルは、回収ボックス設置のブティックにてリサイクルに向けて回収をしています。
コーヒーチェリーの栽培から、コーヒーを味わっていただく瞬間まで、そして飲み終えたその先まで、ネスプレッソは情熱を込めて至福の一杯をお届けしています。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら