KDDI Open Innovation Fund 3号 飲食店向けモバイル自動化ソリューションを提供するOkage株式会社に出資

掲載日: 2019年05月16日 /提供:KDDI

KDDI Open Innovation Fund 3号 飲食店向けモバイル自動化ソリューションを提供するOkage株式会社に出資

  • KDDI株式会社
  • Okage株式会社

2019年5月16日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF3号) を通じて、飲食店向けモバイル自動化ソリューションを提供するOkage株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役CEO: 内田 善久、以下 Okage) に出資したことをお知らせします。

Okageは、モバイルオーダーやモバイルPOSをクラウドで一元管理できる飲食店向けモバイル自動化ソリューション「Okageシリーズ」を提供しています。「Okageシリーズ」は、大手外食チェーンから個店規模までの幅広い事業規模の飲食店における人手不足やインバウンド対応の課題に対し、店舗の省力化と来店客の楽しい注文体験の両立を実現する、飲食店向けモバイル自動化ソリューションです。

KDDIは本出資を通じ、「Okageシリーズ」の顧客開拓を支援するとともに、スマホ決済サービス「au PAY」などのKDDIサービスとの連携による新たなお客さま体験の創出と、データを活用した新たな事業創出に向けた取り組みを推進していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

  • 別紙: KDDI Open Innovation Fund 3号 飲食店向けモバイル自動化ソリューションを提供するOkage株式会社に出資

<別紙>

■Okageについて

1. 会社概要

  • (1)
    社名: Okage株式会社
  • (2)
    本社: 東京都中央区八重洲2-11-7 一新ビル9階
  • (3)
    設立年月日: 2009年6月17日
  • (4)
    事業内容: モバイル自動化ソリューション「Okageシリーズ」の開発・提供
  • (5)
    代表者: 内田 善久

2. Okageシリーズの特徴

  • お客さまも飲食店も使いやすいオーダー画面
    紙のメニューイメージをそのまま簡単にセルフオーダー・セルフレジ・モバイルオーダーのオーダー画面にできる、フリーレイアウトかんたん編集機能 (特許登録済み) による軽快かつシズル感あふれるUI・UXを実現。
  • お客さまのスマートフォンをそのまま利用可能
    フルクラウド型の強みを生かして、お客さまのスマートフォンから店内および店外から注文ができる2タイプのモバイルオーダー「Okage Go」などの数々の画期的な特色を保有。
  • さまざまな規模の飲食店にも導入可能
    モバイルPOSやキッチンディスプレイとの一体提供により、人手不足やインバウンド対応に悩む大手外食チェーンから個店規模までの幅広い事業規模の飲食店において、店舗の省力化と来店客の楽しい注文体験の両立を実現。

詳細はホームページをご参照ください。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

最新の外食ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら