“国産”療法食「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドより犬猫用の腎疾患対応療法食を新発売

掲載日: 2017年03月28日 /提供:日清製粉グループ本社

2017年3月28日

“国産”療法食「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドより
犬猫用の腎疾患対応療法食を新発売
~食の細い愛猫のために嗜好性を一層高めた「猫用キドニーキープ [リッチテイスト]」
および犬用としては当社初となる「犬用キドニーキープ」が登場~


日清製粉グループの日清ペットフード株式会社(社長:小池 祐司)は、全国の動物病院を通じて販売している“国産”療法食「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドより、食の細い愛猫のために嗜好性を一層高めた腎疾患対応療法食「猫用キドニーキープ [リッチテイスト]」と犬用としては当社初となる腎疾患対応療法食「犬用キドニーキープ 」を本年4月3日(月)から新発売します。

■「猫用キドニーキープ [リッチテイスト]」について

猫において罹患率が高い疾病である「腎疾患」に対応するため、2013年10月に 「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドより、腎疾患対応療法食「猫用キドニーキープ」を発売し、高い嗜好性により好評をいただいています。

今般、腎疾患により食欲が低下しやすい猫のために、4種のうまみパウダーを使用して、一層嗜好性を高めた「猫用キドニーキープ [リッチテイスト]」を新発売します。食が細い猫だけでなく、食べ飽きをしやすい猫にも適しています。

【製品名】
JPスタイル ダイエテティクス キドニーキープ [リッチテイスト]
【内容量】
200g(25g×8分包)
【希望小売価格(税抜)】
700円
【製品特長】
①腎疾患に配慮した低たんぱく質・低リン・低ナトリウムの設計※
②日本の猫に好まれる魚原料をはじめ、 4種のうまみパウダーを使用することで高い嗜好性を実現
③サクサク食べやすい薄型粒を採用
④25gの分包タイプで使いやすさに配慮
⑤高い消化吸収性を誇る独自の特許技術による微粉砕原料を使用
※JPスタイルの成猫用フード(ドライタイプ)と比較し、 乾物あたりのたんぱく質は約2割低減、リンは約5割低減、 ナトリウムは約3割低減

■「犬用キドニーキープ」について
一般に猫に多いと言われる「腎疾患」ですが、犬においても高齢になるほど罹患率の増加が認められます。今回、猫用の腎疾患対応療法食での知見を活かし、犬用では当社初となる腎疾患対応療法食「犬用キドニーキープ」を発売します。動物性たんぱくを使用して高い嗜好性を実現した、食欲の落ちやすい腎疾患の犬に適した療法食です。

【製品名】
JPスタイル ダイエテティクス キドニーキープ
【内容量】
・1kg
・3kg(1.5kg×ジッパー付き2分包)
【希望小売価格(税抜)】
・1kgサイズ:2,200円
・3kgサイズ:5,200円
【製品特長】
①腎疾患に配慮した低たんぱく質・低リン・低ナトリウムの設計※
②動物性たんぱくを使用することで高い嗜好性を実現
③ジッパー付きの分包タイプで使いやすさに配慮(3kgのみ)
④高い消化吸収性を誇る独自の特許技術による微粉砕原料を使用
※JP スタイルの成犬用フード(ドライタイプ)と比較し、 乾物あたりのたんぱく質は約3割低減、リンは約5割低減、ナトリウムは約4割低減

■“国産”療法食「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドについて
「JPスタイル ダイエテティクス」ブランドは、国内で発生件数が多い疾病に着目し、大学との共同研究や動物医療機関での臨床試験などを経て、厳格な品質管理体制のもと製造した“国産”の療法食です。当社は2013年3月に同ブランドを立ち上げ、ペット(犬・猫)用の療法食分野に参入しました。多くの先生にご支持いただき、全国の動物病院でお取り扱いいただいています。
( 「JPスタイル ダイエテティクス」WEBサイト:http://jp-dietetics.jp/

≪報道関係者の方々のお問合せ先≫
株式会社日清製粉グループ本社
総務本部 広報部 担当:松本・寺岡
電話:03-5282-6650
メール:mailbox@mail.nisshin.com

≪製品に関する一般の方々のお問合せ先≫
日清ペットフード株式会社
お客様相談室
東京都千代田区神田錦町1-25 電話:0120-22-1124

最新の新商品ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら