世界で最も過酷な400m走が帰ってくる!Red Bull 400 世界選手権 参加者募集

掲載日: 2021年06月25日 /提供:レッドブル・ジャパン

エニタイムフィットネスとのキャンペーンも開催中

レッドブルは 9月26 日(日)北海道札幌市の大倉山ジャンプ競技場でヒルクライムのスプリントレース「Red Bull 400(レッドブル・フォーハンドレッド)」の世界選手権を開催します。本大会にご参加頂ける方を7月2日(金)17:00 より www.redbull.com/400JP で募集します。



2019年の大倉山ジャンプ競技場での大会の様子 (C)?Suguru Saito/Red Bull Content Pool

Red Bull 400はスキージャンプのラージヒルを利用するヒルクライムのスプリントレースで、世界で最も過酷な400m走とも言われています。最高斜度37度の壁に体力の限界が試されるこのレースは2011年にオーストリアで初開催され、年々規模が拡大。日本では2017年から2019年まで3年連続で開催。2017年世界選手権では、日本大会の女子部門を制した田中ゆかりさんが見事初代世界女王の座に就くという快挙も成し遂げました。今年も日本を含む世界10ヵ国以上での開催を予定しています。
そしてこの度、札幌で開催予定のRed Bull 400への招待が当たる、エニタイムフィットネスとのコラボレーションキャンペーン「ステイフィットチャレンジ」を開催します。

<開催概要>
大会名称:

Red Bull 400 World Championship(レッドブル・フォーハンドレッド世界選手権)

開催日:


2021年9月26日(日) 8:00受付開始 (イベントは16:00終了予定)

会場:


大倉山ジャンプ競技場 (北海道札幌市中央区宮の森1274)

内容:
スキージャンプ競技場のラージヒルで行うヒルクライムのスプリントレース
コースの長さは400m、平均斜度:35度、最高斜度37度
種目は、フルディスタンス個人(男子、女子)と、4×100m リレー(男子、オープン、学生チーム対抗)の5カテゴリー
個人は予選と決勝を実施。リレーは決勝のみ
※リレーの男女混合または女子のみのチームはオープンでの参加となります。
定員:

個人 360名(男子、女子合わせて)
リレー 90チーム360名(男子、オープン、学生チーム合わせて)

参加資格:


16歳以上の健康な男女 (未成年の場合は保護者の同意が必要)

参加費:


個人(一般)8,000円/人・(学生)5,000円/人
リレー (学生チーム対抗) 10,000円/チーム
リレー (男子、オープン)16,000円/チーム

※すべて税込、スポーツ傷害保険含む
賞品:

優勝:後日発表
副賞:Theragun Elite(フルディスタンス男女上位3名に1台ずつ)



エントリー窓口:


www.redbull.com/400JP (定員になり次第エントリー締め切り)

エントリー開始日:


7月2日(金)17:00

主催:


レッドブル・ジャパン株式会社

協賛:


エニタイムフィットネス

協力:


さっぽろグローバルスポーツコミッション

後援:


札幌市


<ステイフィットチャレンジ開催概要>
キャンペーン名称:

ステイフィットチャレンジ

開催期間:


2021年7月31日(土)まで

当選者発表:


2021年8月頃 ※当選者のみへ通知

参加方法:


抽選フォームの申請・指定方法でのInstagram投稿でご参加頂けます。
詳細はエニタイムフィットネスのウェブサイトでご確認下さい。
www.anytimefitness.co.jp/next-standard-fitness/nsf202104/cp202106/

対象店舗:


全国のエニタイムフィットネス店舗 ※一部店舗を除く

賞品:


A賞 Red Bull 400 招待券 20名

※札幌への往復の交通及び宿泊、参加費を含む


B賞 オリジナルギフトボックス 500名

備考:
エニタイムフィットネス未入会の場合は、1日体験デジタルチケットを利用してキャンペーンにご参加いただけます。


スタートの合図と共にジャンプ台のスロープを目指してダッシュ(C)Suguru Saito /Red Bull Content Pool


普段とは違う景色が広がる大倉山ジャンプ競技場 (C)Suguru Saito /Red Bull Content Pool


立ったままでは登れない最大斜度37度のスロープ(C)?Jason Halayko/Red Bull Content Pool

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら