産地と連携、2021年産りんごの初搾りジュースを発売

掲載日: 2021年12月02日 /提供:ONE・GLOCAL

“品種の多様性”と“資源の有効活用”がテーマ

2020年に誕生し、「地域の素材とものがたり」をテーマにものづくりや地産品の紹介をする「ひとつひとつ」は、2021年に収穫したばかりのりんごを使った“初搾り”のジュースを12月1日(水)に発売しました。今年は全11種のアイテムに増え、りんごの多様性を感じられる充実のラインナップをお届けいたします。





「2021樹上完熟手摘みりんごそのままジュースとスパークリング」シリーズ


青森県五所川原の「御所川原」  五所川原市近郊で栽培される昔からの品種。鮮やかなルビー色の果肉でポリフェノール価が高く、アントシアニンが豊富。野生的でどこか懐かしい、すっきりとした酸味とほのかな甘味。 ?りんごジュース:180ml、500ml、1L ?りんごスパークリング:500ml
青森県弘前市の「紅の夢」   弘前大学が開発し2010年品種登録。母系に紅玉、果肉は薄紅色で甘酸っぱく、生でよし、加工してよし。果肉にもポリフェノールの一種アントシアニンを豊富に含む。 ?りんごスパークリング:500ml


青森県弘前市の「千雪」  桃のようと評される優しい甘さと香りの高さが特徴。褐変しない特徴を持つ世界的にも珍しい品種で白く美しいジュース。赤い果皮に散る白雪模様がその名の由来。 ?りんごジュース:180ml、500ml
福島県伊達市の「グラニースミス」  海外ではアップルパイによく用いられるが国内の生産は希少。キリッとした酸味と青りんごらしい爽やかな香りが特徴。 ?りんごジュース:180ml、500ml



                                  

●4つの品種を“シングルオリジン”で味わい比べる

国内で生産されるりんごの約50%以上が「ふじ」を占める中、産地には様々な品種のりんごが存在します。品種ごとに甘味、酸味、香りに特徴があり、果皮や果肉の色もさまざま。年ごとの気象状況によっても味わいは異なり、まるでワインのよう。品種ごとの特徴から種の多様性を知り、テロワールを味わう。りんご栽培に情熱を注ぐ生産者、産地へと思いを巡らせ、一層味わい深くお楽しみいただけます。

●おいしさの頂点「樹上完熟」の味わいをぎゅっと瓶詰めに
「ひとつひとつ」では、りんご農家と連携して、樹上でしっかりと完熟させたりんごを一つひとつの顔を見ながら収穫し、搾りたてのジュースにしてお届けします。デリケートな色合いや味を引き出すため、工場でも搾汁時間や工程に細心の注意を払い、製造しています。

●保存料・添加物一切なし、ブレンドなし、の生一本
りんごの“素顔”をお届けしたい。そう考えて、酸化防止に用いられる保存料(ビタミンC)等を添加していません。何も加えず、素材のもっともおいしい味をストレートに楽しんでいただけます。

●ノンアルコール派の食中ドリンクに最適な、2種のスパークリング
「御所川原」と「紅の夢」、炭酸を加えた2種類のスパークリングをご用意しました。すっきりした酸味と甘味の程よいバランス、炭酸の爽やかな口当たりがお料理を引き立てます。シャンパングラスに注げばテーブルがぐっと華やぎます。


●人気シェフ、星付きシェフも注目
産地に心を寄せ、サステナビリティの意識が高いシェフたちが注目。生産者との絆を大切にリストランテとグローサリーを展開する「クインディ」(イタリア料理・代々木上原)、レストランの枠を超えて活躍する鳥羽周作シェフ率いる「sio」(フランス料理・代々木上原、ミシュラン1ツ星)、日本からガストロノミーを発信する松本一平シェフの「ラ ぺ」(フランス料理・日本橋、ミシュラン1ツ星)、フランス料理の高度な技のうえに中東やアジア等の多様な食文化を取り入れる和知徹シェフの「マルディグラ」でも採用され、食中のノンアルコールドリンクとしてお楽しみいただいています。

●今年初リリース! 「2021完熟果実そのままネクター」(川中島白桃、洋梨・バートレット)
桃や洋梨は収穫後に店頭に並び追熟して食べますが、短い収穫期に産地では出荷しきれない完熟果実が廃棄されてしまう現実があります。「ひとつひとつ」は、産地で完熟した桃と洋梨に注目。傷んだ部分を全て手作業で丁寧に取り除いて、やわらかい完熟果実をすり潰し、水も加えずにそのままピュレ状のジュースに仕上げました。トロッとした濃厚さ、完熟果実の美味しさをお届けします。
左「2021完熟果実そのままネクター(川中島白桃)」、右「2021完熟果実そのままネクター(洋梨・バートレット)」、各180ml。
●ギフトに最適! 厳選素材のおかき、茶の実100%のネイルペンも販売

お歳暮や年末年始の贈り物にぴったりの【ジュース・ネクターセット】をはじめ、原料のもち米からこだわる化学調味料不使用の【おかき】、女性へのギフトに最適、耕作放棄地のお茶の実100%の贅沢な【Tea Seed Oil ネイルペン】などもラインナップ。この機会にぜひECサイトでご覧ください。



左「富山南砺市発 おかきおもたせセット」
右「茶の実100% Tea Seed Oil ネイルペン」


●明治屋広尾ストアーにて12/1(水)~7(火)までPOP-UP販売決定!
2021年リリースのりんごジュース、りんごスパークリング、ネクターを店頭でご紹介。ぜひお手に取ってご覧ください 。
「明治屋広尾ストアー」 東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ1階
10:00~20:00 / 年中無休(但し、1月1日~2日は定休日。他臨時休業日3日あり)
http://meidi-ya-store.com/store_all/hiroo_store
取扱商品
「2021樹上完熟手摘みりんごそのままジュース」(御所川原、千雪、グラニースミス)
「2021樹上完熟手摘みりんごそのままスパークリング」(御所川原、紅の夢)
「2021完熟果実そのままネクター」(川中島白桃、洋梨・バートレット)


●「ひとつひとつ」とは



2020年12月に誕生。「地域の素材とものがたり」をキャッチフレーズに、日本各地の希少品種や在来種、未利用素材など、様々な理由で「活用されていない農作物」にフォーカスし、SDGs視点からの新しいものづくりや、素材の持ち味を生かした商品の発掘、紹介をしています。12月にECサイトをリニューアル、少しずつ商品を増やしています。
ECサイト:https://hitotsu-hitotsu.net




提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら