飲食店の料理を代わりに配達!大手外食チェーン本格導入第 1 弾 - 『出前館』で「吉野家」のデリバリーサービスがスタート

掲載日: 2017年06月01日 /提供:吉野家ホールディングス

飲食店の料理を代わりに配達!大手外食チェーン本格導入第 1 弾
『出前館』で「吉野家」のデリバリーサービスがスタート
~ 宅配ビジネスの課題をシェアリングデリバリーで解決 ~

2017 年 6 月 1 日
夢の街創造委員会株式会社
株式会社 吉野家

夢の街創造委員会株式会社(代表取締役社長 中村利江、大阪府大阪市、以下「夢の街」)が運営する日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館』(https://demae-can.com)は、2017 年 6 月 1 日より、シェアリングデリバリーモデルの大手外食チェーン導入第 1 弾として、株式会社吉野家(代表取締役社長 河村泰貴、東京都中央区、以下「吉野家」)が運営する牛丼チェーン「吉野家」の一部店舗からデリバリーサービスを開始することをご報告いたします。

シェアリングデリバリーとは、デリバリー機能を持たない店舗でも、『出前館』に加盟する複数店舗で、『出前館』が連携したデリバリー機能をシェアすることによりデリバリーが可能になるサービスで、2016 年 8 月から開始しております。『出前館』に注文が入ると、該当店舗と配達を行う拠点(以下「シェアデリ拠点」)に直ちに注文が入り、店舗は指定時間に料理を仕上げます。その後、配達は新聞販売店 ASA を始めとするシェアデリ拠点が所有するバイクと配達員で行います。シェアリングデリバリーを行うエリアは、『出前館』の持つ日本最大級のデリバリーのデータベースによって、適切な配達エリアが設定され、なおかつ、各飲食店舗のジャンルによって売上予測を予め計画することができます。それにより、シェアデリ拠点においても効率的な配達が可能となり、採算化が図れるメリットがあります。

本サービスを導入することにより、店舗は新たに配達人員を採用しなくてもデリバリーサービスを実施できます。また『出前館』をご利用されるお客様にとっては、これまで以上に多様なジャンルからデリバリーをご注文できるようになります。

【シェアリングデリバリーモデル】

シェアリングデリバリーモデルによる「吉野家」のデリバリーは、2017 年 3 月中旬より恵比寿駅前店をテスト店舗として開始して
います。テスト開始当初から好調なスタートを切っており、予想をはるかに上回る実績が確認されました。

本日 6 月 1 日からは、下記 7 つの「吉野家」の拠点において、『出前館』からの受注を開始いたします。

【『出前館』にオープンする「吉野家」の店舗(2017 年 6 月 1 日シェアリングデリバリーサービス開始)】
●千葉中央店(千葉県千葉市)
●国立駅南口店(東京都国立市)
●国分寺北口店(東京都国分寺市)
●立川南口店(東京都立川市)
●相模大野駅前店(神奈川県相模原市)
●1 号線三ツ沢中町店(神奈川県横浜市)
●博多祇園店(福岡県福岡市)

注文受付時間:11:00~22:00
定休日:年中無休
最低注文条件:お届は税込 1500 円~(配達料除く)
送料:300 円

『出前館』としては、今後、シェアデリ拠点を 3 年後までに 200 箇所まで拡大し、それに伴い「吉野家」のデリバリー店舗も増加
していく計画です。幅広い世代からの人気を誇り、長い間多くの方に親しまれている「吉野家」のデリバリー開始を皮切りに、「出前は手軽に、そして日常的に活用できるサービス」としてより多くの方にご愛用いただけるよう、サービスを展開してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1481559

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら