ベトナム海老生産加工事業会社Minh Phu社への出資参画

掲載日: 2019年05月16日 /提供:三井物産

ベトナム海老生産加工事業会社Minh Phu社への出資参画

2019年5月16日

Main Contents

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永 竜夫、以下「三井物産」)は、世界最大の海老生産加工事業会社であるMinh Phu Seafood Joint Stock Company(以下「Minh Phu社」)と同社株式の35.1%を取得することで合意しました。

Minh Phu社はベトナム南部に2つの加工工場と900haの養殖池を有し、海老の養殖から加工・販売までの垂直統合事業を強みとしています。加工度の高い付加価値品をはじめ幅広い商品ラインアップを持ち、米国や日本を中心とする約50か国へ輸出(Minh Phu社はベトナムにおける海老輸出シェアの約2割を有します。)しています。

三井物産は、2013年にMinh Phu社傘下の加工工場の一つであるMinh Phu Hau Giang Joint Stock Company(以下「MPHG社」)に出資参画し、同社の企業価値向上に貢献してきました。今般、親会社であるMinh Phu社への出資を通じて、これまでMPHG社で行った取り組みをMinh Phu社グループ全体に展開するとともに、当社がグローバルに培ってきた販売網を通じ、Minh Phu社の売上を拡大していきます。加えて、養殖池や加工工場でのデジタル技術・AIの活用や、養殖池から販売までのサプライチェーン見直し・効率化を通じて、Minh Phu社の更なる成長を支援します。

三井物産は、中期経営計画で新たな成長分野の一つとして“ニュートリション・アグリカルチャー”、つまり“食と農”の分野を定めました。世界における良質かつサスティナブルなタンパク質の需要は、欧米のみならず中国はじめアジアでの人口増・中間層拡大に伴い増加傾向にあります。当社は本出資参画を通じて、生産性向上と安定供給、食の高付加価値化へ取り組んでいきます。

養殖海老(ブラックタイガー)

Minh Phu社製品(エビフライ)

本発表資料には、将来に関する記述が含まれています。こうした記述は、現時点で当社が入手している情報を踏まえた仮定、予期及び見解に基づくものであり、既知及び未知のリスクや不確実性及びその他の要素を内包するものです。かかるリスク、不確実性及びその他の要素によって、当社の実際の業績、財政状況またはキャッシュ・フローが、こうした将来に関する記述とは大きく異なる可能性があります。こうしたリスク、不確実性その他の要素には、当社の最新の有価証券報告書、四半期報告書等の記載も含まれ、当社は、将来に関する記述のアップデートや修正を公表する義務を一切負うものではありません。また、本発表資料は、上記事実の発表を目的として作成されたものであり、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。

リリースの記事内容は発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。

Information

お問い合わせ先

三井物産 広報部 斎藤絵
TEL:03-3285-7564
FAX:03-3285-9819
お問い合わせフォーム

最新の食品ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中