『音楽』と『芸術』、『緑』と『珈琲の香り』が溢れるトコロ。豊中市立文化芸術センター内にカフェ「ORION COFFEE」が6月2日オープン。

掲載日: 2021年06月03日 /提供:合同会社COTATSU

降り注ぐ音楽、観葉植物に囲まれながらココロのスイッチができる場所をお届けします

合同会社COTATSU(本社:大阪府豊中市、代表社員豊田和敬)は6月2日(水)、豊中市立文化芸術センター内にカフェ『ORION COFFEE』をオープンいたしました。素晴らしいコンサートホール「豊中市立文化芸術センター」が提供する「音楽」「芸術」と、「地域住民の皆様」を、誰もが入りやすい「カフェ」でもっとつなぎたいという想いから生まれたお店です。 天井に設置されたスピーカーから降り注ぐクラシックやジャズの音楽、4mを超えるジャスミンの木のシンボルツリー、ちょっと上質でナチュラルなお店の中に漂う、当店のためだけに焙煎、ブレンドして頂いた珈琲の香り。 「豊中市立文化芸術センター」は地域の皆様、みんなの場所。こんな素晴らしい施設が自分の住む街にある喜びをもっと感じて頂けたら、そんなお手伝いができたら、私達の願いです。




■ 改めて知ってほしい「豊中市立文化芸術センター」
阪急宝塚線曽根駅から徒歩数分の好立地にある「豊中市立文化芸術センター」。デザインと吸音性を見事に両立させた木製壁面の大ホールは、音の広がりがとても良くその美しさに惚れ惚れします。豊中市内で発掘された太古の生き物「マチカネワニ」の標本のレプリカや美術品やアートも展示されており、博物館や美術館のように気軽にご利用いただける施設です。
HP:http://www.toyonaka-hall.jp/
豊中市文化芸術センター
大ホール

■ ORION COFFEE 概要
観葉植物に囲まれた空間に天井からクラシックやジャズが降りそそぐ
天井に備え付けられたスピーカーはコンサートホールならではのクオリティ。クラシックやジャズが降りそそぎます。4mを超えるジャスミンの木のシンボルツリーや数々の観葉植物がちょっと上質でナチュラルな空間を演出します。
上質でナチュラルな空間


たくさんの植物
香り高い珈琲とリラックスできることを追求した紅茶
お砂糖やミルクがいらないコーヒーを目指して、当店のために焙煎、ブレンドして頂いた珈琲豆。リラックスできる紅茶の茶葉を探しもとめてたどり着いた、紅茶文化現代の名匠、スティーブン・スミス氏のブランド「スミス・ティーメーカー」の茶葉。上質でこだわりあるものをセレクトしていますが、公共施設ですからリーズナブルな価格でご提供しています。
オリジナルの珈琲豆
スミス・ティーメーカー

牧場で食べたようなソフトクリーム
サッポロビールの営業マン時代、赴任先の北海道別海町の牧場で食べたソフトクリームが忘れられなくて。牧場で食べる、あの濃厚なミルク感のソフトクリームをご用意しました。他パスタやホットサンドなどの軽食も準備しております。


■ ORION COFFEE 店舗概要
住所:大阪府豊中市曽根東町3-7-2 豊中市立文化芸術センター内 
最寄り駅:阪急宝塚線曽根駅 徒歩3分
電話:06-4400-3760
メール:orioncoffee@cotatsu.info
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜日 (他施設の休館日に準する)

■ 経営母体合同会社COTATSU紹介
いくつもの飲食店や企業で働き、色んな人に出会ってきた40あたまの男3人。今まで残してきたものを振り返り、そしてこれから何を残すことができるだろう、と考えました。今、想うことは、人に優しく、親切に、ゆっくりと生きたい。そんな願いをかなえる場所をつくり、街や人たちと分かち合いたい。温かいこたつのように関わる人たちのココロの温度を1度上げたい。
「CO 一緒に」「TATSU 立ち上がろう」
「こたつ」に入りながら、会社を作ることを決めました。大きくなることは目指しません。
ゆっくりと愛され続ける会社を目指しています。
社名:合同会社COTATSU
住所:大阪府豊中市曽根西町3-7-31-101
設立:2020年10月
代表:代表社員 豊田 和敬 (とよだ かずのり)
HP: https://www.cotatsu.info

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら