有限会社クロシオ水産に資本参加することについて

掲載日: 2019年08月26日 /提供:極洋


2019 年 8 月 26 日
株式会社 極 洋

有限会社クロシオ水産に資本参加することについて

株式会社極洋(代表取締役社長 井上誠)は、水産物の養殖事業を行っております、 有限会社クロシオ水産(以下、「クロシオ水産」)に資本参加することで同社と合意に至りましたので、お知らせいたします。

クロシオ水産は 1989 年の創業以来、高知県宿毛湾にて真鯛を主体にカンパチ、ヒラマサ、シマアジなどの養殖を行っており、最近はブリヒラの養殖も行うなど、新しい魚種の養殖にも積極的に取り組んでおります。

今回の資本参加は中期経営計画「Change Kyokuyo 2021」の「資源アクセスの強化」に沿ったものであり、調達力の多様化や安定供給の維持・拡大に資するものと考えております。

また当社グループで養殖から生鮮加工、販売までの一貫した体制を構築することで、安心安全で、より魅力的な商品を提供してまいります。

【資本参加について】
1.出資持分 70%
2.出資予定日 2019 年9 月末

【有限会社クロシオ水産会社概要】 2019 年4 月末現在
1.創業 1989 年12 月
2.代表者 代表取締役社長 横井 忠志
3.住所 高知県幡多郡大月町泊浦373 番地
4.資本金 5 百万円
5.事業内容 水産物の養殖並びに販売業務
6.売上高 838 百万円
7.従業員 9 名


最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら