スマート捕獲・スマートジビエ平成30年度研究推進会議(キックオフ会議)の開催について

掲載日: 2018年06月27日 /提供:長崎県庁

スマート捕獲・スマートジビエ平成30年度研究推進会議(キックオフ会議)の開催について


担当課 農林技術開発センター
担当者名 平田、小田
電話番号 直通:0957-26-4328
担当課 農山村対策室
担当者名 小川、岩永
電話番号 直通:095-895-2917
内線:5259

2018年6月27日更新

農林技術開発センターが、農林水産省の研究費を活用し、イノシシ・シカ対策の新たな研究を平成30年度から開始することに伴い、全国の理学、農学、医学、工学の専門家(大学、企業等)で構成する研究コンソーシアムのキックオフ会議を以下のとおり開催いたしますのでお知らせいたします。

この研究は、農林水産省の研究を県が中核となってコンソーシアムを形成し、野生鳥獣の捕獲から食肉利用までを網羅した全国初の取組みです。
今回の会議では、各構成員が鳥獣被害対策にかかる技術を紹介し、開発実証試験を行う内容について協議を行います。また、研究に関係する産業用ドローンやアシストスーツなど日頃間近で見ることの少ない最新機材などの展示を予定しています。

これまで、特許や学術発表が関連するため、こうした会議を公開しておりませんでしたが、鳥獣被害対策の新たな取組みを紹介するために、今回に限り公開することといたしました。

?1.日時

平成30年7月4日(水曜日)13時から18時まで

2.場所

長崎県庁大会議室A・B

3.主催

長崎県農林部農林技術開発センター

4.会議名

スマート捕獲・スマートジビエ平成30年度研究推進会議(キックオフ会議)

本研究は、(独)農業・食品産業技術総合研究機構生研センターによる「生産性革命に向けた革新的技術開発事業」の支援を受けて行うこととしております。

5.次第

(1) 研究の趣旨説明

(2) 研究の推進方法について

(3) 情報共有等について

(4) その他

(5) 研究PO(プログラムオフィサー)等による講評

6.参考資料

別紙1研究内容の概要[PDFファイル/452KB]

別紙2研究実施体制[PDFファイル/137KB]

先頭に戻る

メニュー

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら