「商業高校フードグランプリ2017」受賞校を発表

掲載日: 2017年08月28日 /提供:伊藤忠食品

2017/8/28
伊藤忠食品株式会社

~高知県立安芸桜ケ丘高等学校「なすのプリン」が大賞~
「商業高校フードグランプリ 2017」
受賞校発表


伊藤忠食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長執行役員:髙垣 晴雄、以下:当社)は、全国の商業高校生がプロデュースする“食”の商品コンテスト「商業高校フードグランプリ2017」の本選を8月24日(木)~26日(土)の3日間、国際オーガニックEXPO2017会場内(パシフィコ横浜)にて行いました。

「商業高校フードグランプリ」は、コンテストを通じて継続的に流通・販売可能な商品の条件や課題を学ぶことで、商品の改良や次の商品開発に活かしていただくこと、地域食文化の発展に寄与することを趣旨として2013年度より開催しています。高校生が地域の特産品を使ってメーカーと共同開発した商品を募集し、予選を通過した6校6品が本選に出場しました。会場では接客・販売やステージで商品をPRするプレゼンテーションを行いました。

6名の審査員による審査と来場者の投票の結果、以下のとおり大賞および各賞が決定しました。

【受賞校】

賞名
学校名・商品名
商品画像

大賞
高知県立安芸桜ケ丘高等学校
「なすのプリン」

服部幸應
審査員特別賞
北海道函館商業高等学校
「The Butter Chicken Curry」

宮前真樹
審査員特別賞
福岡県立小倉商業高等学校
「恋するドレッシングkoidore」

審査員特別賞
山梨県立ひばりが丘高等学校
「吉田のうどんだしMAX」

審査員特別賞
堺市立堺高等学校
「べっぴんさん甘酒 ノンオイルドレッシング」

審査員特別賞
三重県立水産高等学校
「カツオのキーマカレー」

来場者賞
来場者投票により
決定
高知県立安芸桜ケ丘高等学校
「なすのプリン」

【プレゼンテーション・接客】
本年の商業高校フードグランプリでは、「商品の販売戦略」をテーマに、販売を意識した商品の陳列・ブースの装飾、5分間プレゼンテーションに出場校6校が挑戦しました。各校のブースでは、商品の陳列や多様な使用方法を紹介するなど趣向を凝らし、開発した商品の試食提供や接客を行い、商品についてアピールしました。ご来場のお客様には、「味のおいしさだけでなく、商品を買いたくなるような接客やブースの装飾」ができていた高校にご投票いただき得票数を争いました。1日~3日目にはご来場のお客様に商品の魅力を伝え、3日目の午後に行われた5分間のプレゼンテーション審査では、審査員6名を前に商品や地域への想い、商品の販売戦略についてプレゼンテーションしました。

【審査員・審査基準】
・学校法人 服部学園理事長 服部 幸應 様
・美養サラダ研究家 宮前 真樹 様
・大塚食品株式会社 武内 紀子 様
・キユーピー株式会社 江口 陽三 様
・特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会 杉浦 高志 様
・伊藤忠食品株式会社 髙垣 晴雄

上記審査員により、以下①~⑧の評価項目に準じた審査を行いました。

①商品の味・食べ方の創意工夫
②商品の独創性・新規性
③商品のネーミング・パッケージデザイン
④価格の妥当性
⑤商品の流通性及び発展性
⑥商品開発による地域社会への波及効果及び貢献度
⑦商品の持続可能性 ※以下のA~Cのいずれかの基準を達成しること
A:オーガニック・エコ農産物といわれる地域の生態系の持続可能性に配慮した商品
B:保存料や着色料などの添加物使用の低減に配慮している商品
C:商品の容器包装が環境に配慮された商品(簡易包装・リサイクル可能な容器など)
⑧プレゼンテーション

【伊藤忠食品の商業高校への教育支援の取り組みについて】
2013年度より商業高校(商業科を有する高校)では、新学習指導要領のひとつに「商品開発」が導入されました。当科目は、商品の開発だけでなく流通に必要な知識や技術を体験的に習得することが求められています。食品の中間流通業を営む当社は、本業を活かしたCSR(企業の社会的責任)の一環として、人材育成の観点から、商業高校の教育支援を行っています。

「商業高校フードグランプリ」は、出品を通じて継続的に流通・販売可能な商品の条件や課題を学ぶことで、商品の改良や次の商品開発に活かしていただくこと、地域食文化の活性化に寄与することを趣旨として2013年度より開催しています。

当社は、未来を担う高校生への教育を継続的に支援するとともに、地域活性化につながる商品の販売を推進してまいります。この取り組みは、「CSR(企業の社会的責任)」にとどまらず、「人材の育成」「地域活性化」という社会と共有できる価値を創造しながら、商業高校が開発した商品を本業の卸売と結び付ける「CSV(共有価値の創造)」への発展を目指しております。今後も、社会に必要とされる存在意義のある企業を目指して取り組んでまいります。

以上

【リリースに関するお問い合わせ先】
伊藤忠食品株式会社 経営企画本部 経営企画部 IR 広報チーム 平 TEL:03-5411-8512 MAILs-taira@itochu-shokuhin.co.jp

【商業高校教育支援及び CSR・CSV 活動に関するお問合せ先】
伊藤忠食品株式会社 経営戦略部 CSV チーム 福万 TEL:03-5411-8513 MAILy-fukuman@itochu-shokuhin.co.jp

最新の卸・問屋ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら