酒米の新品種信交酒545号「山恵錦」について関係者が一堂に会して意見交換を行う「産地検討会」を開催します

掲載日: 2019年08月16日 /提供:長野県庁

更新日:2019年8月16日

酒米の新品種信交酒545号「山恵錦」について関係者が一堂に会して意見交換を行う「産地検討会」を開催します

酒造好適米の新品種「信交酒545号(山恵錦)」のさらなる生産拡大及びブランド化を図るため、生産者や酒造の関係者が一堂に会して、栽培上の品質向上に向けた技術及び醸造上の特性等について意見交換を行う「産地検討会」を開催します。

日時

令和元年8月26日月曜日

13時30分から17時まで

内容

ほ場見学

  • 場所:大町市常盤地区内

検討会

  • 場所:JA大北ときわ支所

山恵錦の特徴と生産振興の状況について

  1. 品種の特徴と栽培上の留意点
  2. 醸造上のポイント
  3. 現在の生産状況と今後の展開

山恵錦への取組状況の報告

  1. 生産者代表
  2. 醸造会社代表

意見交換

参集範囲

生産関係者

JA全農長野米穀課、JA、一般社団法人長野県原種センター、生産者

醸造関係者

長野県酒造組合、県内酒造会社

行政関係者

市町村、地域振興局農政課、農業改良普及センター、ものづくり振興課日本酒・ワイン振興室、工業技術総合センター、農業技術課、農業試験場ほか

その他

  1. 取材の事前申し込みは不要です。
  2. ほ場見学からの取材をご希望の場合は、13時30分までに、大町市常盤公民館(住所:大町市常盤3601-18)にお集まりください。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:農政部農業技術課

担当者名:伊東亮

電話番号:026-235-7220

ファックス番号:026-235-8392

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら