写真映えする「ポテトチップス 恵方巻味」ローソン限定発売 - お試しサイズの「ミニ恵方巻」も登場

掲載日: 2019年01月11日 /提供:ローソン

恵方巻の新しい楽しみ方の提案写真映えする「ポテトチップス 恵方巻味」ローソン限定発売 お試しサイズの「ミニ恵方巻」も登場

2019年1月11日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2019年の節分に向けて、1 月22日(火)より、「ポテトチップス 恵方巻味」(税込178円)を数量限定で、全国のローソン店舗(13,732店:2018年11月末時点、「ローソンストア100」除く)で発売します。この商品では、パッケージを持って口元に近づけると、恵方巻を食べているかのように見えるデザインに仕上げ、写真を共有して楽しんで頂けるようにしました。また、1月15日(火)より2週間限定で、全国のローソン店舗(13,732店:2018年11月末時点、「ローソンストア100」除く)で、予約受付中の「恵方巻」(税込420円)をミニサイズにした「ミニ恵方巻」(税込190円)を発売します。この期間は、2月に発売する「恵方巻」(税込420円)の予約期間となり、節分前にお試し頂くことを目的としています。


ローソンは、2019年2月1日(金)~2月4日(月)に、「恵方巻」(税込420円)、「海鮮恵方巻」(税込450円)、「神戸牛たっぷり恵方巻」(税込980円)、「『なだ万』監修 恵方巻 舞」(税込780円)、「『なだ万』監修 海鮮恵方巻 華」(税込1,580円)、「リラックマ恵方巻セット」(税込980円)、合計6種類の恵方巻を発売します。ローソンは、2018年12月17日(月)に、2019年の節分に向けて発売する恵方巻商品についてリリースしました。


ローソンは今後も、美味しく楽しい商品を開発・発売してまいります。


【節分の風習】

節分に太巻を食べる習慣は、江戸時代末期から明治時代初期に大阪で始まったと言われています。各年の縁起の良い方向(恵方)に向かって無病息災・家内円満・商売繁盛など願いを込めながら、巻ずしを切らずに丸ごと無言で最後まで食べると、恵方にいる福の神が願い事を叶えてくれると言われています。


最新の新商品ニュース

やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス Airシフト
クレディセゾンの支払代行サービス