「北海道三笠メロン食の匠協議会」を設立 - 「三笠メロン」の生産振興に行政・生産者・イオンが協働、ブランド力強化へ

掲載日: 2015年07月02日 /提供:イオン北海道

2 0 1 5 年 7 月 2 日
イ オ ン リ テ ー ル 株 式 会 社
イ オ ン 北 海 道 株 式 会 社
マックスバリュ北海道株式会社
イオンアグリ創造株式会 社

「三笠メロン」の生産振興に行政・生産者・イオンが協働、ブランド力強化へ
「北海道三笠メロン食の匠協議会」を設立
イオンアグリ創造が栽培技術を継承し、イオンから全国、そして世界へ


イオングループ3社(イオンリテール㈱・イオン北海道㈱・マックスバリュ北海道㈱)は、北海道、三笠市、三笠I.Kメロン保存会とともに北海道の貴重な食材である「三笠メロン(I.Kメロン)」のブランド化を図るため、生産振興・販売・地域振興を目的とする
「北海道三笠メロン食の匠協議会」を設立します。

イオンではお客さまより寄せられたご意見をもとに、全国各地の生産者の皆さまと手を携えて、日本の郷土の味や優れた食文化継承を担う「フードアルチザン(食の匠)」活動を2001年よりおこなっています。
“知る人ぞ知る”おいしさをご当地以外のお客さまにも店舗を通じて積極的にご提案するとともに、小売業の立場からお客さまに支持される商品の開発にも取り組むことで、生産量の増加による地域のさらなる活性化に向けて協働しています。

「北海道三笠メロン食の匠協議会」の設立によりフードアルチザン活動は、北海道では初めて、全国では1道1府21県32例目となります。
~「三笠メロン(I.Kメロン)」とは~
「三笠メロン(I.Kメロン)」は、100年
近く前の1919年頃から地域の生産者のたゆ
まぬ努力によって品種改良を重ね、今日まで育
まれてきた三笠の伝統的な果物です。

夕張メロンや富良野メロンの同系統となる品
種でもあり、ジューシーな果肉、とろけるよう
な食感、そして栽培中のハウス内がメロンの香
りで満たされるほどの香りを持つ逸品です。

しかしながら、栽培に必要な接ぎ木が難しく
寒さに弱いなど手間がかかるほか、賞味期限が
3~4日と一般的なメロンより短く品質管理も
難しいことから、栽培農家は減少し、生産者の
高齢化に伴う栽培技術の継承が、喫緊の課題と
なっています。

こうした厳しい環境下、生産者が守り続けてきた「三笠メロン(I.Kメロン)」栽培技術の継承と担い手の育成、同品種が競争力ある特産品として飛躍できることを目指し、さらには地域経済の活性化につなげるため、今回設立する「北海道三笠メロン食の匠協議会」を通じて行政・生産者・イオンが連携します。

イオンは、店舗を通じた販売ルートの拡大やグループ会社を活用した栽培技術の継承等を担い、同協議会のメンバーの皆さまと連携し、地域に根ざした歴史と伝統的な食文化の保存や次代への継承の一助となるよう取り組んでまいります。

続きはこちらからどうぞ↓
http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_20150702a.pdf

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら