相互に保有する機能や資源を活用し、協働で取り組むまちづくり - 厚別区まちづくりパートナー協定を締結

掲載日: 2015年02月12日 /提供:北海道コカ・コーラボトリング

2015 年 2 月 12 日
報道関係各位

~相互に保有する機能や資源を活用し、協働で取り組むまちづくり~
厚別区まちづくりパートナー協定を締結

北海道コカ・コーラボトリング株式会社(本社:札幌市清田区 代表取締役社長:佐々木康行)は、2009 年 1 月に札幌市と締結しました、「さっぽろまちづくりパートナー協定」に基づき、札幌市厚別区と相互の連携を強化しながら、それぞれの機能や資源を効果的に発揮することにより、更なる「区民が主体のまちづくり」「魅力ある快適なまちづくり」を目指し、「厚別区まちづくりパートナー協定」を締結することとなりました。

■連携の柱
① 活気ある元気なまちづくり
② 健やかな生活ができるまちづくり
③ 安心安全なまちづくり
④ 自然や環境に配慮したまちづくり

■協定に基づく連携事業
① 電光掲示板付自動販売機の展開
② 各種イベントにおける飲料等の提供
③ あつべつ区民協議会の活動への支援
④ その他連携事業の実施

この度の協働取り組みが、より良いものへ発展していく事を祈願し、協定締結式、及び電光掲示板付き災害対応型自動販売機点灯式を開催致します。

■「厚別区まちづくりパートナー協定締結式」及び「電光掲示板付き自動販売機点灯式」
①厚別区まちづくりパートナー協定締結式
・2 月 16 日(月)13:30~ 厚別区役所2階会議室C(厚別区厚別中央1条5丁目)
②電光掲示板付き自動販売機点灯式
・2 月 16 日(月)14:00~ サンピアザ1F 光の広場(厚別区厚別中央2条5丁目)
出席者:札幌市厚別区長 堀澤 純一 様
北海道コカ・コーラボトリング㈱代表取締役社長 佐々木 康行

当社は、「変化への挑戦~北の大地とともに~」をスローガンに、地域との協働活動を通じて、持続可能で安全・安心な社会の実現を目指しております。これからも、安全で安心な地域づくりを応援する取り組み、北海道の豊かな自然と水を守る取り組みなどを、道産子企業として継続的に推進してまいります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<本件に関するお問い合わせ先>
北海道コカ・コーラボトリング株式会社
広報・CSR推進部 担当:宇井 TEL 011-888-2091

<参考>
■「さっぽろまちづくりパートナー協定」
札幌市では市民自治の推進を図るために、幅広い政策分野や事業について、ともにまちづくりを担っていくことを合意できた企業と、包括的な連携協定(名称 さっぽろまちづくりパートナー協定)を締結しています。札幌市と当社は以下の4分野を連携の柱とした協定を締結しました。(締結日 2009 年 1月 8 日)

①未来を担う子ども達が健やかに育つまちづくり
②安心・安全で誰もが健康に暮らせる、人と環境にやさしいまちづくり
③観光・文化・スポーツの振興を通じた、都市の魅力が輝くまちづくり
④地域の連携・協働を進めるまちづくり

■同協定に基づいた取り組み
・次世代教育の場として札幌市円山動物園内に「nature cafe EARTH(ネイチャーカフェ アース)」をオープンし、来園者の休憩を楽しんでもらうほか、環境の大切さを感じていただく場として運営。
・2009 年 11 月より「さっぽろ雪まつり」を応援するために「さっぽろ雪まつりオリジナルデザイン缶」を発売し、売上の一部を継続的に、さっぽろ雪まつりの運営に寄付。
・2010 年 5 月より、「YOSAKOI ソーラン祭り」を応援するために、「YOSAKOI ソーラン祭りコカ・コーラ応援 デザイン缶」を発売し、売上げの一部を継続的に「YOSAKOI ソーラン祭り組織委員会」に寄付。
・2010 年 9 月に、札幌市円山動物園において取り組んでいる「野生動物復元プロジェクト」を応援し、「猛禽類野生復帰施設」の建築費用の一助として 1,000 万円を同プロジェクトに寄付。
・2011 年 6 月に、札幌市清田区にある白旗山の森づくりを応援するとともに、円山動物園におけるさらなる環境啓発の展開・充実を目指し、「環境事業に関する協定」を締結。
・「区民が主体のまちづくり」の推進を支援する為、清田区、北区、白石区、西区とも、「まちづくりパートナー協定」を締結し、各区の特色を活かした連携事業を展開しています。

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら