「人づくりと和牛育種連携事業」と「和牛甲子園」報告検討会を開催!

掲載日: 2018年03月12日 /提供:島根県庁

一覧へ戻る

3438 「人づくりと和牛育種連携事業」と「和牛甲子園」報告検討会を開催!

平成30年3月12日
畜産課
加地、宅野
TEL : 0852-22-5133
Mail : chikusan@pref.shimane.lg.jp

出雲農林高等学校は、平成24年度より畜産技術センター等と「人づくりと和牛育種連携事業」に取り組んでいます。また、今年1月に東京で開催された第1回全国農業高校和牛枝肉共励会(和牛甲子園:JA全農主催)で優秀賞を受賞しました。これを記念し、畜産関係の取組みについての報告会を、県内で畜産の専攻がある学校や関係機関・団体の関係者を招いて開催します。
今後の産学官連携の取組みの参考にするとともに、畜産担い手の育成等について意見交換を下記のとおり行います。



1 参加機関・団体
(1)学校
出雲農林高等学校、矢上高等学校、農林大学校
(2)県
畜産技術センター、農業経営課、畜産課、教育指導課、農林振興センター等
(3)関係団体
JA、島根県畜産振興協会、島根県農業共済組合、全国和牛登録協会等

2 開催日時及び場所
平成30年3月19日(月) 10:00~12:00 島根県出雲合同庁舎702、703会議室

3 内 容
(1)事例報告
① 人づくりと和牛育種連携事業の取組みについて:畜産技術センター
② 和牛育種から肥育までの取組みについて(和牛甲子園での発表事例):出雲農林高等学校
(2)パネルディスカッション
テーマ :「畜産の担い手を育てるには」
パネラー:島根県立出雲農林高等学校 校長、担当教諭、学生代表
島根県畜産技術センター所長、島根県畜産課長



一覧へ戻る

最新のその他ニュース

フーズチャネル4周年記念

経営者インタビュー番外編 『思い出の一皿』

フーズチャネルコンテンツガイド