食品業界初!食品メーカー4社協同取り組み - 食物アレルギー配慮レシピを発表 - 本日より順次各社ホームページにて公開・配布

掲載日: 2019年01月10日 /提供:日本ハム

2019年 ニュースリリース

2019年1月10日
オタフクソース株式会社
株式会社永谷園
日本ハム株式会社
ハウス食品株式会社

食品業界初!食品メーカー4社協同取り組み
食物アレルギー配慮レシピを発表
本日より順次各社ホームページにて公開・配布

オタフクソース株式会社(本社:広島市西区、社長:佐々木 直義)、株式会社永谷園(本社:東京都港区、社長:飯塚 弦二朗)、日本ハム株式会社(本社:大阪市北区、社長:畑 佳秀)、ハウス食品株式会社(本社:東京都千代田区、社長:工東 正彦)(五十音順。以下、4社という。)は、本日より4社で開発した、食物アレルギー配慮レシピを順次公開します。
4社それぞれ食物アレルギー配慮商品を持っており、その商品カテゴリーは多岐に渡ります。今回、4社が多種多様な商品を持つという特性を活かし、このたび食品業界初の試みとなる「4社商品を使用したレシピ開発」を行いました。このレシピは、『家庭における調理メニューのバリエーション』と『加工食品を使用することによる調理の利便性』をご提供します。

レシピテーマ

卒業シーズン・新学期に 家庭料理でもてなすパーティーメニュー
~おいしさと食の楽しさと~

レシピのこだわりポイント

1. 特定原材料7品目(※1)不使用です。
※1. 卵・乳・小麦・そば・落花生・(※2)えび・かに
※2. 使用商品中の海苔については、えび・かにの生息区域で採取しています。
2. 見た目の華やかさ・ごちそう感を演出しました。
3. 子供から大人まで、幅広い年齢層にお楽しみいただけるレシピを提案します。
4. 4人分をベースにしたレシピ配合で、大人数にも対応可能です。

本レシピは、「食物アレルギーの有無にかかわらず『みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現』に貢献するために、企業を超えた4社協同の取り組みを行う」という4社共通の想いに基づいて開発したものです。

レシピ開発の背景

お客様の声の中でも、「食物アレルギーに配慮した食事を作る際には、使用できる食材が限られるため、メニューの数やレパートリーを増やすことが大変」というお声が特に多かったことを受けて、4社商品を使用することで広がる?バリエーション”を訴求したレシピ開発をすることになりました。

卒業シーズン・新学期に向けて人が集まる機会の多い時期に「家庭料理でもてなすパーティーメニュー」をテーマとした“おいしさと食の楽しさ”を表現するレシピに仕上げました。4社の商品を使用するからこそできた、「加工食品の利便性とバリエーションの豊かさ」が特長の食卓レシピをぜひご活用ください。

レシピ公開場所

本レシピは、本日1月10日(木)より、4社それぞれのホームページやSNS上で公開いたします。

(参考)
オタフクソース株式会社
株式会社永谷園
日本ハム株式会社
ハウス食品株式会社

今後の活動予定

4社は今後、食物アレルギーに関する情報発信や啓発活動、商品の普及活動など連携しながら活動していきます。イベント予定や活動スケジュール詳細につきましては、決定次第順次お知らせします。

食物アレルギーに配慮した各社主要商品の一覧

レシピに使用した商品を含め、4社の「食物アレルギー配慮商品」の一部をご紹介します。

オタフクソース株式会社

●2008年に「1歳からのお好みソース」を発売。同商品をはじめ、「乳・小麦・卵・そば・落花生・えび・かに」を使用しない離乳食を終えた子供向けの「1歳からのシリーズ」は、現在では7アイテムを展開。
●お好み焼・たこ焼、ハンバーグ、トンカツといった子供から大人まで人気のメニューを、卵・乳・小麦を使わないでつくれる「KAKOMUごはんシリーズ」は2018年より販売。みんなで使えるソースとして「お好みソースあじわいやさしい」も2015年より販売し、これらは1歳からのシリーズ同様、上記7品目の原材料は不使用。

株式会社永谷園

●2003年、誰でも食べられるおいしい商品を目指し誕生した「A-Label(エー・ラベル)シリーズ」は「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」の原材料は不使用。現在、レトルトカレー、ふりかけなど10アイテムを販売。
●また、同時期に発売した「アンパンマンミニパックカレー ポークあまくち」は、「乳・小麦・卵・そば・落花生・大豆」不使用のカレー。7種の野菜入りで、温めず、そのままご飯にかけていただくこともでき、子供に人気のキャラクターのパッケージを展開。この他、まぜこみごはんの素、粉末タイプのカレールーなど食物アレルギー配慮商品は11アイテムを販売。

日本ハム株式会社

●1996年から食物アレルギー対応食品の研究・開発に取り組み、「おいしさに安心をそえて」というコンセプトのもと「卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに」を使用しない「みんなの食卓シリーズ」を販売。ハム、ウインナー、ハンバーグなどの冷蔵食肉加工品を現在9アイテム取り揃える。
●冷凍品でも、米粉パン、パンケーキなど10アイテム、また「野菜スープ」の常温品も含め幅広くラインアップ。

ハウス食品株式会社

●「食物アレルギーの子供と、大人も一緒においしく食べられる」をコンセプトに、ロングセラーブランドを冠したカレーやシチューを提供したいという想いから「乳・小麦・卵・そば・落花生・えび・かに」を使用しない調理型カレーやシチューの開発を開始。
●2014年に、「特定原材料7品目不使用シリーズ」のバーモントカレー<中辛>、シチューミクス<クリーム>を発売。現在では完熟トマトのハヤシライスソース、はじめて食べるバーモントカレー やさしい甘口も販売

ニュース一覧へ戻る

最新の食品ニュース

抗菌日立ラップ ブルータイプ
クレディセゾンの支払代行サービス