<大丸松坂屋百貨店のICTの取り組み> 大丸松坂屋オンラインショッピングで「朝どり野菜EC販売」を期間限定でスタート

掲載日: 2018年07月12日 /提供:J.フロント リテイリング

<大丸松坂屋百貨店のICTの取り組み>
大丸松坂屋オンラインショッピングで「朝どり野菜EC販売」を
期間限定でスタート


2018年7月12日
J.フロントリテイリンググループ
株式会社大丸松坂屋百貨店

J.フロントリテイリンググループの㈱大丸松坂屋百貨店では、IoT時代に向けたICT戦略に取り組み、「新しい顧客体験の提供」と「営業施策の高度化」という視点において、本格的なデジタル戦略を外部の知見も取り入れ、具現化しています。

決済機能を備えたコミュニケーション型モバイルアプリの導入をはじめ、デジタルツール(SFA)の活用やモバイル決済の拡充などに取り組んでおり、6月には大丸東京店で『お弁当 WEB 予約決済サービス』をスタートいたしました。 今回新たな取り組みとして、大丸松坂屋オンラインショッピングにおいて、こだわり農家の朝どり野菜をご自宅でお楽しみいただける『朝どり野菜EC販売』を、7月17日(火)から期間限定で開始いたします。

『朝どり野菜EC販売』は、食の安全や鮮度にこだわる消費者ニーズの拡大に対応し、当社のオンラインショッピングでは今まで取り扱いの無かった産直野菜を期間限定販売する取り組みです。このサービスは、『こだわりの野菜を直接生産者から買う感覚』で、収穫の翌日に自宅で受け取ることが出来るサービスです。

現在、グループビジョン「くらしのあたらしい幸せを発明する」の実現のため、社内の限られた世界だけで物事を考えず、自社の資源と他社の資源を組み合わせる『オープンイノベーション』の取り組みを推進しております。この度、社会にインパクトのある新たな事業の共創を目指しKDDI㈱が運営する事業共創プラットフォームである『KDDI∞Labo』を通じて、こだわり野菜の農家直送サービス『食べチョク』と大丸松坂屋オンラインショッピングのコラボレーションが実現いたしました。

今後もこのような外部の企業と協業しながらあらゆる販売プロセス業務の見直しに取り組み、ICT時代にキャッチアップした百貨店のオペレーション改革を図り、お客様の利便性向上を目指してまいります。

※画像はイメージです。

<お問い合わせ先>
大丸松坂屋百貨店 広報担当 長野
TEL:03-6895-0816
e-mail: kouhou@jfr.co.jp

『朝どり野菜EC販売/食べチョク』について
URL:http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/special/tabechoku/
(7 月 17 日(火)14 時オープン予定)

■サービス概要
千葉県・岡山県・三重県などの6農園が生産するこだわりの季節の野菜や卵を、おまかせで 5 品~10 品 をセットし、収穫の翌日に宅配。価格は4,436円~8,830円(送料・税込み)で、11種類の展開。
収穫したての農作物を農家自ら梱包・発送。楽しんで召し上がって頂くため、すべての野菜にお品書き付き。

■限定販売期間
約3ヶ月(予定)

■提携農園
<茨城県> 株式会社HATAKEオーガニックファーム
<三重県>大洞菜園
<千葉県>さいのね畑
<千葉県>ベジLIFE!!
<岡山県>健託農場
<千葉県>カトリケの農園

■『食べチョク』サービス提供企業:株式会社ビビッドガーデン
代表者:代表取締役CEO 秋元里奈
本社所在地:東京都世田谷区
事業内容:E コマース事業、農作物等の生産・販売、各種コンサルティング事業
URL:http://vivid-garden.co.jp/
※有機 JAS 認証または特別栽培認証を取得している農家、もしくはそれに準ずる栽培をしている農家のみ
全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
フーズチャネルコンテンツガイド