「コーヒー」×「昼寝」で、従業員の生産性向上を促進! 「カフェインナップ」の取組みを開始!

掲載日: 2017年12月29日 /提供:ダイドーグループホールディングス

ダイドードリンコ株式会社
2017年 12 月 29 日

「コーヒー」×「昼寝」で、従業員の生産性向上を促進!
「カフェインナップ」の取組みを開始!


ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長 髙松 富也)では、従業員の生産性向上を目的に、お昼の休憩時間中にコーヒーを飲んで昼寝をする「カフェインナップ」という取組みを推奨しています。

コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、飲用後20~30分後に現れ、その覚醒効果は 6時間以上持続すると考えられています。また、昼寝を 15~20 分程するとリフレッシュ効果があると言われています。

そ こ で 、缶 コ ーヒ ーを主 力 商 品と す る当 社では 、 働 き方 改 革や 生産性 向 上 の一 環 とし て、 昼寝の前にコーヒーを飲用し、15分間の昼寝を推奨する「カフェインナップ」をはじめました。

取組み開始後、多くの従業員から「午後眠気なく仕事ができる」「効率よく仕事ができるようになった」という声が届いております。

弊社では、今後も様々な取組みを通じて働き方改革を実践し、生産性向上を目指してまいります。

〇取組内容
・開始時期:2017 年 11 月 21 日(火)
・実施時間:平日 12 時 30 分~12 時 45 分(15 分間)
・対 象:大阪本社に所属する約 200 名の従業員

今後も当社では、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」をグループ理念に、 地域密着型企業として、豊かで元気な社会づくりへの貢献を目指してまいります。

***本報道資料に関するお問い合わせ先***
ダイドードリンコ株式会社
コーポレートコミュニケーション部
担当:正本
〒530-0005
大阪市北区中之島 2-2-7
中之島セントラルタワー18F
TEL:06-6222-2621
FAX:06-6222-2623
全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の食品ニュース

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルコンテンツガイド