シンガポール知事トップセールスの実施について

掲載日: 2014年10月17日 /提供:栃木県庁

2014年10月17日発表

シンガポール知事トップセールスの実施について

県では、富裕層が多く周辺国への波及効果も期待できるシンガポールにおいて、新たに農産物や加工食品の販路を開拓するため、福田富一(ふくだとみかず)知事、(一社)とちぎ農産物マーケティング協会の髙橋武(たかはしたけし)代表理事会長、全国農業協同組合連合会栃木県本部の谷田部直久(やたべなおひさ)県副本部長一行は、10月15日から10月18日までシンガポールを訪問しています。
17日、知事一行は、日系百貨店で開催されている「とちぎ農産物フェア」に参加し、一般消費者に対して栃木県産の農産物等のPRを実施するとともに、日系レストラングループ、日系スーパー、現地旅行代理店を訪問しました。

【10月17日(金曜)】
1 とちぎ農産物フェア
原子力災害に伴う輸入規制が緩和されたことを受け、(一社)とちぎ農産物マーケティング協会では、栃木県産の農産物等のシンガポールでの販路開拓のため、日系百貨店において、とちぎ農産物フェアを開催(10月17日~10月26日)しています。
フェア初日となる10月17日午後、知事一行は会場を訪れ、なし「にっこり」や米「なすひかり」、トマト等の野菜などのPR及び販売促進を実施しました。
会場を訪れたお客さんからは「にっこりは、大きくてみずみずしく美味しい。」と好評でした。

2 日系レストラングループ(RE&S Enterprises Pte Ltd)
RE&S社は、シンガポールに50店舗、マレーシアに5店舗、ベトナムに1店舗を展開する日系レストラングループです(日本料理、寿司、焼肉、日本そば等多数の業態)。
多田羅 博(たたら ひろし)社長と面談し、シンガポールや周辺国における日本食レストランの動向について説明を受けるとともに、栃木県産の農産物等の取扱について意見交換を行いました。
3 日系スーパー(明治屋シンガポール)
名越秀二(なごし しゅうじ)常務取締役と面談し、栃木県産の農産物や食品の安全性についてPRするとともに、輸入規制措置が7月から緩和されたことを説明し、新たに栃木県産の農産物等の取扱を依頼しました。
4 旅行代理店(JTBアジア・パシフィック)
坪井泰博(つぼい やすひろ)社長と面談し、シンガポールをはじめとする東南アジア各国の訪日旅行の動向について意見交換を行うとともに、本県観光パンフレットを提供し、活用を依頼しました。

このページに関するお問い合わせ

経済流通課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2291

ファックス番号:028-623-2301

Email:keizai-ryutu@pref.tochigi.lg.jp

ページの先頭へ戻る

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら