「ハイパール」の栽培説明会を開催します(健康福祉部障がい者支援課)

掲載日: 2015年01月15日 /提供:長野県庁

更新日:2015年1月15日

「ハイパール」の栽培説明会を開催します

長野県(健康福祉部・農政部)プレスリリース平成27年(2015年)1月15日

「ハイパール」は、県とキリンホールディングス(株)が共同して育成したケールの品種で、ヤクルトヘルスフーズ(株)の青汁商品の原料として県内限定で栽培されています。今後、需要の増大が見込める「ハイパール」の栽培は、軽作業が多く、障がい者が取り組みやすいと考えられるため、工賃アップを目指す就労施設を対象に栽培説明会を開催します。

1日時・場所

<長野会場>日時:平成27年1月22日(木曜日)13時30分~15時、場所:県庁西庁舎112号会議室

<伊那会場>日時:平成27年1月29日(木曜日)13時30分~15時、場所:伊那市役所501・502会議室

2説明者

長野県農政部、全国農業協同組合連合会長野県本部

3参加者

就労継続支援A型・B型事業所関係者、その他栽培を希望される障がい者就労施設の関係者等

4参考

ケール・「ハイパール」は、平成23年に県野菜花き試験場がキリンホールディングス(株)と共同で育成した品種です。機能性成分「グルコラファニン」の含有が非常に高いのが特徴です。

平成26年の県内作付面積は60aで、ヤクルトヘルスフーズ(株)独自基準の無農薬・無化学肥料栽培が行われています。

販売されている青汁商品は、機能性成分が高いことに加え、飲みやすさも好評で、県では「ハイパール」の増産に向け、産地の拡大に取り組んでいます。

関連資料

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 長野県健康福祉部障がい者支援課自立支援係
担当者 (課長)岸田守(担当)飛沢聡
電話

026-235-7105(直通)

026-232-0111(代表)内線2404

ファックス 026-234-2369
メール shogai-shien@pref.nagano.lg.jp
当部署 長野県農政部園芸畜産課野菜・特産係
担当者 (課長)本井治(担当)篠原亘
電話

026-235-7228(直通)

026-232-0111(代表)内線3087

ファックス 026-235-7481
メール enchiku@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部障がい者支援課

電話番号:026-235-7105

ファックス:026-234-2369

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら