インドでのカレーハウスCoCo壱番屋展開に向けた合弁会社設立

掲載日: 2019年07月08日 /提供:三井物産

インドでのカレーハウスCoCo壱番屋展開に向けた合弁会社設立

2019年7月8日

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)と株式会社壱番屋(本社:愛知県一宮市、社長:葛原守、以下「壱番屋」)はカレーハウスCoCo壱番屋をインド全土での直営およびフランチャイズ展開することに合意し、合弁会社ICHIBANYA INDIA PRIVATE LIMITEDを2019年6月28日に設立しました。
2020年初頭にデリー首都圏での1号店の開店を目指しています。

インドは人口約13億人を擁し、今後も内需主導の高成長と中間所得者層の大幅な増加が見込まれています。
また、外食市場規模も堅調に拡大していくと予想され、都市部を中心に食の多様化が進み、新しい食文化が普及しはじめています。

壱番屋は1994年に初の海外店舗をハワイのオアフ島にオープンして以来、アジア各国やアメリカ、イギリスなど海外12カ国・地域で180店舗(2019年6月末時点)を展開し、日本のカレー文化を世界へ発信し続けています。

三井物産は中期経営計画でリテール・サービスを当社が強みを発揮できる新たな成長分野と定め、「消費者接点の拡充」を通じて商品の企画、開発、ならびにマーケティングの機能を強化し、新たな事業の構築へとつなげることを目指しています。
壱番屋の店舗運営ノウハウ・知見と当社のリテールソリューション機能やロジスティクス機能などを活用することで、「カレー発祥の地」であるインドで日本のカレー文化を広め、インド全土でのフランチャイズ店舗の展開に挑戦していきます。

ICHIBANYA INDIA PRIVATE LIMITED概要

会社名 ICHIBANYA INDIA PRIVATE LIMITED
所在地 DSC-239, 1st Floor, Plot No. A-1, DLF South Court, Saket, New Delhi- 110017
事業内容 カレーハウスCoCo壱番屋の直営及びフランチャイズ運営
資本金 1億8,750万ルピー(約3億円)
設立日 2019年6月28日
出資比率 三井物産 60%、壱番屋 40%

提供メニュー例 店舗イメージ


このリリースの画像:
▼提供メニュー例
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1502757
▼店舗イメージ
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1502758

記事内容は発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。

Information

参考サイト

カレーハウスCoCo壱番屋 ウェブサイト

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら