堀口珈琲×コエドブルワリー コラボレーション第4弾COFFEE LAGER【黒艶-Kokuen-】 と COFFEE ALE 【織香-Worka-】11月12日(金)数量限定で同時リリース!

掲載日: 2021年10月21日 /提供:堀口珈琲

 スペシャルティコーヒー専門店の株式会社堀口珈琲(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:若林恭史)はクラフトビールメーカーの株式会社協同商事コエドブルワリー(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:朝霧重治)との4回目のコラボレーションを実施し、新作となる【黒艶 -Kokuen-】(こくえん)と昨年発表しご好評いただいた【織香-Worka-】(うぉるか)を2021年11月12日(金)より同時発売いたします。  両銘柄とも、堀口珈琲のオンラインストアと上原店、コエドブルワリーの公式通販サイトCOEDO ONLINE SHOPと川越の直営店COEDOKIOSK、埼玉県の一部の酒販店にてお求めいただけます。



[ 堀口珈琲ブランドサイト ]
https://www.kohikobo.co.jp


『織香-Worka-』と『黒艶-Kokuen-』



職人同士のこだわりが詰まった、唯一無二のコラボレーション


「スペシャルティコーヒーとクラフトビールの多様性を感じられる商品づくり」をコンセプトに、2018年よりコラボレーションがスタートしました。
両社の職人、ロースターとブルワーが、クラフトマンシップを発揮することで、「新たな味わい」の可能性を追求し、毎年異なるスタイルに挑戦する、堀口珈琲 × COEDO のオリジナリティ溢れるコラボレーションシリーズです。過去にはヨーロッパ最大級のビアコンペティション受賞の銘柄なども生み出しています。


COEDOのブルワーと堀口珈琲のロースター試作の様子

堀口珈琲オンラインストアに特設ページを開設し、コラボレーションの経緯や工場視察の様子、これまでのラインナップなどを詳しくご紹介しています。

特設ページURL:https://kohikobo.com/html/page120.html


商品概要


『黒艶-Kokuen-』も『織香-Worka-』もあらかじめ醸造したビールに焙煎したコーヒー豆を漬け込み、モルトやホップでは得られないアロマ、フレーバーを作ります。




【黒艶 -Kokuen-】

使用するコーヒー豆はエチオピア「ウォルカ アダメ・マゾリョ ナチュラル フレンチロースト」。堀口珈琲が焙煎し、コエドブルワリーが醸造した「シュバルツ」スタイルのビールに漬け込みました。コーヒーとモルト(麦芽)のそれぞれの柔らかなロースト感と、なめらかで濃厚なコクと甘味のなかに、コーヒーの果実感が綺麗に溶け込んでいます。余韻は長く続き、見た目は黒ビールでありながらも、華やかで上品なコーヒーラガーに仕上がりました。





【織香-Worka-】

使用するコーヒー豆はエチオピア「ウォルカ ウレインチニーチャ ウォッシュト シティロースト」で、ベースとなるビールは「アルト」スタイルです。「織香」という名のとおり、ビールの中にコーヒーの華やかな香りと果実のような風味が織り重なる、繊細かつ重層的な味わいです。秋から冬にかけて季節が少しずつ移りゆく中で、じっくり味わいながらお楽しみいただけるコーヒーエールです。



2種飲み比べの魅力



『黒艶-Kokuen-』『織香-Worka-』に使用するコーヒー豆の産地は、両方ともエチオピアの西南部にある「ウォルカ」という地域になりますが、同じ地域内でも集落が異なります。さらに精製方法(※)も異なるため、味わいの違いを明確に感じられます。それぞれのコーヒー豆の素材の魅力をより引き出すために、異なる焙煎度に仕上げています。


「ウォルカ」訪問時の様子


両社の職人、ロースターとブルワーは、このようなコーヒー豆の個性と、ベースとなるビールの個性を掛け合わせたときに、それぞれが最高のパフォーマンスを発揮し、相乗的にさらなるおいしさへと導くべく、工夫を凝らし、レシピを完成させました。完成したものはそれぞれに個性があり、アロマやフレーバーに違いがありますので、飲み比べていただくことで、よりお楽しみいただけます。


『黒艶-Kokuen-』『織香-Worka-』を飲み比べながら、スペシャ ルティコーヒーとクラフトビールの味わいの個性をご堪能ください。





コエドのブルワー目黒氏

(※)「精製」とは、コーヒー焙煎豆の原料であるコーヒーの種子を果実から取り出し、乾燥させる方法のことです。「ナチュラル」はまず果実のまま乾燥させてから種子を取り出すのに対し、「ウォッシュト」はまず果肉を取り除いてから種子を乾燥させます。この違いで、コーヒーの味わいにも違いが生まれます。



商品詳細




?? 商品名:【黒艶-Kokuen-】(こくえん)


・原材料…麦芽、コーヒー豆(エチオピア「ウォルカ アダメ・マゾリョ ナチュラル」フレンチロースト)、ホップ
・種類…発泡酒(麦芽比率50%以上)※
・アルコール度数…5.0%
・内容量…333ml
・価格…396円(税込)



?? 商品名:【織香-Worka-】(うぉるか)


・原材料…麦芽、コーヒー豆(エチオピア「ウォルカ ウレインチニーチャ ウォッシュト」シティロースト)、ホップ
・種類…発泡酒(麦芽比率50%以上)※
・アルコール度数…5.0%
・内容量…333ml
・価格…396円(税込)


※酒税法上、製造工程の関係で「発泡酒」扱いとなります。


販売チャネル

??堀口珈琲での販売

・堀口珈琲オンラインストア
11月12日(金)から、黒艶-Kokuen-3本・織香-Worka-3本 合計6本入りを期間限定で販売します。特設ページを開設し、これまでのコラボレーションの経緯や工場視察の様子、詳しい商品のご紹介をしています。
https://kohikobo.com/html/page120.html

・堀口珈琲上原店
11月12日(金)から両銘柄とも1本ずつのばら売りでの販売予定です。
住所:〒151-0064 東京都渋谷区上原 3-1-2 電話番号:03-6804-9925
営業時間:10:00 ~ 19:00 定休日:日曜日(祝日営業)

??COEDOでの販売

・川越市内および全国の取り扱い酒販店
・COEDO ONLINE SHOP公式通販にて(先行予約販売:10月29日より)
https://webshop-coedobrewery.com


〈 ラベルデザインについて 〉
それぞれのコーヒー豆のキャラクターやローストの違い、プロダクトコンセプトがデザインのテーマとなっています。

深く焙煎することで得られるスモーキーさやコク、そしてコーヒー豆の艶やかさが『黒艶-Kokuen-』という名の由来で、様々な表情を感じとることができる「黒のゆらめきの世界」をテーマとしたデザインに仕上げています。



『織香-Worka-』は、コーヒー豆のフローラルやスパイシー、複雑な果実感を想わせる香りと、ホップやモルト由来の香りとが重なり合い、織り込まれていくようなイメージで造りました。「香りを織る」というコンセプトに、糸の束が折り重なるようなグラフィックデザインとなっています。


※Designed by Eight Branding Design


〈 コエドブルワリー(COEDO)について 〉





 COEDOは、1970年代から先駆けて有機栽培や特別栽培により生産される農産物を取り扱う青果事業を中心とする(株)協同商事が設立母体の埼玉県川越市発のブルワリーです。同地域の名産品であり、落ち葉堆肥農法という循環式農業で栽培されるさつまいも「紅赤」の規格外品と連作障害対策の緑肥としての大麦の有効活用を着想の原点に、ビール醸造を1996 年に開始しました。
「Beer Beautiful」をコンセプトに掲げ、「紅赤-Beniaka-」を筆頭に、日本の職人たちの細やかなものづくりと『ビールを自由に選ぶ』というビール本来の豊かな味わいの魅力をクラフトビール「COEDO」を通じて、武蔵野の農業の魅力とともに発信しています。
 シカゴ・ワールドビアカップ、ニュルンベルク・ヨーロピアンビアスター、ブリュッセル・iTQiなど、世界の品評会で受賞し、品質とブランドデザインにグローバルな評価を得ており、各国に輸出もされています。
2020 年 7 月には、川越駅西口 に「ブルワリーのある街づくりの共創」をコンセプトに、新業態となる醸造所併設レストラン「COEDO BREWERY THE RESTAURANT」と生ビールを専用容器「グロウラー」でテイクアウトできる小さな売店「COEDOKIOSK」をオープンしました。

ブランドサイト:https://www.coedobrewery.com/jp/
COEDO ONLINE SHOP:https://webshop-coedobrewery.com


〈 堀口珈琲について 〉




「THE NEW COFFEE CLASSIC」をブランドコンセプトに、コーヒーの価値を高め、みなさまの豊かな 暮らしに貢献することを目指しています。コーヒー豆の焙煎(ロースト)と販売を中核業務として、コーヒー生豆の供給や喫茶店の運営も行なっています。スペシャルティコーヒー専門店として、最高品質(ハイエンド)の生豆だけを使用。長期的な信頼関係を有する生産者からその多くを調達しています。昨今の 風潮とは一線を画しシングルオリジン (ストレート)や浅煎りに偏重することなく、ブレンドや深煎りも 重視。多彩なシングルオリジンとともに、定番ブレンド9種、期間限定の特別ブレンドをラインナップ しています。サンドイッチやケーキなどのフード類も内製し、コーヒーとフードがさらにおいしくなるペアリングを追求したメニューを提供。コーヒーの多様な楽しみ方を提案しています。


創業:1990(平成2)年 5 月
設立:1996(平成8)年 7 月 19 日
本社所在地: 〒156-0055 東京都世田谷区船橋 1-12-15
従業員数 :72 人(2021年 9 月末現在)
代表者名 :代表取締役社長 若林恭史
主要事業 :コーヒー生豆の供給・焙煎加工、 コーヒー焙煎豆の販売、喫茶店の運営

ブランドサイト https://www.kohikobo.co.jp/
オンラインショップ https://kohikobo.com/

[ 店舗一覧 ]
https://www.kohikobo.co.jp/shop/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら