石見ワイナリー株式会社が三瓶山にワイン醸造施設を整備~県・大田市と覚書調印~

掲載日: 2018年04月04日 /提供:島根県庁

一覧へ戻る

1012 石見ワイナリー株式会社が三瓶山にワイン醸造施設を整備~県・大田市と覚書調印~

平成30年4月4日
企業立地課
門脇・坂根
TEL : 0852-22-6086
Mail : kigyo-richi@pref.shimane.lg.jp

石見ワイナリー株式会社は、石見地域で栽培したワイン醸造用ブドウを活用した白ワ
インと赤ワインの製造を行うため、このたび大田市三瓶町志学(三瓶山東の原)にワイ
ン醸造施設を整備されます。
この投資計画に関して、県は島根県企業立地促進条例に基づき、同社に対して立地計
画認定書を交付します。併せて、石見ワイナリー株式会社、島根県及び大田市の三者で
工場等の立地に関する覚書を締結します。

1 立地計画認定書交付及び調印式
日時:平成30年4月9日(月) 11時00分から
場所:県庁3階 301会議室

2 投資計画の概要
(1) 石見ワイナリー株式会社は、山陽空調工業株式会社代表取締役で島根県の産業
立地アドバイザーでもある淺田博昭氏が発起人となり、平成27年10月に設立
された会社です。
(2) このたびの計画では、三瓶山の東の原にある大田市所有の遊休施設(ミラドー
ルさんべ)をワイン醸造施設として整備し、近年需要が伸びている国産ワインの
製造・販売を行うものです。
(3) 総投資額約2億円(うち立地助成金の対象額は約9000万円)で、操業後3
年間で醸造に係る常用従業員として6名の雇用増を計画されています。
(4) 島根県としては、本計画が新たな雇用創出と地域経済の発展に繋がるものとの
期待から、地元大田市とともに同社に対し資金面・人材確保の面で支援・協力を
行います。

3 添付資料
・調印式式次第及び出席者
・立地計画の概要

4 その他
調印式終了後、(その場で)記者会見を行います。


式次第及び出席者(28KByte)(29KByte)
立地計画の概要(42KByte)(44KByte)


一覧へ戻る

最新のその他ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド