日本が誇る地域の食ブランドが大集合! - 『第2回 地理的表示フェスティバル』開催

掲載日: 2017年09月12日 /提供:ジェイティービー

2017 年 9 月 12 日

日本が誇る地域の食ブランドが大集合!
『第2回 地理的表示フェスティバル』開催
“GI(地理的表示)産品”の試食・販売や、“産地を知る旅”が当たるイベントも!
2017年9月22日(金)~9月24日(日) イオンモール幕張新都心


株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:光山清秀)は、地理的表示(GⅠ)保護制度を一般の方々に知っていただくためのイベント「第2回 地理的表示(GⅠ)フェスティバル」を9月22日(金)~9月24日(日)の3日間、千葉県のイオンモール幕張新都心で開催します。

当社は、日本の「食」「農」と「観光」、そして「文化」を結びつけ国内外に“本物の日本の魅力”を伝えることにより、交流人口の拡大と豊かな地域づくりへの貢献に取り組んでいます。当イベントは、その一環として、農林水産省の補助事業を活用して開催し、日本各地のGI産品の展示・試食・販売やクイズラリーを実施することでGIの認知を図り、日本が誇る地域の食ブランドの魅力を広く伝えます。

9月23日(土)13時からのオープニングセレモニーでは、タレントの菊地亜美さんを特別ゲストに迎え、GI産品事業者とのトークセッションやGI産品がその場で当たる大抽選会を行います。

地理的表示(GⅠ)保護制度とは
※農林水産省 HP( http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/より 長年培われた伝統的な生産方法や、気候・風土・土壌などの生産地の特性が、品質などの特性に結びついている商品が地域には多く存在しており、これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録し、保護する制度です。基準を満たすものに「地理的表示」の使用を認め、GI マークが付されます。品質を守るもののみが市場に流通し、GI マークにより、他の産品との差別化が図られます。これにより、生産業者の利益の保護を図ると同時に、農林水産業や関連産業の発展、需要者の利益を図ることを目的としています。2016年12月に初めて登録され、現在39産品が登録されています。

地理的表示フェスティバル概要
●日時:9月22日(金)~9月24日(日) 11:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
●会場:イオンモール幕張新都心、1階グランドコート
●所在地:千葉県千葉市美浜区豊里1-1(会場アクセス紹介サイトhttp://makuharishintoshin-aeonmall.com/static/detail/access
●入場料:無料
●期間中のイベント: ※各イベント先着人数の制限があります
9/22(金)~9/24(日)
・「GⅠ産品」や「産地を知る旅」が当たる!GⅠクイズラリー
・くにさき七島藺表(しちとういおもて)を利用したミサンガ作り体験
9/22(金)
・新たにGⅠ登録された産品の登録証授与式(11:00~)
・9/23(土・祝)・24(日)に使用できる「お得チケット」の配布(GⅠクイズラリー参加者先着 200 名様)
9/23(土・祝)
・オープニングセレモニー(13:00~) 「GⅠ産品」がその場で当たる大抽選会(整理券配布 先着 100 名様) タレントの菊地亜美さんとGⅠ産品事業者によるトークセッション
9/24(日)
・「GⅠ産品」がその場で当たる大抽選会(整理券配布 先着 100 名様)

●展示ブース
産品名
特定農林水産物等の生産地
神戸ビーフ
兵庫県内
八女伝統本玉露
福岡県内
鹿児島の壺造り黒酢
鹿児島県霧島市福山町及び隼人町
*三輪素麺
奈良県全域
市田柿
長野県飯田市、長野県下伊那郡ならびに長野県上伊那郡のうち飯島町および中川村
山内かぶら
福井県三方上中郡若狭町山内
*下関ふく
山口県下関市及び福岡県北九州市門司区
くにさき七島藺表
大分県国東市、大分県杵築市
十三湖産大和しじみ
青森県五所川原市(十三湖を含む。)、つがる市、北津軽郡中泊町
連島ごぼう
岡山県倉敷市(水島地域並びに倉敷地域のうち西阿知及び大高)
*西尾の抹茶
愛知県西尾市、愛知県安城市
*東根さくらんぼ
山形県東根市及び隣接市町の一部
みやぎサーモン
宮城県石巻市、女川町、南三陸町、気仙沼市
大分かぼす
大分県内
*万願寺甘とう
京都府綾部市、舞鶴市及び福知山市
*飯沼栗
茨城県東茨城郡茨城町
*紀州金山寺味噌
和歌山県

※*印の展示ブースは一部期間のみの出展予定となります。
※現在登録申請中である産品の展示ブースが追加となる場合がございます。
※名称については代表的なものを記載しています。その他の名称登録内容、概要情報につきましては、農林水産省ホームページ(GI登録産品一覧)をご参照くださいhttp://www.maff.go.jp/j/shokusan/gi_act/register/
※当日の取材に関しては、事前に、下記報道関係者からのお問合せ先までご連絡をお願いいたします。

◆一般のお客様からのお問合せ先 地理的表示(G1)フェスティバル運営事務局(JTB 西日本 法人営業大阪支店) 担当:余・徳田・橋本・玉崎 TEL:06-6252-2540 (09:30~17:30 土日祝休)
◆報道関係者様からのお問合せ先 JTB 西日本 広報室 担当:荒井・角田 TEL:06-6260-5108

最新の小売ニュース

メルマガ登録はこちら