【沖縄大交易会2018】「とくしまブース」出展事業者募集について

掲載日: 2018年06月14日 /提供:徳島県庁

【沖縄大交易会2018】「とくしまブース」出展事業者募集について 2018年6月14日

徳島県及びとくしま農林水産物等輸出促進ネットワークでは,県内の生産者や事業者(以下「事業者」という。)のアジア市場における販路開拓を支援するため,株式会社徳島銀行と連携して,沖縄県で開催される国際食品商談会「沖縄大交易会2018」に「とくしまブース」を出展することとし,出展事業者を募集します。

1.商談会概要

(1)開催日程:平成30年11月29日(木)から30日(金)まで

(2)開催会場:沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)

(3)主催:沖縄大交易会実行委員会

(4)開催規模:サプライヤー250社,バイヤー250社(海外販路140社,国内販路80社,フリー商談30社)

(5)バイヤーの特性:香港,台湾,シンガポール,マレーシア,タイ等から,日本産農林水産畜産物・食品の

海外販路が見込める国と地域に販路をもつバイヤーを中心として招へいされます。

2.「とくしまブース」概要

(1)出展規模:5ブース

(ブースサイズ等は沖縄大交易会実行委員会事務局「参加募集要項(サプライヤー用)」を

参照してください。)

(2)出展対象:徳島県内で栽培・生産された農林水産物・加工食品

3.経費負担

(1)ブース出展に係る事業者の負担金は,29,160円(税込)とします。

(2)次の経費については,出展事業者の負担となります。

展示商品発送費,旅費及び滞在に係る費用,オプション品に係る経費,試食・試飲サンプル費等

4.申込条件

次の条件をすべて満たす事業者であることが必要です。

(1)徳島県内に住所又は事業所を有する事業者であること。

(2)海外への販路開拓のため,海外企業等との商取引を目的とした商談が主な目的であること。

(3)会期の全日程を通じて,事業者(現地代理店やパートナーは含まない。)がブースに常駐し,

商談ができること。また,本商談会後に対応できる担当者がいること。

(4)アンケート,聞き取り調査等への協力が可能であること。

5.申込方法等

(1)申込方法

沖縄大交易会実行委員会事務局「参加募集要項(サプライヤー用)」を熟読の上,

別添「参加申込書」を下記の申込先にE-mailで提出してください。

(2)申込期限

平成30年6月29日(金)必着

(3)申込先及び問い合わせ先

とくしま農林水産物等輸出促進ネットワーク担当:岡田

(徳島県農林水産部 もうかるブランド推進課 輸出・六次化推進室)

TEL:088-621-2407

E-mail:moukarubrandsuishinka@pref.tokushima.jp

6.事業者の選定及び結果の通知

(1)以下の選定基準をすべて満たす事業者から選定することとします。

ア 「4.申込条件」をすべて満たしていること

イ 「とくしま農林水産物等海外輸出戦略」に即した取り組みであること

ウ 海外への販路開拓に意欲のある事業者であること

(2)事業者の選定は,参加申込書の受付順に行います。

なお,選定にあたっては,本商談会において,これまでに「とくしまブース」での出展実績がない

新規事業者を優先します。

(3)参加申込書の記載内容について,電話,E-mail等で確認させていただくことがあります。

(4)選定結果については,決定次第連絡します。

(5)申込状況により,期間内であっても受付を終了することがあります。

7.参考(外部リンク)

沖縄大交易会ホームページ(https://gotf.jp/)

最新のその他ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド