アパホテルはワクチン接種を応援します!ワクチン接種日帰りプラン+500円で宿泊可能

掲載日: 2021年06月17日 /提供:アパホテル

 アパホテルネットワークとして全国最大の666ホテル102,708室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2‐3 社長 元谷 芙美子)は、新型コロナウィルスのワクチン接種を応援すべく、日本国内のアパホテル全店で「ワクチン接種日帰りプラン +500円で宿泊可能」を販売する。


「アパ直」アパホテル公式サイト
https://www.apahotel.com/news/detail/37736/

 「ワクチン接種日帰りプラン」は当日朝8時から夜20時までの最大12時間客室を利用できるようにすることに加え、体調不良等で急遽宿泊に変更したい場合は1室あたり500円のみの追加料金で翌日11時チェックアウトの宿泊へと変更することが出来る。

 ワクチン接種後の一時的な体調不良に備えて長時間客室を利用できるプランを販売することで、より多くの方がワクチン接種を安心して行っていただけるようにする。

 アパホテルでは昨年2020年5月から接触感染、飛沫感染対策を強化した衛生基準を策定する等、お客様に安心・安全な滞在を提供できるように努めている。今後も新型コロナウィルスの早期収束にむけて、アパホテルとしてできる協力を行っていく。

■プラン詳細

※販売期間はワクチン接種状況等により、変更する場合がございます。


■アパグループリリース資料
https://prtimes.jp/a/?f=d18265-20210616-8174.pdf

「アパ直」からなら、比較なしで最安値。
https://www.apahotel.com/

アパホテル公式アプリ「アパアプリ」
https://apahotel.com/qr_app/

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の666ホテル・102,708室※(海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開している。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では、東京都心でトップを取る戦略を開始。現在、東京23区内で直営ホテル78ホテル・19,000室※を展開している。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-II(第二次頂上戦略)」では、東京都心から地方中核都市へとエリアを広げ、大型タワーホテルの出店も積極的に進めていき、アパホテルネットワークとして10万室展開を達成。現在、首都圏・関西を中心にタワーホテル2棟・3,764室を含む25棟・9,750室を建築・設計中である。2020年4月にスタートした「SUMMIT 5-III(第三次頂上戦略)」では、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2025年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。※建築・設計中含む

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら