「地理的表示(GI)保護制度」に木曽地域の伝統食「すんき」が登録されました(農政部農産物マーケティング室)

掲載日: 2017年05月26日 /提供:長野県庁

更新日:2017年5月26日

【県内登録第2号!!】 「地理的表示(GI)保護制度」に木曽地域の伝統食「すんき」が登録されました。

木曽地域の伝統食である「すんき」が、長野県で2例目の地理的表示(GI)として登録され、本日農林水産省において、すんきブランド推進協議会へ登録証が授与されました。

全国に例を見ない乳酸菌の漬け物の独自性が認められ、全登録産品(35品)で唯一「地名+産品名」でなく、「産品名」だけでの登録となりました。

1 すんきの登録について

登録者 すんきブランド推進協議会(会長:松井 淳一)
生産地の範囲 木曽町、上松町、南木曽町、木祖村、王滝村、大桑村、塩尻市一部(旧楢川村)
登録のポイント

木曽地域だけに300年以上続く伝統食で、木曽地域の伝統野菜である赤かぶを使用し、

食塩を一切使わずに、複数の植物性乳酸菌によって発酵させる生産工程管理業務規程

に基づき生産された「すんき」のみを登録。

お知らせ

5月26日(金)の登録証授与式を受け、5月31日(水)木曽地域振興局定例記者会において、

松井会長の報告があります。

2 地理的表示(GI: Geographical Indication)保護制度とは

伝統と優れた特性があり、その特性が産地と結び付いている産品の名称を、国が知的財産として保護する制度。

詳細は農林水産省WEBページ(外部サイト)をご覧ください。

3 関連資料

4 お問合せ先

担当部署

農政部農産物マーケティング室

農業ビジネス係

担当者

(室長)中山 武幸

(担当)小松 和喜、戸沢 早人

電話 026-235-7217(直通)
ファックス 026-235-7393
メール marketing@pref.nagano.lg.jp
担当部署

木曽地域振興局 農政課

担当者

(課長)宮川 仁志

(担当)小松 隆英、小口 さなる

電話 0264-25-2220(直通)
ファックス 0264-22-4346
メール kisochi-nosei@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら