イースターに関するアンケート - SNS高頻度ユーザーの内容認知率は42%! イベント参加やグッズ作成・料理などでイースターを楽しむ傾向

掲載日: 2017年04月12日 /提供:クロス・マーケティンググループ

イースターに関するアンケート

報道関係各位

2017年4月12日

株式会社クロス・マーケティング

イースターは日本で定着する?

SNS高頻度ユーザーの内容認知率は42%!
イベント参加やグッズ作成・料理などでイースターを楽しむ傾向

-イースターに関するアンケート-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京・神奈川・千葉・埼玉に在住する20歳~39歳の男女を対象に「イースターに関するアンケート」を実施しました。

調査結果 (一部抜粋)

  • イースターの認知度は「内容・名前を知っている」が32%、「名前のみ知っている」が34%で全体では7割近い認知率となった。SNSアカウント保有有無別では、保有者の方が内容認知の割合が高く、最多利用SNSの利用日数別でみても、利用日数が多い人ほど認知率が高いことがわかった。<図1>
    http://www.jpubb.com/press/image.php?image=753179
  • イースターの予定有無は「行う予定あり」が10%となり、半数以上が「行いたいと思わない」と回答。予定あり・予定意向者のイースターでする・したい内容では「遊園地やテーマパークのイースターイベントに行く」が47%で最多。その他イースターエッグや料理・お菓子を作る、お菓子を購入するなど家庭で楽しむ傾向が見られた。<図2-1,図2-2>
    http://www.jpubb.com/press/image.php?image=753180
  • イースター関連市場規模が増加している実感があるかたずねると、「増加の実感がある」は全体で21%だが、男女別では、男性の12%に対して女性は30%と高い。新商品やトレンドなどに敏感な若い女性がイースターの日本での広がりを特に感じているのではないかと考えられる。<図3>
    http://www.jpubb.com/press/image.php?image=753181
無料調査レポート CROMEGANE【くろめがね】

調査内容

□ 属性設問(性別・年代・居住地・婚姻状況・子の有無・恋人の有無・職業・同居者・個人年収・世帯年収)
□ SNSアカウント保有有無
□ 保有しているSNS
□ 最もよく使っているSNS
□ 最もよく使っているSNSの主な利用目的
□ 最もよく使っているSNSの利用日数
□ 最もよく使っているSNSの一日の利用時間
□ イースターの認知度
□ イースターを知ったきっかけ
□ イースターの認知内容
□ イースターの興味度
□ イースターにちなんだ行動有無
□ イースターの予定有無
□ イースターの予定内容/意向内容
□ イースターの予算
□ イースターを一緒に過ごしたい人
□ イースターの予定意向理由
□ イースターの非意向理由
□ イースター関連市場規模増加の実感有無
□ イースターでの印象的なエピソード

◆全調査項目結果DLはこちら ⇒ https://www.cross-m.co.jp/cromegane/ea20170412/

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域 : 東京・神奈川・千葉・埼玉
調査対象 : 20~39歳の男女
調査期間 : 2017年4月4日(火)~4月5日(水)
有効回答数 : 1,200サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

【会社概要】

会社名 株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 2003年4月1日
代表者 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆

広報担当 東海林(しょうじ) TEL:03-6859-2252 FAX:03-6859-2275
E-mail pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

最新のその他ニュース

メルマガ登録はこちら

経営者インタビュー番外編 『思い出の一皿』